タグ:旅の本 ( 1 ) タグの人気記事

旅行記入る前に、早くも番外編です……

旅行中、
まるおがクラスの子たちにお土産を買いたがったおりました。

以前ハワイに行ったクラスメイトが
えんぴつをみんなに買ってきてくれたそうで
自分も!と張り切っていたようです。

フィレンツェは
ピノキオの作者カルロ・コッローディの
出身地ということで、
購入したのはこの子たち↓
b0184396_23301097.jpg

▲サンジミニャーノの名前入り053.gif

まるでぽにょ軍団みたいなピノキオ軍団です。
(背景はフィレンツェ伝統の紙だよん)

アパート近くの
おもちゃ屋さんのショーウィンドウで見つけて
お土産はコレだ!と即決だったのですが、
そのお店がずーっとお休みで
いつ開くかわからなかったので
ショートトリップで行った
サンジミニャーノで発見し、人数分購入。

かわいいおばあちゃんのお店でした。

ここでは私とまるおが集めているとあるものも↓も購入。
b0184396_23305635.jpg

▲右から二番目がサンジミニャーノ。真ん中がフィレンツェ。その左がシエナ

訪れた街のスノードームを集めているという話はよく聞きますが
我らも!

スノードームはデザインもサイズも
いろいろあるので、
いろんなお土産屋を回って
まるおとお気に入りを見つけるのも
旅の楽しみの一つです。

背景は過去に行った
スペイン(バルセロナのは割った)、マントン、ロクブリュヌ、パリ、エズなどなど。

どんどん増やしたいなー。

そして、私は日々妄想トリップしてます。
彼らが私の脳内旅友↓
b0184396_2331988.jpg


主にフィレンツェを舞台にした歴史小説です。
そして、フィレンツェの歴史本(ビジュアル系)と
美術本(ムック)。

右端の『デジデリオラビリンス』は
実は読むのはもう3度目。
これは、ノンフィクションです。
しかし、内容はちょっと変わってます。

ノンフィクションライターの森下さんが
雑誌の取材で前世が見えるという霊能者さんに
「15世紀のフィレンツェの彫刻家だった」と言われ、
非科学的なことは信じない彼女が
この言葉の裏を取るために
フィレンツェまで訪れてしまう話。

客観的な文章なのに
まるで、物語のように引き込まれます。

デジデリオラビリンス―1464・フィレンツェの遺言

森下 典子 / 集英社



ちなみに、これ杏さん主演で
ドラマ化もしたんです!
「フィレンツェラビリンス」っていうタイトルだったかな。

資料的な本は
行く前に読んでもなかなか頭に入らないのですが、
いざ行ったあとだと
ぐいぐい入ってきますね。

過去読んでこの本もかなり面白かったので
再読予定↓

フィレンツェ2泊3日ルネサンスな街歩き

結城 昌子 / 東京書籍



そして、これも読みたい!

捨児たちのルネッサンス―15世紀イタリアの捨児養育院と都市・農村

高橋 友子 / 名古屋大学出版会




ちなみに
現地で旅のお伴だったのは
歴史小説(これも読むのは5回目くらいのお気に入り)。
そのお話はまた後ほど!
(もったいぶってるわけでは…)


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2015-01-08 00:12 | 14.12伊トスカーナ母子旅 | Trackback | Comments(4)