<   2013年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

10月14日(月)その1

タイムスケジュールはこちらをご覧ください

昨夜はほぼ閉園時間ぎりぎりまで遊び、
ホテルへと戻りました。
舞浜にいる間は不思議と夢の世界ですが
京葉線に乗った途端、いっきに現実の世界に。
ホテルの敷地内にあるローソンで朝ごはん用に
おにぎりを購入しましたが、
ついつい夜食に食べちゃいました。
それがめちゃおいしく感じた。
まるおは、お風呂に入らず寝てしまいました。

今日は6:30にはお部屋を出て、
舞浜へと向かいます。

まずはミラコスタにて荷物を預けます。
夏に来たときは、中に入る前に
外にいたベルボーイさんが荷物を預かってくれたのですが、
今回はすごく混んでいたせいか
ベルデスクに並びます。
すでに10人以上並んでいて、焦りましたが
結局10分もしないうちに荷物は預けられ、
いよいよ、ホテル宿泊者専用エントランスへ。

b0184396_22351680.jpg

▲リゾートライナーはハピネス号。意外にこの時間空いていた
▲7:20くらいのミラコスタ宿泊者エントランスの列。折り返しておりました

朝の動きですが、
トイマニにスタンバイするか、
ファストパスを取るか悩みましたが、
このような激混み日は、夜になってもアトラクが空かないので、
朝のうちにできるだけ乗っておこうと、
ファストパスを取って、他のアトラクも周れるようにしました。
(トイマニでは、スタンバイしながら、
入口付近で待機し、ファストパスを取る連れと合流できるらしいのですが
うちは1年生と母のふたりなので、それは無理かな…と)

8時15分前、いよいよゲートオープン。
b0184396_2281165.jpg

b0184396_2283995.jpg

この甲冑、素敵~。こういう演出好み☆

朝のニューヨーク。みんなトイマニへ向かってます。
b0184396_22225126.jpg


我々はトイマニのファストパス列に並びます。
b0184396_22231843.jpg

▲ちょうど人の頭が重なって、歯がかけて見えるウッディ(笑)

列はスイスイと進み、
8:05には次なるアトラクへと迎えました。
ゲットしたのは、9:20~10:20のファストパス。

警笛の音が聞こえる方へと移動し、
レールウェイに乗って、ポートディスカバリーへ!
b0184396_22234118.jpg

▲み、見事な蜘蛛の巣が!

ファストパスがないのに
いつも混んでいるアクアトピア
朝の空いているうちに乗っておきましょう。
b0184396_2235253.jpg

▲わお、気持ちよいほどスイスイ進む

b0184396_2224355.jpg

▲アクアトピア付近から望むプロメテウス火山

続いて、マーメイドラグーンを目指します。
ミステリアスアイランドへ続くこのトンネルも額縁効果あり。
ここを抜けると時間も場所も変わるという演出ですかね☆
b0184396_22243588.jpg


これまた、ファストパスがないのに混んでいて
まるおが大好きなフライングフィッシュのコースターへ。
しかも連続2回乗りです。

比較的すいてますが、
ついでに、スカットルのスクーター
まるおおひとり様乗車にご満悦。
b0184396_22354621.jpg


この後は、ショーが続いて乗れなくなってしまう
ゴンドラに向かってメディテレーニアンハーバーを目指しました。
シーの景色を堪能できる
まるおも私も大好きな、トランジットスチーマーに乗って♪
b0184396_22371057.jpg

▲ハロウィン装飾がほどこされてます

そしたら、偶然!
保育所時代のお友達とご家族に遭遇☆
うれしくて母は下船した後記念写真撮ったり、
アドレス交換したりしていたのですが
子どもたちは照れて、まともにお話もせず(汗

またどこかで会いましょう!とお別れしました。
(やっぱり秋の三連休はみんな集まるんだなあ。)

さてさて、ゴンドラに到着しましたらば
「ショーの準備のため、休止しまーす。
9:?頃再会しますが、大変短い時間になります」と
ゴンドリエさんが大きな声で伝えていたので、

ガックリしつつ、
せっかくこちらに来たから…と
ビリエッテリアにて
ビッグバンドザビートの抽選をば。

これ前回、全て外したので
今回こそは!と
かなり意気込んでいたのですが


な、なんと…

外れました…


なんか、ちょっぴり心が折れそうになった(笑)


