タグ:ホテル ( 29 ) タグの人気記事

旅のメニュー
1日目/ディズニーシー(アパホテル東京潮見泊)
2日目/ディズニーシー(ミラコスタ泊)パパ合流
3日目/ディズニーシーディズニーランド(アンバサダー泊)
4日目/ディズニーランドディズニーシーディズニーランド(帰宅)

8/8(木)
13:30頃
私は灼熱地獄にて
14:40からのトロピカルスプラッシュの場所取り
もちろん、まるの希望でキッズエリア付近に。
ポルトフィーノ前にシーティングです!
まるおとパパは
まるお初チャレンジとなるセンターオブジアースへ。
お友達がすでに経験済みと知り、
自ら、挑むと宣言したものの、
「おれ、やっぱりやめたい」と弱腰。へっぴり腰
パパは、まるおの反応を楽しみながら
その手を引っ張り、向かいました。

14:20頃
まるおとパパが戻ってきました。
途中、
海底二万マイルのFP(16:40-17:40)を取ってきてくれました。
(が、しかしこのFPも無駄にすることに)

さて、まるお、センターはどうだったのかな?
戻ってきたまるおの顔は「はにわ」状態。
私「どうだった?」
ま「おれ、もう乗らない…」
……お調子者のビビった顔ってのは
本当に情けないものです。

気を取り直して、
まるおは、トロピカルスプラッシュに挑む準備。
再びビーチサンダルとタンクトップ姿になり、
キッズエリア付近にスタンバイ。
母は合羽を準備。
そう、私も参戦!ずぶ濡れは困るけど
この楽しい雰囲気を味わいたーい
パパは再び水がかからない場所でクールに観戦。

ザンネンながら写真を取る勇気なし。
参加型で楽しむことに。
ダンサーさんの笑顔やダンスがすてきー
右隣には学生の集団みたいな男女がおり、
彼らがダンサーのお兄さんに
「おにいさーん!バケツでちょうだーい!」と
大量放水を要求
期待に応えて、お兄さんバケツでバッシャーン
学生、歓喜のダンス。こちらもつられて盛り上がる。
そして左隣には、ダンスを完璧にこなす
おひとり様のオジサマ。すごーーー!
なんだかこのよくわからない構成が可笑しくって
楽しくって、私もおひとり様なのに、ずっと笑いっぱなしでした(汗)

途中ミッキーが男らしく登場。
チップだかデールだかが、樽からコップで水を汲み、バシャッとかけてくるのですが、
手ごと樽に入れていたので、
毛が濡れそぼっておりました。なんだか、「いいのか!チップ(デール)!?」と
心配になりつつ、見守ってしまいました

楽しいずぶ濡れタイムが終わり、
川になった道をキッズエリアに迎って進みます。
まるお、修行のように濡れた体で機嫌よく待っておりました。

さて、ここでまた服を着替えまして
そろそろチェックインの時間。
ミラコスタへ参ります。

今回、パパもいるので
スペチアーレのハーバービューバルコニールームを第一希望!
何度も☎しましたが、けっきょく一度も遭遇できず。
サイトで一度ハーバービューには遭遇したのですが、
迫力のあるショー鑑賞が希望だったので、
ショー鑑賞は窓ごしではなく、外でと考えていたため
あまりハーバービューにはこだわりがなかったのです。
でも、ちょっとハーバーの雰囲気を味わいたいなということで
ピアッツァグランドビューを選択
念のためフロントでも聞きましたが、
バルコニールームに空はなく、本日満室とのことでした。

チェックインしようと並んだ時に
水筒がないことに気づきました!
ぎゃー、キッズエリアに行ったとき
石垣に置き忘れたんだ!!と思い出しまして、
代わりにパパにチェックインの列に並んでもらい、私は急ぎキッズエリア付近へ。
キャストさんに聞きましたが、見ていないということで
あえなく、再びミラコスタへ。
後で、ゲストリレーションズに届けられてないか
確認しに行こうと思います

昨日のまるおに引き続き、
忘れん坊親子であります

ああ、喉がカラカラ。
パパは並んでいる間に、ジュースをふるまわれたそうです。
いいなあ
あまりに喉が渇いていたので、
パパがコーラを買ってきてくれました

ごくごく飲んでチェックイン。
お兄さんに案内されてお部屋に到着。
3階のお部屋です。
3353のお部屋でした:追記)

