タグ:世界の公園 ( 14 ) タグの人気記事

【旅3日目】
この日のメニュー
●ノートルダム大聖堂
●セントシャペル
●植物園
●モスケでお茶
●サンジュルピス教会
●ボンマルシェのグランドエピスリーでお買いもの
●夜のセーヌクルーズ

b0184396_12311795.jpg

▲我らがご近所、ドーフィーヌ通りにある小さなパッサージュ

パリのカフェには朝ごはんセット(プチデジュネ)があるので、
朝ごはんはカフェで食べてみよう!という一つの目標を今日決行することに。
朝のビュシ通りを眺めながらってすてきかもーと
目指すはご近所ビュシ通り。どのカフェにするかウロウロ(カフェ入る時は緊張するし)。

その前にかわいげな文房具屋さんらしきお店が早くも開いていたので、入ってみた。
ここは、紙ものを中心とした文房具と本が置いてある。
かわいいなーと見ていた紙ものの中にはメイドインジャポネもけっこうあって、
近頃の我々日本のセンスに鼻高々(お前は関係ない)。
ここで、日本の実家とパパ伯爵に送るちょっとベタなはがきを購入。
レジのムッシューがイケメンなので、どきどきしながらぼんじゅーとあいさつしたが、
なんか無視されて、軽いショックを受ける。ここでちょっぴり自信喪失。

カフェでのプチでジュネ(朝ごはん)。
b0184396_12304293.jpg


私たちは赤いカフェ(名前わからず)のテラスに座る。
すると、「ここは20世紀初頭か?」と思わせるような出で立ち=
オーバーオールにキャスケットをかぶったギャルソンが登場。
彼は、まるで物語の中のような感じのよいアクションと笑顔で、オーダーを取ってくれた。
横には犬を連れたマダム、店内にはご近所のムッシューたち。
目の前には、モンゴロイド丸出しの子どもが座っている。
b0184396_12304963.jpg


彼は朝から不機嫌だった。というか、バトビュスに乗る以外だいたい不機嫌だった。
まるおはいつも割と上機嫌な坊やなので、私はちょっと不安になるのだが、
彼の不機嫌の原因がここで判明する。
私がメニューをじっくり見ながら(解読しながら)、どれにするか迷っていると、
「おれ、おなか空いた!クロワッサン早く注文してーーー」とまるお。
「ちょっと待って」と私が言うと、
「どうせママなんて、フランス語も英語もしゃべれないんだ!」
とのたまった。

なんと!
まるおは私の貧弱すぎる語学能力へ、大きな不安を感じていたのだ。
カフェで、お店で、観光スポットで、どぎまぎする私に、
まるおはひそかにハラハラしていたのだ!
親として、なんと悲しいことであろうか!
でも、でも、これもまるおの成長というやつなのだ(と自分に言い聞かせる)。
ちゃんと親を観察している……。
ただ単に、仮面ライダーショーに明け暮れるだけのアホではない
ということが証明されたような気がして、私はなぜか妙に感慨を覚えた(汗)
親の限界を早めに知っておくというのも、
大人になるための大切なワンステップというやつですよね♪

ということで、
プチデジュネセット8€(クロワッサン、バターとジャムがついたバケット、カプチーノ、生オレンジジュース)を頼んで、まるおとシェア。
働くパリの人々を見物しながら、複雑な気持ちで朝ごはん。
私はガイドブック片手に今日の予定を考え、まるおはゴーバスターの落書き帳に
謎の絵を描いていた。(まるおの強い要望で、オランジーナ追加オーダー)

そろそろ、今日の予定をこなす。
まずは、先日外観だけ見ていた、ノートルダム大聖堂の中に入ることにした。
まるおには、
「ノートルダムの横に公園があるから、静かに中観られたら、公園行こう!」とお約束済。

