タグ:旅の手配 ( 7 ) タグの人気記事

なんとか二年に一度のヨーロッパ旅行にこぎつけました。
b0184396_1354749.jpg


この旅、本当は母を連れていく予定で、
行先も「お母さんと一緒に旅をしよう」という
本(ライフログにもリストアっプ)を読んで以来、
決めていた「イタリア」だったのですが
b0184396_1361118.jpg


母が急な病で2014年の初夏に亡くなってしまいました。
b0184396_1361471.jpg


世界ふしぎ発見が大好きだった母は
イタリア行ったらすごく喜んだだろうな。
母前提で旅のシミュレーションを妄想していたので
なんとも悔しい思いでいっぱいですが、
b0184396_1362684.jpg


ぐずぐずしてたら寿命なんてあっという間。
やりたいこと、やるべきことは
チャンスがあったらすぐやろう。
(なんか都合いい解釈だ…)
母の死により
そんな思いも抱くようになり
もう強行突破で行ってしまえ!と飛行機の切符を取ったのでした。
b0184396_1362231.jpg


母と一緒だったら、
古代遺跡もルネッサンスも運河も見せたいから
王道のローマ・フィレンツェ・ヴェネツィアの周遊旅行を考えていましたが、
まるお(小2)とふたりきりの旅になってしまったので、
イタリア、トスカーナ地方のフィレンツェ&近郊に絞り、
前回のパリ同様
1か所滞在型の旅にしました。
(ただ、前回よりちょっとバージョンアップさせて
1泊のショートトリップを盛り込んでいます。)
b0184396_1364868.jpg


さて、なぜフィレンツェなのか…と言いますと
日本人の方が携わるレジデンス(短期滞在アパート)や
個人ガイドさん、素敵なブログ情報も多く
子連れでも旅しやすそうだったし、
街の規模感が歩いて回れるくらいのほどよいサイズ。
イタリアの中でも治安は比較的悪くなさそう。
何と言っても、とにかく見るべきものがいっぱい。
私の大好きなヨーロッパの歴史がギュッと詰まった街だったから
なんだか気づいたら、自然にフィレンツェと決まっていたのでした。
b0184396_1364293.jpg


飛行機の切符を取ったのは秋。
母がなくなってしばらく
闘病生活に付き添うために
仕事もセーブさせてもらっていたので
ちょっと暇だったのですが、
11月から急に忙しくなり
旅の準備もイタリア語の勉強の余裕もなくなって
なんだか、旅への意欲も薄れておりました。
b0184396_1374720.jpg


出発が1週間前くらいにさしかかった頃、
お世話になっている方とお会いした折、
急な成り行きでその知人である特殊な感性(第六感的)を持った方に
私の背後?をいろいろと視ていただくことになったのです。

人によっては抵抗のある話かとは思うのですが、、、

そこでイタリア行きの話になりまして、
その方に(ざっくり書きますが)
「このイタリア旅行は今後の人生を変えていく
大きなきっかけになる」というようなことを言われました。

そして、実はその前に私の一つの前世(!)についてもお話されました。
「修道院ではないけれど、
親のいない子どもたちに食べ物を与えているのが見える」

これが本当なのかどうかはわかりませし、
盲信はしていませんが、
こういったお話はけっこう好きなのです。
(初めてこういう体験をしたので
ビビりの自分はずっと心臓バクバクでした……)

そしてこのお話を聞いたときに、
ふと思ったのが、フィレンツェにある
「捨て子養育院」という場所です。
その名の通り、捨て子を養育した施設。
1400年代後半に作られ、
現在はユニセフが管理し、美術館として公開されています。

b0184396_1361818.jpg



なんだか、いっきに旅への意欲が湧いてきた単純な自分。
「とにかく興味の赴くままに
いろんなことを感じてきた方がよい」という
メッセージをいただいたので、
まるおには悪いなと思いつつ、
前回のパリに比べると、かなり精力的に見物を楽しんだトスカーナ。
b0184396_1365921.jpg