せっかく3人一緒だったので
ソファで記念写真を撮ってもらいましたが、
全員髪の毛ぼっさぼさ(笑)
(まるおは短髪なので大丈夫ですが、雰囲気が疲れでぼっさぼさ)

さっそく、まるおはトランドルベッドを出して、
「おれのスペース」作り。
b0184396_9544335.jpg


そして、窓からの景色をチェックすると
火山は見えませんが、ショーは観れそう。
先ほどショー鑑賞は外でと書きましたが、
ミシカについてだけは、夏のこの時期だけ部屋で鑑賞できるので
一度お部屋鑑賞したいなと思っておりました。
b0184396_9545245.jpg

位置的に、ダンサーさんの迫力あるパフォーマンスは難しかったですが、
ハーバーに浮かぶ船がけっこう間近で観れて、
(女神様と目線が近い)
ストーリーをたっぷり満喫できて、これまたよかったです。
ミシカは見どころたっぷりです
b0184396_95693.jpg


さてさて、窓辺の特等席はパパのお仕事場。
どんだけワーカホリックなのだ
パパにとっては夢のミラコスタといえども
単なる仕事スペース。
これってある意味、贅沢

ちなみに、ミシカタイムには、☎のために部屋を出ていたので
窓辺でまるおとふたり、しっかりショーを満喫しました。
(柵が邪魔だったので、椅子に上がって)
昨日は炎天下のシーティングがきつかったので、
待たずに観れただけでも、幸せでした



にほんブログ村 子連れ旅行
by x7nanax | 2013-08-17 10:46 | 13.8月TDR旅行 | Trackback | Comments(0)

カードキーでお部屋を開ける。


日本のホテルより、なんか感度が悪いというか


絶妙なスピードでカードを抜かないと、開かない。


私の胸に、「フランス人にこの状況をどう説明すれば…」と


暗雲がたちこめる。



すると気合いでなんとか緑ランプがついて、部屋が開いた。



入るとすぐがちょっとした通路になっており、


右手に浴室&トイレ、

左手にクローゼット

そして奥にもひとつ扉があって、そこがお部屋。


お、広い。前に泊まったホテルの二倍はあるぞ。


部屋の右手にベッド、左手にソファとテーブルと机。


そして机の脇の扉を開けるとキッチン。


部屋はちょっとモダンな感じだが、例えば壁の上部などに

ちょっとした意匠が凝らされていて、さすがヨーロッパ。

大きな窓枠もなんだか巴里っぽい。


ただ、部屋はとっても暗い。ムーディとも言える。

おっきいランプがあるのに、そいつは点かないときてる。

間接照明オンリーってやつです。


まずはパパに借りた二つのスーツケースを開けて、大きなクローゼットに収納。

ちょっとずつ俺んちにしてく。(つまりジャポネの生活感たっぷりってこと)
b0184396_21434418.jpg

b0184396_21435139.jpg

▲いろんな時に撮影してます



御覧の通り、収納たっぷり、アイロン・ドライヤー・食器洗い機もろもろ設備は十分。

トイレの壁には、ヒーターがあって手洗いしたおパンツとかを干せる。

何より、キッチンは自分ちより食器やら道具やらが充実でワクワク。
(でもこのキッチンは「サトウのごはん」とカップラーメン、まるおのゴーカイジャーの薬袋などに占拠される)

さっき、フロントでムッスィユーにもらった地図に、スーパーもブーランジェリーもあったし、

お買いもの~お買いもの~♪


ついでに、ムッスィユーにWIFIのパスワードも聞かねば。

お部屋でネットしたいし。

あれ?「教えて」って英語でティーチミー?いやそれは勉強とか教えてってこと?

あれ?ということで、情けない単語力ゆえに

iphoneアプリの『翻訳こんにゃく』を起動。

「Please tell me…」で、なんとか通じる。

「めるしー」と言って、

さあ、ワクワクの巴里散歩&買い物へ行くぞー、まるお。
by x7nanax | 2012-05-26 21:58 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(2)

シャルル・ド・ゴール空港に到着!

