ご無沙汰しすぎました><

旅行記進める前に、
友人カポーがディズニーリゾートへ行くらしく、
便乗して、私も“カップルdeディズニー”妄想トリップでも
してみようかと思います。

とりあえず、後で編集するので
思いつくままにだーっと書いてみます。

【カップルで行くディズニー旅でしたいことリスト(妄想含む)①】
日程はできれば2泊3日で、ゆったりお泊まりディズニー
三連休は激混みなので
金曜夕方から日曜という普通の土日のが良かったり。
夜に入園すると、異次元突入感が倍増(→過去記事 http://x7nanax.exblog.jp/21323817/)

□ホテルはできればミラコスタ。ディズニーホテル。難しかったらオフィシャルでも。
京葉線乗っちゃうと、いっきに現実モードになっちゃうから。。。
ホテルの話はまた改めて。

□パークやホテルのラウンジでお酒を、カフェでお茶を優雅に楽しみながら
世界観のある空間や景色を味わい、ロマンティックな語らいの真似事をしてみる。
かわいいカクテルにキャーキャー言ったり。
072.gifテディルーズベルトラウンジ(シー)は居心地抜群。隠れ家っぽいし
b0184396_00473333.jpg
▲まるお、あまりの椅子の心地よさにガン寝

b0184396_00525443.jpg
▲テディが支えるバーカウンター。重厚なのに可愛い


072.gif マゼランズラウンジ(シー)も私は好き。男子は好きな空間だと思うけどどうだろう。
科学と歴史。男のロマン的な。

b0184396_00592963.jpg
▲白雪姫っていう名前のカクテル。おとめー!
072.gifシーのケープコットクックオフとか、ランドのプラザパビリオンとか、
ランドのカフェオーリンズとか
外の景色見ながらオープンテラスで軽食やお茶するってのもすてき。
特に、温かい季節の夜風に吹かれながらが最高

□ランドのブルーバイユーレストラン(PSできるよ)で
川辺のペア席に座り、アトラクションの一部になる。
ペアじゃないと、川辺って座れないよね?
(これは子どものころからの憧れ)

夕暮れ時、シーのカナレットのテラス席でゴンドラ眺めながらディナー
もちろんスパークリングワインで乾杯 
そして、ほろよい加減で夜のゴンドラの旅

 
お揃いのファンキャップをかぶるか、Tシャツ着て
とことんその場の雰囲気とペアルック(古ッ!)を楽しむ
(理想はドナルドとデイジー。なんか色合いがかわいいから)
b0184396_02021722.jpg
□ランドのオムニバス、シーのビッグシティヴィーグル、トランジットスチーマーラインなど
まったりアトラクションを味わう。(なんか、大人の余裕って感じで)

□ふたりでアホ写真撮りまくって、絆を深める?
b0184396_01350811.jpg

b0184396_01352591.jpg
絶叫系(特にシーのタワーオブテラー、センターオブジアースで不気味な方がなおよい)で
バクバク感とドキドキ感を感じる

□お祭りデートみたいに、ゲームをしたりする
b0184396_01470712.jpg
雰囲気のある通りや小道をブラブラする
b0184396_01521416.jpg


□ファンタズミックとエレクトリカルパレードはマスト。
夜のショーはやはり迫力満点。
この日の楽しかったことを振り返りながら…

【カップルで行くディズニー旅、気にしておきたいこと】
□よほどのディズニー好きでない場合、酷暑、極寒はやはり避けた方がよいかも

□一緒にいるだけで幸せすぎるという段階でなければ、
長い時間並ぶのは極力避けたい。
でも、朝だけは頑張って! できれば開園時間前に並ぼうぜ。
朝の動きでその後のスケジュールが決まるから

□アトラクション制覇とかショーを見まくるとかガンガン遊ぶというよりは、
ふたりのやりたいことに優先順位を付けて、
世界観を楽しむみたいなのがよいかも

□1日1回はゆったり座ったお食事すると満足感が違う気がする。
プライオリティシーティングできるレストランで
あらかじめ席をキープしておこう。ネットで事前予約できるよ★
 (http://www.tokyodisneyresort.jp/reservation/ps/)

□ファストパスがなく、ある程度待ち時間が出そうなら
何分までなら並ぶか目安をあらかじめ決めておくといいかも

【私のスケジューリング】
①絶対見たいショーやパレードのスケジュールを確認。

②のりたいアトラクションを決めて、優先順位つける

③朝一のスケジュールだけ細かく立てとく。
□最初と2番目にファストパス取るアトラクション
□最初と2番目にスタンバイするアトラクション
くらいだけでも決めておくといいかな
(待ち時間など参考に→http://www15.plala.or.jp/gcap/disney/realtime.htm)

④プライオリティシーティングする食事場所と時間帯を決める

上記を骨格に、あとはその時の気分で★

とりあえず力尽きたので、また今度!
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
# by x7nanax | 2015-04-04 02:04 | 旅の計画 | Trackback | Comments(2)