ノートルダム正面前の広場。
まるおは鳩を追い散らし、またまたガーゴイルのような一面を見せる。
そして、なぜか銅像に注意を向ける。まるお、けっこう銅像好き。
でも悲しいことに、だいたい母は銅像の主を説明できなかった。まあいい、中へ。
b0184396_12365265.jpg

b0184396_12281170.jpg


ここには依然も入ったが、なぜか記念メダルが売られている。まるおの口を閉ざすため、
仕方なしに、メダル購入、2€。しかしこのメダルは早くもこの日、
パリの街のどこかに消えてしまった…。
前述のとおり、この旅の前、まるおには『ノートルダムの鐘』を見せていたので、
ここでエスメラルダ(ジプシーのヒロイン)が軍人の男と戦って……、
あ、今、天井のどこかでカジモド(鐘つき男)がこっち見てた!などと語りながら、
まるお様ご接待。なんだかんだいって自分も割と楽しい。
一度、椅子に座って静寂の中に身を置いてみたいのだけれど、まるおが落ち着きをなくしかけてしまったので、そううまくはいかず、足早にバラ窓などを見て、外に出る。
いちおう、ここでもぶれないように必死で写真撮りまくった。

ノートルダムの脇にはのどかな公園がある。
6歳以下、3歳以下とか書かれた小さな遊具で、まるおは黙々と遊ぶ。
私はノートルダムの横顔を拝み、セーヌ川の対岸をぼーっと眺める。
40分くらい遊び倒しただろうか。。。
b0184396_12405487.jpg

b0184396_12422154.jpg


ノートルダムの裏手にも、公園があるらしいので行ってみた。
私はベンチに座って次の予定を考えるのだが、まるおは気づくとすぐ姿を消す。
不安になって立ち上がると、12歳くらいの子どもがふたり近づいてきた。
「署名して!」と、書類を持ち出し、こちらに押し付けてくる。
ガイドブックとかネットで目にしていた署名詐欺というやつだーーー。
「ノン!」と言って、断るがしつこくおしつけてくるので、バッグを守りながら、
まるおを探しに立ち去る。くそーーーー狙われた。

まるおはすぐに見つかった。またショーを開催して汗だくだった。
「ママ、今、だまされてお金盗まれそうになった。
あのお姉ちゃんたちに。だから早くここを出よう」と言ったら、すぐに聞き分ける。
事件の匂いにイキイキし出したまるおは、さかんに私を質問攻め。
「日本でもたまーにあるけど、フランスではスリとか詐欺というものがいて、
うんと気をつけなければならないんだよ。
ママが写真撮ってる時とか、地図見てる時は、無防備になるから、
まるおが、ママのバッグを守ってね。」というと、
心だけは仮面ライダーのまるおは、ものすごく渋い顔で
おっけー!俺がここを、こうやって隠して、誰かきたら飛ばしてやる」と
見えない敵に対して、すでに戦闘モード
こういうところで旅へのモチベーションがアップするのか!と
また一つ、まるお操作術(?)をゲットー!

で、この後は、以前観て、一番感動したセントシャペルへ行くことに。
ここでは圧巻のステンドグラスを拝める。
ステンドグラスだけでできたみたいな2階の聖堂内は、最高に神秘的。
以前観た時は「うわ~」とリアルな声をもらしたな。きっとここは誰もが感動するはずだ。
うちのまるおも。

セントシャペルはいつも入るのに列を成しているらしいが、この時はちょっぴりだけの列。

空港みたいなセキュリティを通り、入場。お庭を通って、いざ入場。の前に
チケット購入(ちなみにノートルダムは入場無料)。
「ドゥチケ しるぶぷれ」と言うが、
あんふぁん(子ども)はフリーだよんと言われ、カードを見せて支払い。
(最初はカードの操作さえも難儀。暗証番号を入れる前に、言語を選択させられるのだが、それがわからなかった)
いざ参ると、1階は庶民の為の礼拝堂。なぜかこの空間にいきなりお土産や。
その手前に、出た…ガチャガチャならぬコインマシーン。
黒人のムッシューが誘惑の表情でまるおを眺めており、まるおはマシーンへ一直線。
その口を閉ざすため、仕方なしに2€で一個購入。
でも、これもまた、この日巴里のどこかに消えてしまった。

さてセントシャペルだが、私は1階の庶民空間もけっこう好き。
上のすさまじいステンドグラス空間を一生観ることなく、
小さな祭壇(それでも豪華)にすがるように祈っていた人々の姿を想像しながら、
きっと私も庶民だったのだろうなと前世を考える。
b0184396_12442499.jpg