いよいよ「ボンジュー」の世界ということで、

とにかくあいさつが重要となるのだ。

飛行機を降りる少し前、

「いいか、まるお。

日本と違って、パリでは必ず会った人に

ボンジュー。メルシー。しるぶぷれ。おーぼわー。

ってあいさつしないと、連れてかれるぞ。」と

不気味な教えを説く。


でもまるおは早く巴里の街に出たくて、うずうず。
b0184396_20525668.jpg

                ▲懐かしさを感じさせる未来的空港に喜ぶジャポネ




私は、表紙がこすれてしまったまるおの損傷パスポートが気になって、

ワクワクなのにドキドキ。


服の中にしのばせていた、セキュリティポーチからパスポートを取りだし、

まずはまるおに持たせて、入国審査に一人ずつ向かう。


「まるお、必ずボンジュー。メルシー言うんだよ」

もう一度脅して、まるおひとりでパスポート片手に進む。


「ボンジュー」
蚊の鳴くような声でなんとか絞り出しました。


すると、入国審査のムッスューがまるおをいじりだし、


「コンニチワー! アリガトー イテラッシャイ」と

彼が知ってるであろう片言日本語の全てをまるおに集中砲火すると、まるおはデレデレ(照れ照れ)。


その様子を見て、ウケながら、


無事入国できたことに一安心。



その後、荷物を回収し、タクシー乗り場へ。


そこにいたスタッフに

「ジャポネ?oh!さば?さば?」と

今度は簡単フランス語の洗礼を浴びて

まるおまたデレデレ。


ふらんす人、なかなか子ども好き。



到着したタクシーに乗り込んで、ほっと一息つき、


住所を見せて「せったどれす シルブプレ」

「おてる?」

「うぃ、しるぶぷれー」と

無事走り出す。
(つうじたぞーーー!ちょっと鼻穴が広がり、
荒い鼻息を抑えようとするが、
タクシーの暴走音でその必要なし)


そうだ、ホテルでのチェックインの仏語練習せねばと、

iphoneの「旅のフランス語」アプリを起動。

マナーモードにし忘れて、

うっかり

「ジェユヌレゼルヴァシオン オノン ドゥ SATO」と何回も

携帯がしゃべりだして、タクシーのムッスィユーに聞かれ、赤面。。。



まるお、前回(2010年4歳)のこの道はガン寝だったが、

さすが6歳の余裕とやらをかまして、外をじっくりとながめている。

ものすごいボリュームの雲に驚きつつ、

外はもう17:30なのに真昼の明るさ。

ちょっと寂れた郊外を通り過ぎるとセーヌ川が現れた!

ノートルダム寺院を見て、「あ!ノートルダムだあ」と一声あげ、

無事、(ネットで)見慣れたホテルに到着。
b0184396_22335078.jpg




タクシー代は50€くらい。「メルシー おーぼわー」


さあ、どきどきでチェックイン。

「ぼんじゅー ムッスュウー。ジェユヌ……」

「ボンジュー oh ぷちるぱーん」「English?france?」

「イングリッシュ しるぶぷれ~」(英語もわかんないよ)



実は、まるお闘病中だったため、

最初に予約した6泊のうち、3泊は不泊で返金無し。

念のため、伯爵にその旨連絡してもらい、残りの3泊をキープしてもらっていた。

そして、追加の3泊は最初に取ったHOTEL CLUB
ではなく、直営サイトで予約していたため
なんだかちょっと不安があった。

案の定、おひげムッスューがなんだか、ああだこうだやっている。

4泊目以降の予約はいつ取ったか聞いてくる。
 (3回目にやっと彼の質問を聞きとれた、情けないヒアリング力)

しかもこの直営サイトで取る直前、ほかのサイトでこのホテルの予約が満室になっており、

ダメ元で直営サイトに飛んだら、運よく空いていて、即効取ったので、

実はダブルブッキングではなかったのかな。

でも、ムッスィユーが粘り強く(?)なんだかいろいろ操作して、

30分でやっとチェックイン完了。


ムッスィユーはとても感じのよい髭メガネおじさんで、

飽きて、ANAの飛行機をブンブン言わせてたまるおが椅子によじ登った時、

私が「まるお、ダメだよ!」と注意すると、


「ニホンゴデNONってナンテイウンダ?」と(おそらく)聞いてきたので、

「うーん、ダメとか?」と答えたら、

「MARUO! ダメトカ」って言った……

訂正する暇も語彙もなく、放置。

間違ったニホンゴ教えてごめんなさい。デゾレー!