このあたり、まるおが
ちょっと不機嫌になって
バトったのですが、原因思い出せず……

気を取り直して、
久々にジェラートを食べることにします。
b0184396_2236918.jpg


あまりに暑い日だと、
ダラダラ零れ落ちそうで
夏に来たときは避けていたのですが

からっと晴れているこの日は
とても食べやすく、美味しくいただきました~
b0184396_223641.jpg

▲私はいつものキャラメルクランチ、まるおはチョコレート

濃厚だけど、口当たりがよくて美味しいーッemoticon-0171-star.gif

美味しいものを食べて
気持ちも前向きになり(?)
次の行動を考えます。

もうトイマニのファストパスの時間が来ていたので
次のファストパスを取りに行こうかと思ったのですが、
ビビりなまるおがOKなアトラクが
マジックランプシアターと二万マイルくらいだったので

またそちらに行くとちょっと時間もかかるし、
とりあえず先にトイマニに乗ることにしました。

b0184396_2237475.jpg

ゲームする場所は、ウッディのベッドの下の世界だそうですね!

今回の我々のスコアはコレ↓だいたいいつもこのレベルですよ……
b0184396_22382250.jpg


ああ、でもやっぱり楽しいです!コレ。
もっと空くといいですよね……。





読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-10-25 17:57 | 13.10月TDR旅行 | Trackback | Comments(2)

10/13(日)その2
タイムスケジュールはこちらをご覧ください

はあ、やっと入園。
今から冒険に行くのねーー!という気持ちを高めるこの通り。
しかも天井に、映像が映し出されていて
紫の明かりが幻想的でうっとり。
b0184396_21303617.jpg


アーチを描く入口が
景色を縁取るように演出。
この効果、素敵です。
今度シーでこの縁取りポイントを
たくさん探してみたいです。
ちなみに今回見つけた縁取りポイント↓
(冒険心をあおる効果あり)
b0184396_21312079.jpg


夜からインすると、
より異次元効果抜群ですね!
暗さが、虚構な感じを抑えて
この非現実的な光景がリアルに見えます☆

かぼちゃな電燈。
b0184396_21293530.jpg


さて、限られた時間、どう過ごそうかなー
まるおと相談しながら、歩きます。

まるおはトランジットスチーマーを希望。
アメリカンウォーターフロントへと向かいます。
対して待ち時間もなさそうだったので
行ってみると、なんとロストリバーデルタへの
片道運行とのこと。

ということでトランジットスチーマーはいったんあきらめて、
ファンタズミックの場所をキープすることにしました。
b0184396_21513522.jpg

途中、アメリカンウォーターフロントの夜景。
シーは水にうつりこむ明かりがまた素敵です。

ショーが大好きなまるおは、
はやる気持ちを抑えらえない模様。
前回来た時と同じポンテベッキオの下の
広場に来てみました。

まるおはキッズエリアで観るのが
お好みなのですが、
(母の縛りから解放されるから)
今日はメディテレーニアンハーバーのトランジットスチーマーの
停泊所付近がキッズエリアらしく
私とひともめしつつ、
今回はこの場所で譲歩してくれました。
b0184396_21322524.jpg


まだショーまで一時間半くらいあるので
その間に、ポートディスカバリーまで行き、
夜食のミートパイとアプリコットメイプルシロップパイとコーラを調達。
(どちらも300円ほど)
b0184396_21574869.jpg


ミートパイはまるおのお気に入り。
私はちょっと冒険して
アプリコットの方にしてみましたが
加工した果物が苦手な私には
ねっとりとした触感がダメでした。
まるおにミートパイを少しもらい、満足……。
「ママもミートパイにすればよかったじゃん」と言われながら。
まるで子供のようだ……(汗)

待ち時間はけっこうありますが、
この景色を見ながらなので、
夜風に吹かれながら、それさえも楽しい感じがします。
交代でトイレに行ったり、
ちょっと居眠りしたりして、いよいよファンタズミックスタート
今回は前回よりも一段低い場所だったので
若干観にくくはありますが、
それでも迫力満点!
やはりショーは直で観るのが一番ですね☆
b0184396_21305272.jpg

