旅行記入る前に、早くも番外編です……

旅行中、
まるおがクラスの子たちにお土産を買いたがったおりました。

以前ハワイに行ったクラスメイトが
えんぴつをみんなに買ってきてくれたそうで
自分も!と張り切っていたようです。

フィレンツェは
ピノキオの作者カルロ・コッローディの
出身地ということで、
購入したのはこの子たち↓
b0184396_23301097.jpg

▲サンジミニャーノの名前入りemoticon-0152-heart.gif

まるでぽにょ軍団みたいなピノキオ軍団です。
(背景はフィレンツェ伝統の紙だよん)

アパート近くの
おもちゃ屋さんのショーウィンドウで見つけて
お土産はコレだ!と即決だったのですが、
そのお店がずーっとお休みで
いつ開くかわからなかったので
ショートトリップで行った
サンジミニャーノで発見し、人数分購入。

かわいいおばあちゃんのお店でした。

ここでは私とまるおが集めているとあるものも↓も購入。
b0184396_23305635.jpg

▲右から二番目がサンジミニャーノ。真ん中がフィレンツェ。その左がシエナ

訪れた街のスノードームを集めているという話はよく聞きますが
我らも!

スノードームはデザインもサイズも
いろいろあるので、
いろんなお土産屋を回って
まるおとお気に入りを見つけるのも
旅の楽しみの一つです。

背景は過去に行った
スペイン(バルセロナのは割った)、マントン、ロクブリュヌ、パリ、エズなどなど。

どんどん増やしたいなー。

そして、私は日々妄想トリップしてます。
彼らが私の脳内旅友↓
b0184396_2331988.jpg


主にフィレンツェを舞台にした歴史小説です。
そして、フィレンツェの歴史本(ビジュアル系)と
美術本(ムック)。

右端の『デジデリオラビリンス』は
実は読むのはもう3度目。
これは、ノンフィクションです。
しかし、内容はちょっと変わってます。

ノンフィクションライターの森下さんが
雑誌の取材で前世が見えるという霊能者さんに
「15世紀のフィレンツェの彫刻家だった」と言われ、
非科学的なことは信じない彼女が
この言葉の裏を取るために
フィレンツェまで訪れてしまう話。

客観的な文章なのに
まるで、物語のように引き込まれます。

デジデリオラビリンス―1464・フィレンツェの遺言

森下 典子 / 集英社



ちなみに、これ杏さん主演で
ドラマ化もしたんです!
「フィレンツェラビリンス」っていうタイトルだったかな。

資料的な本は
行く前に読んでもなかなか頭に入らないのですが、
いざ行ったあとだと
ぐいぐい入ってきますね。

過去読んでこの本もかなり面白かったので
再読予定↓

フィレンツェ2泊3日ルネサンスな街歩き

結城 昌子 / 東京書籍



そして、これも読みたい!

捨児たちのルネッサンス―15世紀イタリアの捨児養育院と都市・農村

高橋 友子 / 名古屋大学出版会




ちなみに
現地で旅のお伴だったのは
歴史小説(これも読むのは5回目くらいのお気に入り)。
そのお話はまた後ほど!
(もったいぶってるわけでは…)


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2015-01-08 00:12 | 14.12伊トスカーナ母子旅 | Trackback | Comments(4)

b0184396_22282243.jpg

東京でSちゃんとご飯。
お仕事の相談に乗ってくれたり、
私の立場をとっても慎重に思いやってくれた上での
具体的なアドバイス、ほんっとーにありがとうemoticon-0106-crying.gif
NTの件大丈夫でした!
パーフェクトなイタリアンのランチのフィナーレ
デザートで大爆笑↑
な、なぜ、
煮卵に伊達巻!?
ロールケーキとキャラメルジェラートが
見事におでんメニューとして登場しました(笑)