んで、すぐ隣のお土産屋さんで、すぐに物欲に支配され、
ガーゴイルキーホルダーと巴里の名所の塗り絵購入。
せまーい階段を上って、開けた別世界。

「あれ?」
なんか前より感動しない。
年齢による感度の低下であろうか。
と思ったら、左側工事中。
外もくもっていたし、光の加減にもよるのだろうか。
b0184396_12485870.jpg

b0184396_1248290.jpg


でもやはり凄いのは凄い。
凄いということがわかったまるおもすかさずカメラ片手に眼光鋭く上を仰いでいる。
でも…
b0184396_1245166.jpg

頑張ったけど、はははは。大あくび
b0184396_12491950.jpg

    ▲まるおが撮った写真。ステンドグラスときどき変顔

外(最高裁判所と共用の出口)出る時には、開放感たっぷりの後ろ姿だった。
b0184396_12383767.jpg


あ、なんか腹へったな。
b0184396_12463148.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

by x7nanax | 2012-06-08 22:13 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(2)

【旅2日目その2】
 この日のメニュー
  ●朝のセーヌ川散策
  ●ガイドさんとマレ散歩
  ●バトビュスでセーヌ川遊覧
 
 セーヌ川から、ノートルダム大聖堂のあるパリ発祥の地・シテ島を巡る

ある意味歴史的朝散歩から戻ったわれわれ。

トイレを済ませて、ガイドさんと居間(ホテルロビー)で待ち合わせ。

ガイドさんはパリ在住の日本人女性(フランス人とご結婚)で同年代。

パリ暮らしなんて憧れるわと思いつつ、

クレオパトラみたいなヘアメイクの人だったらどうしよ…とか、

モデルみたいな人だったら、われわれはいっしょにいるにはちびすぎるのでは?とか

いろいろと勝手に懸念する(非常に貧弱な妄想と偏見)。

現れたのは、礼儀正しくかわいらしい日本人女性(ホッ)。

あいさつ早々、始まりました…。

まるおのハイテンション
\(゜ロ\)(/ロ゜)/

まるおはやさしげなよその人大好き。

人懐こいのだが、時としてそれは違う形で現れる。

名付けて(誰が?)、ママ陥れ大作戦。

ママとふたりきりではできないことを、他人がいると、ここぞとやってしまうのだ。

使ってはいけない言葉を使ったり、わがままを言ったり(はああああ)。

それは、普段、半人半鬼な母へ甘えられない欲求不満?の現れなのかもしれないと、

時に私は反省モードになる(また?)。一瞬、瞑想状態。

さて、まるおだが、ガイドさんへの無遠慮な質問に始まり、仮面ライダーのものまね披露を一通り。

汗かいたまるおとともに、私も冷や汗かいたところで、簡単な打ち合わせ。

当初の予定通り、おされなマレ地区とバスチーユ地区(オスカル様)で

買い物と、ヴォージュ広場でまったりという4時間コース(80€)を希望。

ところが今日は祝日。

日曜日なんてスーパーもデパートもレストランも閉まってしまうフランスでは、祝日も近い状況なんだとか。

で、ガイドさんお手持ちの『地●の歩き方』で少しお店情報をチェックし、ちらほら空いてそうなお店が

あったので、とりあえず行きましょうということに。

ガイドさんいわく、どうやら、皆様タクシーを利用されるようなのだが、われわれはもっぱらバスでの移動を目標にしており、、、

練習もかねて、バスでサンポール(お便所ではない)というマレの地域に向かうことにする。

乗って気づいたが、私たち切符持ってない。

ガイドさんが黒人の運転手のムッスィユーに聞いてくれるが、

なんだか運転に忙しそうな彼は、「今回はいらないよー」と言ってくらる(byガイドさん)。

ラッキー♪

乗るときは前のドアから、そして切符を刻印機でジジジと刻印し、降りるときは後ろのドアから。と

教えてもらって無事到着。


サンポールに到着してすぐ、バス停の前にあったキッチン雑貨のお店をガイドさんが案内してくれる。

まるおがここで、「俺、マジックでこのスプーン曲げられる。だからこれ買って!」と、

2€の何のへんてつもないスプーンから離れない。「なぜに、これ?」ガイドさんと同様の