ちょっと残念なのは、
鏡の中が観れないところ。
鏡の中に浮かぶ、鏡の精が
不気味で好きなんです。

ということで、ファンタズミックを堪能した後は
アラビアン方面を目指します。
ここの夜景素敵だし、
他のエリアよりもアトラクションの待ち時間も
少なそうなので、行ってみることにしました。

b0184396_2132549.jpg

ポートディスカバリーの入口で、
光の演出と戯れるまるお。

b0184396_2137073.jpg

ポートディスカバリーからロストリバーデルタに
さしかかるあたりで
花火が見られました。

ロストリバーデルタのハロウィン装飾が、シュールで面白い。
スケルトンがかわいく見えてしまう。。。
b0184396_21305985.jpg


ロストリバーデルタの
橋から眺めるアラビアンコーストがとっても素敵です↓(左上)
アラビアの幻想世界に突入!
b0184396_2131716.jpg


まずは10分待ちの
シンドバッド
b0184396_21373412.jpg

アラビアの夜景の中から入りこむと、
この世界に本当にもぐりこんでしまったようで
いつもより、アトラクションにワクワクできます。

ゲームにチャレンジするも
残念!ピンバッチ☆
(ドナルドほしかったそうです)
b0184396_21361668.jpg


続いて、フライングカーペットに乗って、
キャラバンカルーセルへ。
b0184396_22174884.jpg

上部に千夜一夜物語に出てきそうな
絵画があったのに気づきました。
やはり、ここも夜がいいな。
夢の中の回転木馬みたいです。
(ちょっと狂気も感じるような?)

アラビアの世界は
照明が凝っていて、
これをみるのも楽しいです。
b0184396_21311449.jpg

光が描くアラベスクにうっとりですよ!

と、ひとしきりあそんで、
閉演時間が近づいたので
パークアウトします。

夜から始めるパークは
夢の中のようでした~emoticon-0152-heart.gif


読んでいただきありがとうございますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-10-21 22:27 | 13.10月TDR旅行 | Trackback | Comments(2)

10/13(日)その1
タイムスケジュールはこちらをご覧ください

ディズニーシーのハーバーショー
レジェンド・オブ・ミシカが好きな私とまるお。
b0184396_21534938.jpg


来年終わってしまうので、
できるだけ行って観よう!と
まるおの秋休みのある10月三連休~
ハロウィンインを予定していました。

その後仕事のスケジュールが入って、
非常に忙しいタイミングでしたが、
宿泊予約もして余裕をこいていたところ
ミラコスタのキャンセル料金がかかるタイミングになってしまったので、
ギリギリまで迷いつつ、
仕事道具を持って、旅立つことに!

しかし、13日(日)、連休中日は前売り券完売。
前日に気づきました…(迷っていたので完全に出遅れた)
入園前に到着していれば、
チケットは買えるらしいのですが、
始発でも間に合わない……。
ミラコスタであれば、
入園保証があるけれど
1泊目がディズニーホテルでもオフィシャルホテルでもないので、それも無理。

ということで、入場制限が解除されるらしい
17:00より前の15:00くらいを目指して
旅立ちましたーーー!

自宅から駅までのバスが激混みで、
えきねっとで予約した新幹線チケットの時間を変更。
b0184396_21435867.jpg

えきでパンやお寿司を購入して、乗り込みます。
まるお、大興奮♪
興奮しすぎて、挙動不審になり
何度も私に叱られて、でも笑いが止まらない様子。。。
b0184396_2146117.jpg


パークでいろいろ食べよう!と
あえて、あまりたくさん食べないようにしておきました(これでもです…)

さて、まずはいったんホテルへ。
今回も、前回に引き続き
我々が泊まったのは、
APA HOTELアパホテル東京潮見
京葉線の潮見駅から徒歩2、3分程度で
東京からも、舞浜からもアクセス抜群。
とってもリーズナブルです。

連休ということで
今回、ホテルがどこも非常に高い!
オフィシャルなんて5,6万がふつうで、
お部屋によってはディズニーホテルの方が安いのでは!?という感じでした。

そんな中、このホテルは
13日の宿泊が1泊2名1万円ちょっとで取れたので、助かりました~。(いつもはもっと安い)
ただ、直前はちょっと値上がり。
b0184396_227573.jpg


お部屋はセミダブル。
え!?シングルじゃないの?
というくらい、せまーいです(笑)
でもまるおと私ふたりなら、十分なベッドとお部屋の広さ。

狭いながらも(しつこい)
とても機能的で、
空気清浄器かな?や除菌・消臭スプレー?なども用意されており、
wifiも使えます。
しかも大浴場があるので、
ゆったりお風呂に入れます。

うちはまるおが1年生で
ふたりで女湯に入るのも気が引けるし、
ひとりで男湯に入れるのも、怖いし
ということで一度も利用してません。
でも、パークで疲れた時など気持ちいいでしょうね!
(まるおは、お風呂行きたい行きたいと大騒ぎでした…
もっと落ち着いた子になったらだよ!)