さあ、ではお部屋へー。
by x7nanax | 2012-05-26 18:03 | Trackback | Comments(0)

7/5(日)その1

昨日あれだけ疲れ果て、寝たのが12:00だったのに
やはり6:00には目を覚ました、私。

窓を見ると…

b0184396_2242546.jpg

あいつが起きている…

「おはようごじゃいましゅ」
b0184396_22414477.jpg


この坊主も、やはり興奮状態が続いているようで、
遅寝早起き…。大丈夫かしら…。

ということで、まずはこの旅に入ってからなかなか出てこないウ●チのために
好例の腸マッサージ。
そして冷えた牛乳を与えたら…

出たー!!!

バンザーイ!

ということで、朝風呂に入り、いざお着換え。
ついでにパパの仕事用の革靴も履いて、叱られて。


お寝坊の伯爵様を起こして、やっとこ9:30くらいにホテルをチェックアウト。
(サンルートから、ディズニーランドホテルまで無料で荷物も送付してもらい)

ミッキーバスでディズニーランドへGO
b0184396_22515471.jpg
b0184396_22522860.jpg





ランドホテルにパパがパソコンだけ預けに行っている間、
坊と夫人は、リゾートライナーステーションの周りをブラブラ。

テーマランドごとの絵が描かれていることに気づき、
b0184396_2257627.jpg
b0184396_22572136.jpg

なかなか幻想的な感じだったので、しばし妄想トリップ。。。

坊が唸りだしたので、とりあえずは
今日のお宿、ディズニーランドホテルの前でお決まりの記念撮影をして、ごまかします。
b0184396_2315081.jpg


パパも来たことですので、いざランドへインパ(入園)!


坊は今日もレーシングカーをご所望です。(またかよー)

その前に、バズのアストロブラスターのファストパス(15:00~16:00)をゲット。


朝食がまだだったので、レーシングカー(グランドサーキットレースウェイ)のある
トゥモローランド付近にて、手頃なお店を捜すと~

伯爵のリクエストにて、ピザ。そして、リトルグリーンまん。
b0184396_2341910.jpg


朝のトゥモローランドを眺めながら、テラス席で食べる朝食もなかなか乙。

このあと、目の前のスターツアーズが、いつものごとく空いているので
行きますが、
坊が102cmの身長に届かなかったため、NG。
将来使える「チャレンジカード」というものをいただきました。
   条件をクリアした場合、これがあると、本人と同乗者は
    待ち時間なしでアトラクションに乗れます


坊がもうレーシングカーレーシングカーとうるさいので、
昨日に引き続き、20分並んで、乗車。
坊は伯爵とふたり、私は何が悲しいか、おひとり様乗車。
後ろからおっかけて写真撮影。
b0184396_23113184.jpg


さて、次はトゥーンタウンへ向かいます。

坊のジェットコースターでの反応が見たい!
という伯爵のご要望で、ガジェットのゴーコースターへ。
身長90cmを測り、無事クリア(笑)
b0184396_23135097.jpg


一昨日の絶叫体験時には、「なんでママ、僕をこれにのせたの!!」と
怒り心頭の様子でしたが、

一緒になって「キャー」と言いながら、手をあげたり、
必死で(?)楽しもうとしていた坊。

おお泣きした坊や、だっさい格好させられた坊など
いたいけな(?)坊の姿を見るのが、好きな悪趣味の伯爵は、とってもご満悦。

その後、「ドナルド」のおうちを見つけた坊、ここに入りたいと言いますが、
pとの待ち合わせ時間が迫っていたので、
行こう、と諭すと不機嫌に。

合流した後に、これまた初チャレンジとなる
グーフィーのはずむ家

みんなが、バルーンの家の中でぽんぽん跳ねている中、
坊は修行僧のように、眉間に皺を寄せたまま、正坐したまま終了しました(汗)

と、気を取り直して、坊の好きな2連発。
イッツァ・スモールワールド
b0184396_23205167.jpg

カントリーベアシアター
b0184396_23212518.jpg

  ここは、お父さんたちの休憩場所と化していますが、すごく好みな雰囲気で大好きです。
  レトロな装飾、赤い緞帳、ミュージック…かわいい。
  そして、ここをテーマにした映画「カントリー・ベアーズ」は我が家のお気に入り。
  笑えて、ほのぼのします。
  

カントリー・ベアーズ [DVD]