以下は今回の主な日程です。
ちなみに、旅程は
飛行機の中と滞在中の夜と朝に成り行きで考えた
思いっきり自由な旅でした!
b0184396_136338.jpg


前日/地元⇒東京
      ディズニーシーで遊ぶ(まるおへの奉仕活動)
1日目/お昼頃 羽田⇒フランクフルト⇒フィレンツェ 現地22:30頃到着
2日目/滞在するアパート周辺の案内をしてもらう
      ウフィッツィ美術館
      街の散策(ドゥオモなど)
3日目/※クリスマスイブ※
     中央市場や革の工房、薬局などを案内してもらう
     捨て子養育院
     サンティッシマアヌンツィアータ教会
     シニョーリア広場
     スーパーでお買い物
4日目/※クリスマス※
     ミケランジェロ広場
     サンミニアート・アルモンテ教会
     公園
     ドゥオモ広場、シニョーリア広場
     サンスピリット教会、サンスピリット広場
5日目/イノシシ君にご挨拶
     サンマルコ修道院
     電車でシエナへ
     カンポ広場
     シエナ大聖堂
6日目/バスでサンジミニャーノへ
      塔に上る
      バスと電車でフィレンツェにもどる
      ピッティ宮殿・パラティーな美術館
7日目/バルジェッロ国立美術館
      お土産探し
      ドゥオモ
      サンタクローチェ教会
8日目/ドゥオモのクーポラに上る
      再びサンティッシマアヌンツィアータ教会
      バスでフィエゾーレへ
      革工房へ
      サンタマリアノヴェッラ薬局
      シニョーリア広場
9日目/ジョットの鐘楼に上る
      中世邸宅博物館
      フィレンツェ⇒フランクフルト
10日目/⇒羽田⇒大晦日の19:30くらいに帰宅

b0184396_1371528.jpg

      
 こうやって見ると、ツアーや
 大人だけの旅に比べると
 だいぶゆとりあるスケジュールにも見えますね。
b0184396_1381014.jpg


ではでは、ゆっくりじっくり旅について
綴って行きたいと思います。
b0184396_1355579.jpg


この旅で本当に何か変化が起こるのかなー     
b0184396_1365189.jpg


     
読んでいただきありがとうございますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2015-01-07 01:47 | 14.12伊トスカーナ母子旅 | Trackback | Comments(0)

旅行の準備で楽しい作業と言えば、

どこに行きたいか、何をしたいか(何を食べたいか)を考えることですが、

例えばルーブル美術館、ヴェルサイユ、星付きレストランとか

巴里の王道観光ルートを制覇しなければならないと

どこかで義務感を感じてしまってました。

星付きレストランでのまるおの悪徳の数々、

ルーブル美術館で修行のように名画を鑑賞……。

それらをこなすことが重要だと思っていましたが、

私が海外旅行へ行くのは、巴里の空気感を感じるため。

そう思うと、ちょいと気持ちが楽になりました。

【やりたいことリスト】
□セーヌ川河畔でぶらぶら散歩。たまに人間観察

□毎日違ったカフェに入って、同じメニューを注文する

□歴史的建造物のある公園で、小説読みながら中世にトリップ。まるおは解放

□巴里のレトロを探す(パッサージュや蚤の市)

□路地裏探訪

□美味しいパンを食べる

□三度めの正直で、エッフェル塔をちゃんと見る


巴里では主に脳内タイムトリップも楽しんでこようと思います。


仕事しないでこういうのだけは↓しっかり作ってしまう。

b0184396_21182613.jpg

by x7nanax | 2012-04-18 10:13 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)

今回は、仏語も英語も話せない母と

お調子者でチョロチョロしてる6歳男児との旅ということで、

楽しい妄想計画だけでは、危険です。

まず、想定されるトラブルを考えてみました。

1.まるおのけが・病気(母、パニック!)

2.私のけが・病気(万一、意識がなくなったりしたら、まるおはどうなる!?)

3.スリ、もしくは
自らの健忘症や不注意による紛失


4.迷子!(絶対見つけられない…。人目を気にせず泣き叫びながら探しまわる自分が目に浮かぶ)

5.飛行機や電車トラブル(ヘタしたら、空港で一晩明かす)

そこで、対策を十分に考えておきたいと思います。

□まるおのかかりつけ医で薬調達⇒済

□海外旅行保険⇒未
  ※☎で日本語での相談や通訳サービス、日本語が通じる病院の紹介などあり

□いざという時の頼り先を確保
   各種カード(クレジットカード)デスクでは、
  観光の相談・チケット手配・紛失後の手続きなどできるらしいです
   個人ガイドさんを手配…2日間4時間ずつのアテンドを依頼。
   いざという時は、警察や病院への動向などの緊急サービスあり

□海外での電話のかけ方をチェック⇒フランス国内へ、日本へ。どちらもチェック⇒済

□最低限のフランス語を覚える
 付け焼刃ですが、2回ほど個人レッスンを受ける予定
 あとは、カンぺをノートにしこんどく!
  現在 パンを購入・タクシーに乗る・トイレを探すという、
  本能を満たすくらいの10個くらいの会話だけ

□まるおのIDカードを作り、身に付けさせる
   IDカードホルダーを購入し、
   私の携帯番号、ホテルの住所などを書いた紙を入れておき、迷子対策に!