謎を声にしつつ、瀬戸物とまるおという、禁断の出会いを前に、危機感を抱いた私とガイドさんは

残念ながら、あっという間にお店を出ることにした。

お買いものはさっさと切り上げなければならないのだが、

BONTONやメルシーは、横目で見てもかわいらしいし、ディスプレイはいちいちおされだし、

住みたくなっちゃうし。なんといってもアイテムの微妙な色合いはパリならでは。
b0184396_2357618.jpg


後ろ髪引かれつつ、お店を出る。何も買えなかった。。。

中でもBONTONの子供用付け髭セット(ちょび髭、伯爵髭など数種類)は

買えばよかったとちょいと後悔(ただ、これはいつどんな時につけるのかは不明)。

一見、ドンキホーテで売っていそうな感じがするアイテムだけれど、

なぜかオシャレである。面白ろおしゃれ系? あたらしい。

そんなこんなで、とりあえず街をウロウロするが、まる氏は早々と飽きてしまい、

「疲れた。あと何分?」を連発。しまいには

「ノモ(喉)乾いた。オランジーナ!」「おしっこ…」てなことになって、街角のカフェへ。

トイレと飲み物はやはりカフェ。おやじもいい感じだし、

有名じゃない地元カフェに入りたいと思ってたので、これはこれでよかった。

ガイドさんの仏人ご主人との出会いなどもうかがったりして、これもまたよかった。

めでたしめでたし。

とはいかず…(汗)ガイドさんのおすすめの今話題のショコラティエへ行くのだが…。

併設のこじゃれたサロンで、まるおの仮面ライダーショーが始まってしまった

おとなしくなったかと思ったら、今度は私のカメラで自分撮り。

再生してビックリ!ホラー写真だった。。。
b0184396_23595592.jpg



もうガイドさんに申し訳なくて、もうどこにも行かなくてもいい気になってくる。

ヴォージュ広場でガイドさんの人生を聞く方が楽しいかも、なんて思うが

ガイドさんも気をつかっていろいろと提案してくれる。

ちょっぴり雨が降ったが、晴れたところでファラフェルというB級グルメを買って

ヴォージュ広場で食べことに。
b0184396_020539.jpg

    ▲ファラフェルを買うには長蛇の列。ユダヤの雰囲気たっぷりのロジェ通り
b0184396_23571037.jpg

    ▲ひよこ豆のだんごや揚げ茄子などが入ったファラフェル。1個5€
    3個買って、ジュースと合わせて20€。満腹。まるおは食べず、私は夜もこれ。

こじゃれたパリ市民を眺めながら、鳩を脅かすまるおを時に怒鳴りつけ、

ガイドさんとドでかいファラフェルを食べながらおしゃべりタイム。(想像通り、ファラフェルうまーい)

パリの嫁姑問題(意外にドロドロしてないことが多い?)とか聞きながら、

まったりした時間を過ごしました。
b0184396_021833.jpg

b0184396_2357053.jpg

   ▲なぜかここの砂は不思議な触感。まるおは砂をパパに持って帰るとビニール袋につめました。
    でもこの砂の行方がわかりません…
ここヴォージュ広場は1610年代に作られた最古の広場で、
浅田次郎の小説『王妃の館』では、太陽王ルイ14世の愛人とその息子が住むという設定で、主要な舞台として登場する。広場を囲むように、モデルとなったホテル「王妃の館」や、ヴィクトル・ユゴーの家、
話題のサロンドテなどもある。周囲には、かつての貴族たちの館だった建物が博物館になって解放されているし、いつかもう一度、マレをぶらぶらしてみたい。

  
b0184396_23571598.jpg

      ▲古い城壁も見つかった。広場を見つけると、反射的にショーを始めたくなるまるお


そして我々、カルネ(地下鉄とバス共通切符)を買いに地下鉄に行きながら、

ガイドさんとお別れ(まるおものすごく、寂しがる)。

自動券売機で意外にすんなり購入し、はじめてのバス二人乗り。

「さっきの態度はなんだーーー!」とまるおを叱りつけながら、無事ホテルに到着。
b0184396_07416.jpg

by x7nanax | 2012-06-03 22:56 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)