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント



その途中、これもお初となる
スプラッシュマウンテンのファストパスをゲット。
これまた坊の反応が楽しみ~(>v<)な悪趣味夫婦です。

b0184396_23301514.jpg

 「おーい、その小動物の顔から手をどけてあげな~(汗)」
by x7nanax | 2009-09-04 12:14 | 09.7月TDR旅行 | Trackback | Comments(2)

5/4 その2

b0184396_23424231.jpg

パラドールをチェックアウトして、
コスタデルソルの海沿いをずーっとまっすぐ走り、

セレブが集まるという高級リゾートのマルベーリャへ向かいますっ


うーん、海を見ながらのドライブって最高♪
なんて、はしゃいでいたら
隣にはド緊張のドライバーが。

ひたすら真っ直ぐ進んで行くと、さすがリゾート地。
別荘みたいな建物とかマンションがずらっとあります。

海でくつろぐ人が見えて、こちらも、そして伯爵までもハイテンションに!

なんとか、無事マルベーリャに到着し、
街の地下駐車場に、車を停めて、ガラの悪い若者に「ニイハオ」と馬鹿にされながらも
海を目指してランランラン♪
b0184396_23481556.jpg

遊歩道もなんだか洗練されている気がする~

おおお、パラソルがずらり。
リゾートっぽい!
b0184396_23495188.jpg

ついに、地中海~(だよね?)バンザーイ!
b0184396_23535111.jpg


カメラを構えて、ツーリスト丸出しの我々ですが、
周りはすでに、水着を着た人々が日光浴を楽しむ余裕の光景。
ときにはトップレスの方々もいらして、
思わず、田舎者丸出しで、きょろきょろしちゃいました(特に伯爵が)。
海の家のテーブルもギンガムチェックで、さすがヨーロッパのリゾート~

せっかくなので、土産物やとかが並ぶ、海沿いの道を練り歩き
とっても暑かったので、ジェラートをゲット。
b0184396_23585284.jpg


そして、待ちきれない坊…。
b0184396_23594122.jpg


しかし、このアイス、「ミニ」なのにでかい…。

とまあ、ミーハー根性でリゾートをチラミした私たち。
今考えるとお恥ずかしい御一行ですが、まあ、きにせず、
本日の目的地、ロンダへ向かいます。

が!なかなか「LONDA」の標識が見つけられず
マルベーリャで同じ道を5往復しました…

今度こそ!山道ドライブスタートォ!
b0184396_0102421.jpg
b0184396_0103343.jpg

さすがスペイン、見慣れない山肌に驚きつつ、
凄まじいスピード狂に囲まれてぐんぐん進みます。
b0184396_0104725.jpg
b0184396_0105648.jpg

2時間くらい走ると…
おおお、ロンダの旧市街が見えてきた~!

旧市街に入ると、道が急激に狭くなります。
ちょっとどんくさい動きをするや否や、クラックションの嵐!!
伯爵、もうびびりまくり!

なんとか、ホテルの到着~。
ホテルは断崖絶壁に建っています。
b0184396_0202995.jpg

今日もパラドールです

まぜか近代的なエントランス。
b0184396_0231294.jpg


ロビーはモダンとクラシカルの融合。素敵~
b0184396_0252585.jpg

坊はシールブックをもらってご満悦!


さてお部屋は…
ベッドなど、インテリアはおされ~
b0184396_0275627.jpg

お風呂とトイレは赤が基調で、広々。しかもジェットバス!
b0184396_028858.jpg

なかなか広々
b0184396_0283131.jpg

気になる眺めは…
がーん、峡谷が見えない…。すっごい期待してたのに。
b0184396_028418.jpg


で、でもなんか広場が見えて雰囲気はいいかな…(汗)

なんだか子連れの弱みでロビーの人にリクエストもできず…
まずは、ま、まあいいや!これで^^;ハハハ


さて、荷物を置いて、
ロンダの町へと出発~
 
続く…
by x7nanax | 2009-09-04 00:39 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)

7/4(土) その3

14:00
ミラコスタのレストランオチェアーノ
ランチビュッフェの予約をしていた我ら。
  
 宿泊者の割引チケットで3500円→3000円なり

二日酔いの伯爵も合流して、ランチターイム!

14:30からの水上ショー「ミシカ」を
このレストランのテラスから楽しめるので、
時間まで、たーっくさんの料理を3人でて分けして、確保!
b0184396_23203888.jpg


私の好きな海の幸が充実しているん♪

アラウンド ザ シーというイベントをやっているようで、
こんなのも飾ってました。食べれるのかな…
b0184396_2323842.jpg


さてさて、時間になったのでテラスでミシカを鑑賞。

ただ…

なんか坊の調子がおかしい??