b0184396_22282842.jpg

さすがに、カプチーノはバリスタの仕事emoticon-0171-star.gif



さてさて、最近小1まるおの反抗期に困っております。

宿題を巡ってバトル勃発。

emoticon-0156-rain.gifパターン1
母「字が汚いから書き直そう」emoticon-0143-smirk.gif

ま「なんで?そんなことどこに書いてるの?」emoticon-0121-angry.gif


emoticon-0156-rain.gifパターン2
母「早くとりかからないと寝る時間になるよ」emoticon-0126-nerd.gif

ま「今やろうとしてたのに!」emoticon-0114-dull.gif


emoticon-0156-rain.gifパターン3
ま「ああ、のどかわいた。ママ、水ちょうだい」emoticon-0134-bear.gif

母「冷蔵庫から取って飲みな~」

ま「じゃあ、いいよ!」emoticon-0120-doh.gif

母「自分のことは自分でやるの!」emoticon-0132-envy.gif

ま「飲まないから、いいよ!おれ、熱中症になるかもしれないけど!」emoticon-0146-punch.gif

母「あ゛~(怒)!?」emoticon-0132-envy.gif


こんなことが連日続いたある日、

パパに相談すると、まるおを外に出すのはよくないから

ママがちょっと外に出てみたら?と提案された。

そこで、「言うことがきけないなら、

ママは出ていくよ。一人で自分の何が悪いか考えてごらん」と

小一時間外に出てみた。

(とある出来事があり、いったん家に戻るという
ちょっとカッコ悪い部分もあったけど)

そろそろ戻る時間かな…と家の前に来てみたら

携帯電話がなった。うちからだ。

まるおが留守電にメッセージを入れていた。


「ママ、さっきはひどいこと言ってごめんなさい。

もうしません。

早くかえってきてください。

………。


じゃあ、

また会う日まで……」



!?


え?


また会う日まで?」って何?



どこで覚えてきたんだ、そのキザセリフ。


そして、いったいママと何年会わないつもりだったんだ?


と思って、玄関の前で大笑い。


笑いを押し殺して家の中に入ると、


まるおがそそくさと迎え出てきた。


なんだか、浮気現場を抑えられた男性みたいに


そわそわしている。


ははーん。


その手から放り投げだされたのは


テレビのリモコンね!


ということで、


私がいない間、


しっかり「ハリーポッター」のビデオを漫喫していたようでした!


小一時間、ひたすら近所をウロウロしていた自分がかなしーーー


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-09-10 23:02 | まるおの日常 | Trackback | Comments(0)

巴里 念願の蚤の市

朝、また少し寝坊。
PAULでパン・オ・ショコラを買って、
サンジェルマン・デ・プレ教会横の公園で朝ご飯。
(携帯忘れ、写真なし)

バスに乗り、ヴァンヴの蚤の市へ。
まるお、お店のお姉さんに
「KAWAII!」と言われ調子に乗る。
戦利品!
b0184396_4345442.jpg

宝探しみたいで、楽しかった。
もっと買えばよかったあ。
今度は、コンコルド広場とチュイルリー公園へ。
革命の話にまる氏興味しんしん。
b0184396_435235.jpg


公園では、またまた一時間以上遊ぶ。
欧米のパパママみたいに、
どうにか一生懸命寛ぐ努力をする
日本人な自分が悲しい(~_~;)
b0184396_4345827.jpg


有名どころを制覇すべく、
すたこら凱旋門へ。
途中、まる氏疲れた攻撃でバスに乗る。
激混みで、潰されそうになるまるお。
近くに座ってたおばあちゃんが
抱っこしてくれて、無事到着。
デーン
b0184396_435672.jpg


帰り道、道路のポールに
おでこぶつけたまる氏。
ポロポロ泣いてしまった。
おでこには、またまたたんこぶ…

ああ、ついに明日帰国。
帰りたくない(T ^ T)
あ、今なぜか日本の戦国時代の番組やってる。
日本に興味持ってくれてるのは、素直にうれしい。
b0184396_4351044.jpg

by x7nanax | 2012-05-13 04:07 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)