いろいろ考えすぎちゃって、目的が不明になってきた…
by x7nanax | 2012-04-17 23:20 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(2)


◆フライトです。
4日 8:00→8:55成田着
   11:20→16:40パリ着
10日 20:00→ パリ発
11日 →14:40成田着
   18:25→19:25成田発 
     19:30頃、空港へのお迎えお願いしまーす!
     頼む頼む

◆ホテルです。
携帯通じなかったら、こちらへね。
シタディーヌ・プレスティージュ・サンジェルマン・デプレ
かなりの予算オーバーだけど、
おそらく夜は部屋ごはん(自炊かお惣菜)だから、キチネット付き。
疲れて体調悪くならないように、
お部屋に閉じこもってばかりにならないように、立地重視。
(部屋によってはセーヌ川やノートルダム大聖堂みみられるとか。期待はしないが)

とにかく、安全を最優先。
迷ったら安全なほうを選ぶ。

◆空港⇔ホテルの移動はタクシー
「ア セッタドレス、シルブプレ」で
ホテルの名前・住所・地図の入ったコピーを渡す

今のところ、決まってるのはこんな感じだ~
by x7nanax | 2012-04-08 00:16 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)

ANAのスーパーエコ割(キャンセル料高額)と
HOTELS.COMのサイトで
返金不可料金の予約ボタンをクリックし、
決めてしまった。

まるおとふたりきりの母子巴里旅行を!
もう後には引けない。

仏語はおろか英語すらまともにしゃべれない母と、
日本語さえ怪しいまるおとの旅は、
ワクワクよりもドキドキが勝る。

事前準備が命となるわけだが、
どうしても楽しい方へと流れてしまう自分は
ラブリーなパリ本を見て妄想ばかり。
b0184396_23342332.jpg

これではいけない。
なにはともあれ、最大のミッションは

無事帰還!!
命がけでまるおを守る!!!(おおげさ?)
by x7nanax | 2012-04-07 23:36 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)

毎年行きたいと思っていた海外旅行。

ところが時間もお金もおいつかなくって
実現できず。

でも今年はどうしてもいきたーい、と
伯爵が「行ってもいい」という南仏行きを決定。

どうせなら夏に行きたかったけど
残念ながら休みも取れず、夏は料金も高いので、年末にけてい~

私が行きたいパリも合わせて下記の日程にて行ってまいりまーす♪

12/23 日本発→パリ着
12/24 パリ
12/25 パリ発→ニース着
12/26~29 ニースあたりを起点に鷲巣村などをまわる
12/30 ニース発
12/31 日本着

全9日間の日程です。
今回は一か所に泊まって、ゆっくりまったり
一生懸命のんびりしたいです^^

以前は格安航空券を購入したけれど
今回はJALのサイトで正規割引航空券を購入。
ANAも見たけど、JALのほうが安かった~。
by x7nanax | 2010-09-11 18:19 | 10.12月巴里・南仏の旅 | Trackback | Comments(0)

子連れスペイン旅の手配

旅って、計画することも、手配することも楽しいもんです。


それから振り返ることも♪


楽しみを先延ばししすぎて、ついに一年も経過してしまった我が家ですが…。


気を取り直して、


今回の旅のおさらいです。



飛行機はHISの格安航空券
       (2歳0か月というのに、坊も大人料金の75%)
 
  確か、ひとり11万円(燃料費など別)、トータルで45万円くらいになりました。



ホテル
  ・Hotelclub、オクトパストラベルをはじめとする、ホテルブッキングサイトで検索。


   口コミを読みあさり、ここで決めたホテルもあれば


   直HPに行って、レートを比較して、良ければそのまま予約しました。


  ・パラドールに関して言うと、直接パラドールのサイトで予約しました。
 

  メーデー連休というのにひっかかったこともありますが、


 バルセロナはとっても高かったです。


 坊が小さかったので、それなりにしっかりしたホテルがいいな


 と思っていたため、四つ星・五つ星を選びましたが、ちょっと贅沢したかな・


 ひと部屋2~3万円くらいでした。

 
パラドールもそれくらい。

 ちなみにパラドールとは、国営のホテルのことですが

 
修道院、お城をはじめとする歴史的建造物などを改築したものもあったりして

 
とても人気なようです。(特にグラナダのパラドールは)

 
今回は、マラガとロンダでパラドールに宿泊しました。




スペイン国内航空券


  坊サイトでヨーロッパには非常に安い航空会社があり、熾烈な競争を
 

 繰り広げていると知りました。


 で、りさーちし、スペインのVUELINGという会社のHPにて


 バルセロナ→グラナダ、セビーリャ→バルセロナ間を予約。


 英語表示もあったよ


レンタカー

  これも某サイトにて、ヨーロッパはEUROPECARが安いと知り、

  HPより予約しました。

  日本語でできるので、すっごく安心です。

  料金もすぐに検索できます。






この個人旅行。


さまざまなサイトやブログを参考にしてこそ、できたと思ってます。


ほんっとうに!旅行記サイトやブログを作ってる方に感謝!!!





「個人旅行ってやろうと思えばできるんだ」という勇気を頂き




「飛行機乗るときの子供対策はこれか」



「この名所は外せないな」



「そうか、このホテル子連れによさそう」


そんなリサーチまでできて、生情報の宝庫でした!


グラシアスグラシアス
by x7nanax | 2009-05-19 00:20 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)