もう、最悪に不機嫌です。

奇声を発する。抱っこしてものけぞる。椅子に座れば、ずり落ちる…

昨日寝たのが10時過ぎだし、サクッとしか昼寝もしてないし、

何と言ってもウ●チが出てない!!

だから、ご飯もさっぱり食べない。。。

猛烈に心配になってきました…。

すると、伯爵が一足先にホテルにチェックインして、
坊を昼寝させると言ってくれました

…というのも、二日酔いの上寝不足だった伯爵。
自身も一刻も早く、お昼寝したかったようなのです^^;

ここは、預けちゃったほうがいいかなーということで、
申し訳ないながら、Pとふたりでアトラク三昧させていただきます。

タワーオブテラー
まずは、タワーオブテラーが20分待ちくらいだったので
もうこれは乗るしかない!と並びますv

昨日は、おひとり様だったので、恐怖をじっくり感じる余裕もなかったけど
もうふたりで、キャーキャー言いながら、待ちます。
いつも「a」なのに、このときは「b」。
やはりaのが怖いです。

でも写真見たら、ふたりとも満面の笑み。
絶叫って最高!


そして次はファストパスを取っておいた
センター・オブ・ジ・アース
絶叫のハシゴです

思いっきり声出せるって最高!
ああ、ストレス解消。気持ち良かった(笑)

と、坊が気になって伯爵に電話したら、
私が電話したせいで坊が起きた!と怒り心頭(汗)

ひえええ。
Pに謝って、一度ホテルに行くことに。。。

リゾートライナーとバスを乗り継いでいくと、
お部屋でまっていた坊が、激しくおお泣き!!
もう、梅干しみたいな顔
で…

すると、坊、泣きながら
「レーシングカー乗りたい…」?そ、そ、それですか!?
ということで、
お昼寝は中止にして、ランドへGOです~。

あれ?なんだこのミニ扇風機みたいなのは!
と、思っていると、もう~。
またまた伯爵がこっそりと、坊におもちゃを買い与えてました!!
ミストファン。
b0184396_23382517.jpg

「僕、お掃除する」と言って
お部屋のあちこちに、霧吹きで水をまいてしまうので、参った!
外に出てもずっと、その調子で
「え!?ついに雨???」と思うと、坊のミスト…。
「人いるとこでやっちゃダメだよ!」と注意しっぱなしでした…。

そして、いざレーシングカーグランドサーキットレースウェイ
あの梅干しが、満面の笑み…
もしかして、先ほどの不機嫌の理由はコレ???
確かに、昨日から「レーシングカーに乗りたい」と言っていた。
b0184396_23431294.jpg

フォトスポットでもご機嫌…(汗)
b0184396_234453.jpg

このアトラクション、よほどお好きらしいです。
2回乗りました…

そして、pと合流して、再びシーへ行くことに。

ちなみに、モチロン伯爵様は
二日酔い&寝不足でご就寝中
なのですが、
念のため、メールでご連絡しておきます。
(ちなみに18:30くらい)
その後、結局シーにご登場されたのは、結局20:30くらいでした、、、

それまで、我らはまたまたゴンドリエスナックにて
ジェラートをつまみ、夜のシーの風景にうっとり。
途中、坊の「おしっこ」攻撃でダッシュしたりして、
アラビアンコーストへ。

途中、またまたスカットルのスクーター…
シンドバッドを貸切で堪能し、
やっとこ伯爵が現われたので
メリーゴーランド「キャラバンカルーセル」に家族3人で。
b0184396_23572246.jpg

この、アンニュイなアトラクション、好きです。
そして夜のアラビアンは、美しい~。
いつか、アラビアンな海外旅行行きたいなあv

そして、夜ごはんで打ち上げ。月夜~
b0184396_23595535.jpg

暑い夜なので、ビールで乾杯したいなー、ということで
酒のあるレストランへ
伯爵、二日酔いは酒で直すんですよね!
b0184396_01538.jpg

ヴォルケイニアレストラン。中華のお店で
シェフのお勧めセットと低アルコールビールを注文。
(伯爵はもち、普通のビールっす)