【2日目(12/23)その6】

ポンテヴェッキオを通り抜け、
ドゥオモ目指して
Via Por Santa Maria、Calimara通りを
まっすぐ進むと
路上アートに出くわした。

b0184396_21284245.jpg
完成しても翌日には消されてしまうという
はかない芸術。
クリスマスが近いからサンタさん。
ちょっとアメリカンな感じが
せっかくのフィレンツェのいる感じと
あまり繋がらないけど、
街にアートが息づいているのを見ると
なんだかうれしくなる。

「すごーい!」ふたりして声を上げる。
まるおも今まさに目の前で描かれるアートを
いきいきとした表情で見ています
(「サンタさん、俺に、妖怪ウォッチの
3DSのカセットください」
すかさず、お祈りしていたという噂もある・汗)

思わずふたりで1ユーロコインだけ、
ボックスに入れて
心の中でアーティストさんに
「がんばってね」とつぶやいた。

さらに進むと、左手にはレプブリッカ広場。
ここは何度もネットで目にしていたので
お馴染みの回転木馬を見て、
ミーハー心がうずいた。
b0184396_21325015.jpg
回転木馬には明かりがともり、キラキラ回ってる。
ジャズの生演奏をしているバンドの人や
シャボン玉おじさんの周りを、
子どもたちがシャボン玉追いかけて走り回っている。

もちろん、でっかいお子様・まるおも参加。
最近かっこつけるようになったけど
やっぱり子どもだ……。どうしようもないくらいはしゃいでいる…
b0184396_21521089.jpg
ジャズ風にアレンジされたクリスマスソングの演奏や
このざわめき、雰囲気を記録しておきたくて
動画も撮ったのだけれど、
まるおがカメラの前に立ちはだかって
マジックしてるところをアピールしようと
うるさくて、台無しに……でもそれも、いい思い出(涙


広場を堪能して、
さあ、暗くなる前にドゥオモにご対面しておこう!

通りを進むと、
洗礼堂らしきものが見え(残念ながら修復中)、

おおおおお!

でーん

っと見えたのは
噂のジョットの鐘楼だ。

そして、クーポラも見えた!
b0184396_22415744.jpg
わー、
ドゥオモ!

おおーきーいー!
けど、優雅で繊細。

見る角度によって、いろんな印象を与えてくれる。
ファサードもクーポラも。
b0184396_22442173.jpg
b0184396_22482374.jpg
深緑と薄桃色、そして白の大理石の色合いが
なんとも上品で、
まさに優美なフィレンツェという街を
体現しているような姿!
(ボッティチェルリの絵みたいだ)

b0184396_22405654.jpg
まるおは、ごそごそとバッグから
マイカメラを取りだして、必死で撮影。
カメラを向けると調子こいた顔してピース。
何を撮っているかというと…


b0184396_22484814.jpg
ドゥオモのファサード前に置かれたプレゼビオ。
キリスト誕生の瞬間を再現したもののようです。
これはドゥオモに限らずあらゆる教会で見られました。
これを見比べるのもなかなか面白かった。

まだ、飼い葉桶の中にはあかちゃんイエス様はおりませんが、
25日の誕生日に登場するそう。
b0184396_22420534.jpg
さて、あらゆる角度からドゥオモを見ましょう。
建物は十字架の形なんですね、教会って。
昔何かで読んで知っていたけれど、
こうして見て実感するのが面白い。

全長138m、幅38m。
巨大な全体像をおさめるのはなかなか難しい。

b0184396_22402475.jpg
再びドゥオモ前の広場にて。
大きなクリスマスツリーの
オーナメントは赤いゆり。フィレンツェの象徴だ。
おとなっぽくてクラシカルで、シンプルで素敵。

b0184396_22460550.jpg
空がどんどん暗くなってきて
紫色の空と、ドゥオモのコントラストがなんだか幻想的。


b0184396_22462997.jpg
ふるーい建物の窓にも明かりがともる。

どんなお宅?お店?オフィス?

絵が飾られた室内の様子も気になってしまう…

違う時代の人でもいるのではないか…と妄想するのも楽しい。

壁には紋章がある。

小さな窓は時代の古い物かな?(by塩野先生)

b0184396_22464800.jpg
ここは、ドゥオモ広場に面した『ピガッロのロッジア』。
フィレンツェの建物の中で
私が最もひかれた建物です。

なんだか頼りないように思えるほどの
繊細な印象と
古びた感じがとても素敵で
そこからこぼれる光が、
ここだけ異空間といった感じにしていました。

アルベルト・アルノルディによって
1352年から58年に建てられたそうで、
元来、捨て子や迷い子のための施設だったそう!
前世の話 を思わず思い出してしまった……)

現在はよくわかりませんが
当時のフィレンツェの様子がわかる絵が
保存されていると
手元の古いガイドブックには書かれています…

建物には、たしか
「インフォメーション」と表示があり
地球の歩き方にも
「i」マークがついていました。

思い切って訪ねてみれば良かった!!
そして、もっともっと
じっくりとこの建物を観察すればよかった!

読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
# by x7nanax | 2015-03-12 22:51 | 14.12伊トスカーナ母子旅 | Trackback | Comments(2)