5/3 その4

恐怖のドライブを経て、

海の街、そしてピカソの故郷でもあるマラガへ到着した我ら。


ここは、世界的なリゾート

「コスタ・デル・ソル」の玄関口でもあります。


今日からここに一泊。

明日には、山の街ロンダに向かいます。


まずは、パラドール・マラガ・ヒブラルファロ(ホテル)にてチェックイン。

古い石造りの建物の中には

海のようなブルーの色を聞かせたインテリアが。

小高い山にたたずんでいるほてるなので、海を一望できます。
b0184396_2329179.jpg
b0184396_2329145.jpg
b0184396_2329358.jpg

ロビーの写真は一通り撮影したのに、
お部屋はビデオ撮影だけで、一枚も残っておらず…

     お部屋は、やたらとベッドとベッドが離れていたな…。




着いた頃には、もう夕方に近い時間でしたが

何せ、夏のヨーロッパは、夜まで明るいので、とりあえず、観光へ。

タクシーで旧市街に向かいます。



もう閉館時間の17:00ギリギリでしたが、カテドラルへ。

ボーン、ボーン、ボーン…
時計が鳴りまっす、ボーンボンボン!
 (by保育所のゆう子先生)

やっぱり「閉館よ!」と断られました。。。


悔しいから外観前で1ショット
b0184396_23375772.jpg



諦めきれずに、小さな教会に入ります。金ピカでなかなか豪華
b0184396_23362897.jpg


素敵な庭園もあったので、記念撮影。
b0184396_23384974.jpg

これは、イギリスから旅行に来られた

素敵なカップルに撮影していただきました。

アンティークショップをやってられるそうで、

東京で日本刀なども買われたとか、そんなことを言っていたような気が(!)します。
(城前で絶望の表情を浮かべた時と、正反対の表情をする伯爵…外面ωΦ※?…)
b0184396_2342446.jpg


日本人だと、このくらいの年齢のカップルって

なんだかちょっといやらしい感じか、枯れた感じに見えてしまうような気がするのですが

この方たちは、とっても素敵なカップルでした。

ヨーロッパの人って、なんか人生を楽しんでいるって感じがするなー。


観光客用の馬車。乗りたかった…
b0184396_2343244.jpg

土産物屋とお花。ただそれだけなのに、なんだか絵になりますね。
b0184396_23434822.jpg

旧市街の街をブラブラしながら、ピカソ美術館を捜す
太陽が高いです。空が近いです。うーん、南国
b0184396_23452228.jpg

マルケス・デ・ラリオス通りは、カフェやお店がいっぱい、
歩いているだけで楽しい雰囲気です。リゾートな人々もいっぱい。
夜飲むワインも購入♪
b0184396_2349185.jpg



さて、なんとか見つけたピカソ美術館。

さすがの重警備体制で、写真なんて取れませんでした。

2歳児も含め、よくわからないなりに

ピカソの持つパワーをいただいて、帰りました。

なんだか太陽のようなエネルギーを感じました。


その後、我々は海の近くに進み、うろうろと歩きます。

公園発見!
ダッシュ!!!
b0184396_23554856.jpg

やっと、おれの出番か!と言わんばかりに

おおはしゃぎする坊。
b0184396_23571416.jpg

国際交流1
b0184396_2358326.jpg

国際交流2
b0184396_23585943.jpg

ここに、子供を連れた日本人女性が。

「観光客の方ですか?」と尋ねられました

どうやら、ご主人のお仕事でマラガに住んでられるようで

「海外赴任なんて素敵~♪」と言うと、

「住むとすごく大変です…」との回答が^^:

国民性やら、利便性やらいろいろあるのかもしれませんが

こうやって旅行するだけが一番いいのかな。現実にならない距離感が。

でもやはりいつか、海外暮らしをしてみたいと思う、小心者の夫人であります…。




さすがに暗くなってきたので、

タクシーを広い、我が城へと戻ることに。

 (タクシー内はなぜか防弾ガラスをはじめとする
 すさまじい防犯体制。この運転手さんに過去なにがあったのか、夫婦で想像をめぐらせながら)

直前に、ケーキやさんでデザートも買いました

海が(ちらっと)見えるお部屋のテラスで、デザートタイム
b0184396_035271.jpg
b0184396_04108.jpg
b0184396_042389.jpg



料理が評判のお宿だったので、夕食はホテルのレストランでコース料理。
b0184396_06416.jpg
b0184396_06185.jpg
b0184396_063439.jpg
b0184396_064724.jpg
b0184396_071140.jpg
b0184396_0866.jpg
b0184396_081870.jpg