さてさて、もう21:30。
伯爵にいたずらされて、前髪のおかしな坊も、おねむねむzzz。
b0184396_0175781.jpg

そろそろお開きです。

Pとはいったん、お別れ。


そして、ホテルでウ○チ出すための牛乳と水を購入し、お部屋へ。

今日は、サンルートに宿泊です。

お部屋からはしっかり、ディズニーランドの夜景が♪
b0184396_082591.jpg


坊をお風呂に入れて、腸マッサージをして、寝かせますと…
今日ものび太なみの早さでご就寝。

伯爵はテレビっこなので、こんな夜もお笑番組で大笑い。

夫人はしばし、ランドの夜景を見つめて、坊のウ●チがに思いを馳せつつ
お先にお休み~
by x7nanax | 2009-09-02 00:20 | 09.7月TDR旅行 | Trackback | Comments(0)

5/3 その2

本日はグラナダからマラガへ移動です。

アルハンブラ近くのホテルを後にした我々は
急ぎ、グラナダ駅近くにレンタカー(ヨーロッパカー)屋を目指して
タクシーへ!

  *グラナダのタクシーは定額制

途中、車窓から見えたのは
こんな風に花々で飾り付けられたトレーラーたちv
b0184396_22211628.jpg

街にはフラメンコの衣裳のような民族衣装に身を包んだ女性が
b0184396_22214868.jpg


そういえば、街中の広場でも
マリア様をお花で飾り立て、祀っているスポットがありました。
キリスト教のお祭りなのでしょうか。

祭りというのは、その国や地方のリアルな文化を垣間見られるので、旅情が高まります

さて、緑色がテーマカラーのヨーロッパカーに到着。
あらかじめネットで予約していた内容にプラスして
保険加入手続きをしたり、オプションで付けたナビの使い方を聞いたり。

英語さっぱりな私は、蚊帳の外。
伯爵がなんとか頑張って、無事車をレンタルです。
 
坊は、風船をもらい、店内サッカー。
b0184396_22222050.jpg



感じの良いスタッフさんが、車を持ってきてくれる間
なんだか人気のない、治安の悪そうな駅前広場で
眼光鋭く、周りを警戒する夫婦と、走り回りたくてうずうずしている坊。

車はもちろんヨーロッパで一般的なマニュアル車。
そして左ハンドルです。

伯爵はこの前の年まで、マニュアル車に乗っていたので
大丈夫だろうと高をくくっていたのですが…

いざ、練習で乗ってみたら
車がジャンピング!
ポンポンポンポン跳ねて、さっぱり前に進まず

焦る伯爵と不安になる私、そして大笑いの坊!

「もうレンタカー辞めよう!電車かバスで移動しよう!」と
私が叫んだトタン、
コツを思い出した伯爵がスムーズに走り
店員さんと家族3人で大爆笑。

まさに泣き笑いでした~。

そんなこんなで、ものすごいハイテンションになってしまった私たちのドライブがスタート。

郊外に行くと、旧市街とは異なった風景にまたまた驚きつつ、
日本とはまた違う、スペインの山の中で
異国へ来た心細さを感じつつそれなりに楽しい道中でした。

いよいよマラガに到着。
本日の宿は楽しみにしていた
パラドール・デ・マラガ・ヒブラルファロ
お城のホテルです

ただし、ここに着くためには、
旧市街のせまーい道路を通らねばなりませんし、
ナビも思いのほかアホだったので、
おおざっぱなガイドの地図しか頼りはありません。

1時間くらいうろうろして、やっとこ小高いところにあるお城に到着。
伯爵は、もう疲労困憊。
明日もレンタカー、明後日もレンタカー。
レンタカーのことを考えると、緊張してくつろげないと嘆いてしまうほど…。
それほどにヨーロッパのドライブは
ジャパニーズドライバーにとって過酷なものなのか…
とペーパードライバーの私は想像をめぐらせますが、
パラドールにテンションあがりまくりでした(ごめん、伯爵)

マラガの海を背景に記念撮影。
b0184396_2223101.jpg


パラドールを前にして、絶望の表情の伯爵(笑)
b0184396_22295890.jpg


そして、これが旅のお供のレンタカー
b0184396_2224011.jpg

by x7nanax | 2009-08-20 22:33 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(2)