しまった…

全部食べかけの写真だった…


郷土料理を主軸にした内容で、

プリフィクススタイルのコースでした。

品が良く、おいしかったけれど、子連れはちょっといづらい雰囲気でした…。

やはり、ちょっと良いレストランという位置づけだと思われ、

ほかには子どもはいなくて

きのせいかもしればいけれど、あまりそのときのスタッフさんの対応が

ウエルカムじゃない雰囲気でした。(朝食担当の人やフロントの人はすごく良かったけど)


坊も、疲れもあってか、この表情…。
b0184396_083353.jpg

あまり食欲もなさそうで
(お菓子ひとりで全部食べたしな…(汗))

かわいそうだったので、早々とお部屋へ退散しました。


そして、テラスで海を見ながら

街で購入したワインで乾杯…

なんて思い描いておりましたが、


やはり今日も爆睡へと落ちてしまった3人でした!
by x7nanax | 2009-08-30 00:27 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)

【5/1(木)/3日目】その5

グエル公園は、これまたガウディの設計によるところです。

当初、新興住宅地として造られたものらしいのですが、


売れずに公園になったとのこと。

ガウディ邸もあるようです。



さて、地下鉄を降りたわれわれ。


公園まではだいぶ歩くようですが、


標識と人の流れがありますので、ついていくと、なんとなく着いてしまいます。


見晴らしのいい公園だけに、急な坂も上るんです。

ベビーカーを押しながら、交代でギーギー。

しかも石畳なので、可動性最悪です~。


  なぜかリュックを前にかけてる旅行者多いです~。
  治安悪いのかしら?



おおお!なんか可愛いのが見えてきたぞ。

b0184396_152557.jpg


人も増えてきた!ほら、がんばれ!ギーギー
b0184396_162251.jpg


到着(涙) 人いっぱいだから素通り。でもとりあえず記念撮影ね!
b0184396_1192031.jpg


え?爆睡中???
b0184396_1195227.jpg


気を取り直して、写真写真。メルヘン♪
b0184396_1203372.jpg


スペインの邸宅って感じ♪素敵~
b0184396_1244610.jpg


アロエ?やっぱり南国ねえ~。おおきすぎじゃ…
b0184396_1262479.jpg


などなど、かなり広大な公園内を、楽しく、気まぐれにお散歩♪



b0184396_1274838.jpg

ちなみに私たちはガウディデザインのタイルのベンチのある

広場に向かっていたのです。


おおおっ、やっと起きた?
b0184396_131275.jpg


あれ?でも不機嫌?
b0184396_1312999.jpg


ところが、広場を目にした途端、ダッシュしました!三歳児。

やはり公園大好きなんですね。子供。


バイオリン演奏している人がいたりして、

音楽に満ちた公園で、バルセロナの眺めを堪能

やっと、旅行らしくなってきた。


b0184396_1351384.jpg

こんな素敵な景色も3人で楽しみ、


「これからあそこに行くんだよ♪」と指さしたところは

b0184396_1355361.jpg


ガウディの有名作品(現在進行中)



このグエル公園では、かなーりのんびりしました。
3時間くらいいたかな?

鳥の鳴き声の笛を鳴らす学生の集団や

各国の子供連れ

すごいいちゃいちゃ(死語?)してる中国人カップル

いろんな人がいて、人間観察も楽しい。



さらに頂上を目指して、歩きます。

柵がないもので、坊がいつ落ちるかひやひやしながら

また汗だくで登頂!


その後、遊具のあるミニ公園も発見し、

スペインの子供に交じって遊ぶ坊。


ところがすべり台の柵におでこをぶつけて、

1週間前に大けがしたおでこの傷口からまた出血!!!    (テーブルの角におでこから転んで、ぱっくり傷ができたので
    外科でテープによる処置をしてもらってました)


血が止まらなかったら、どうしよう!と半泣きになりそうでしたが、

ハンカチで止血して、絆創膏をはって、なんとか大丈夫。


ああ、病院のお世話にならなくて良かった…



グエル公園…

名所とは言え、子供を遊ばせながら

雰囲気を堪能し、のんびりし、しっかり観光もし

なんだかお得な感じの公園でした!


ヨーロッパは公園が多くて、いいですねー
by x7nanax | 2009-05-24 01:51 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)