7/4(土)その1

おはよう~と起きても、夢の続きが見られるミラコスタ♪

さっそく、坊は下着姿でパークの景色を堪能。
b0184396_0303614.jpg

背中をポリポリしながら…

そして母は開園前のパークを撮影。
b0184396_0323852.jpg

火山とフォートレスエクスプレーションのコンビが好き。
中世の雰囲気と、ファンタジーの雰囲気がするので
海外にいるというよりも、タイムスリップや異世界にいる気分です。
b0184396_0325771.jpg

たまにこんな現実的な光景も見られて、これはこれでレアだからうれしい。
Kトラ

この時点でまだ6:30。
まだPは寝てますが、似た者母子は興奮のため、寝てられない性分です。
ふたりでしばらく外を眺めてました。

Pも起き、着替えを済ませたところで「コンコンコン」とノックの音。

届きました~♪ルームサービスの朝食
これはこのカテゴリのお部屋についているのです。
b0184396_0371617.jpg

うーん、パークの風景と朝食という幸せの組み合わせ
b0184396_0385687.jpg
b0184396_0391345.jpg

b0184396_0402774.jpg


では景色も一緒に堪能しましょー
b0184396_0412431.jpg

「居眠り爺さん」
b0184396_042395.jpg

「ひげ爺さん」
by x7nanax | 2009-07-25 00:45 | 09.7月TDR旅行 | Trackback | Comments(0)

7/3(金)その12

泡風呂を堪能した我ら母子。

坊も借りたパジャマに着替えて、
夜景をもう一回味わって
b0184396_2350665.jpg

窓を開けます(と言ってもほんの少ししか開けられない)

外から聞こえてくるパーク内のBGMを聞いていたいようです。
確かにパークの音を聞いていると、まだ夢の中にいる気分。

b0184396_2352683.jpg

ベッドにはしっかりとガード。
坊は何度かベッドから落ちているので、これがあれば安心。

ここでも坊は瞬間的に寝てしまいました…。
お疲れさん。いい夢見ろよ。


そして、帰ってきたPとパークの夜景を見ながら、ビールタイム
仕事のお話、人生のこと、結婚のことなどなど
久々に女子トークを堪能していると、気づけばAM3時!

寝なければ…。でも興奮して眠れない…。
明日の朝はショーのリハーサルがあるかもしれないし、早く起きたい…。
など考えながら、浅い眠りにつきました。

b0184396_23561829.jpg

ハーバーの水面の上に何やら映像が浮かび上がってる!!
(写真はへたくそで判別不能)
「ファインディングニモ」でした。坊にも見せたかった
こんなサプライズもあり、やっぱりミラコスタの宿泊って素敵。

閉園後のパークを眺める時間いいです!
by x7nanax | 2009-07-24 00:00 | 09.7月TDR旅行 | Trackback | Comments(0)

7/3(金)その11

ゴンドラのあとは
おなかがすきすぎて、もはや食欲が減退してしまった我らですが、
カフェポルトフィーのであったかいものを食べることにします。

坊も食べられるように、シーフードドリアを頼みましたが
さっぱり坊は食べません…。心配…。
お腹が痛いと言うので、もしかしたらウ●チが出てないから?とまた心配…。

とりあえず時間も遅いので、ホテルへ。


そして再びサローネへ。
べんぴの坊はホットミルク。これはメニューになかったけど、
お願いしたら、用意してくれましたv
泡立っていて、甘くて美味しいです。
b0184396_122118.jpg

b0184396_1224093.jpg

私もPも青いオリジナルカクテル。うまああ。幸せの味がする

さて坊は、またまた特等席でお絵かきタイム(ホットミルクに興味無TT)
よほど印象に残ったのか、
「たわーとれーらー」と言って描き描き…
「タワー・オブ・テラー」です…。

「しゃきばーばー」と言って何か描いているので、
新種の化け物かと思い聞いていると
どうやら、わが母(ばあば)の似顔絵。
b0184396_1361024.jpg

おどろおどろしいところを表現したタワーオブテラー
b0184396_136367.jpg

なぜか目がきらきらなばあば
(最近人の顔らしいものが描けるようになりました)

楽しい時間も、気づけば10:00!
坊はもう限界の時間なので、部屋に戻って寝ましょう。
Pはひとりでカクテルタイムを満喫。

ふたりで泡風呂を楽しんだあと、坊はベットインした途端パタリと寝入りましたzzz
おやすみ~
by x7nanax | 2009-07-22 01:40 | 09.7月TDR旅行 | Trackback | Comments(0)