ちょっと早くホテルに到着しましたが
15:00より少し前に
チェックインができました。
お部屋で休んだり、仕事したりして、
15:30頃舞浜へ行ってみることにしました。

まるおは、今日パークに行けると思ってなかったので
とっても喜んでました。


舞浜駅の前では、パークのキャストさんが
「ランドは18:00、シーは17:00から入園できる」旨を伝えています。
しかし、シーは確定だそうですが
ランドは18:00もまだ確定された時間ではないとのこと。。。

我々、今日はシーへ行くことに決めました。
その前に、新幹線で食べたお昼が全然足りず、
イクスピアリで何か食べることに。

どこもとても混んでいたので、
とりあえずはフードコートへ。
私は江戸屋(下町もっちり焼きそば)で
焼きそばを。
目の前の鉄板で作ってくれます。
名前の通り、麺が太くてもちもち、
いかが入っているのは、魚介類好きにはうれしい。
ソースは甘め。なかなかおいしかったです。
b0184396_22194633.jpg

まるおは、讃岐玉藻製麺(讃岐うどん)の
ぶっかけうどん+玉子(揚げたゆで卵)を頼みましたが、
お昼けっこう食べたせいか、
半分残してしまいました…
というか、早くパークへ行きたくてそわそわしてました(笑)
b0184396_22425184.jpg



さあて、いよいよパークへ行きまーす。
リゾートライナーの社内から
チケット売り場に並ぶ行列が見えました。。。
すごいっ、やっぱ並んでますね!
b0184396_22365078.jpg



負けず劣らず、シーもすごい列。
b0184396_22372264.jpg


結局1時間ほど並びまして、
18:00過ぎにパークに入りました。

並ぶ時間が長いと近くの人の会話もついつい耳に入ってきてしまうのですが、
(下世話ですみません~)
後ろのカップルの男子が、すごい勢いで
女子のファッションチェックをして、ぶった切っておりまして
彼女の方は、必死に自分のファッションが
彼の好みであることをアピールしておりました…。
が、がんばれ…

ということで、ハロウィン模様のシーへ!
b0184396_224340100.jpg

夜にインすると、幻想的で
本当に別世界に入り込むようで
よりワクワクします。特にハロウィンは
ちょっぴりおどろおどろしい感じとシーの雰囲気が
マッチしてなんだかロマンチック☆



読んでいただきありがとうございますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-10-18 22:54 | 13.10月TDR旅行 | Trackback | Comments(2)

b0184396_1891752.jpg

b0184396_1892389.jpg

b0184396_1893146.jpg

b0184396_1894291.jpg


予定より遅い
6:15起床。

ホテルでゆっくりしたかったけど
台風の予報があったので
勝負は午前中!と
準備して、7:15頃にお部屋を出ました。

急きょ、この日の宿はキャンセル。
(翌日朝に帰宅予定でしたが)

空はあいにくの曇り。
いつまで持つかなー


emoticon-0158-time.gif7:30
ランドのディズニーホテルエントランスに並ぶ

emoticon-0158-time.gif8:00
ランドイン
emoticon-0155-flower.gifスプラッシュマウンテンのFPゲット
8:40~9:40のです
emoticon-0155-flower.gifビッグサンダーマウンテン(5分待ち)
emoticon-0155-flower.gifホーンテッドマンション(13分待ち・実質待ちなし)

emoticon-0158-time.gif8:35
emoticon-0155-flower.gifロジャーラビットのカートゥースピン(10分待ち・実質待ちなし)
emoticon-0155-flower.gifガジェットのゴーコースター(5分待ち・実質10分待ち)

emoticon-0158-time.gif9:00
emoticon-0155-flower.gifバズのファストパスゲット(13:00~14:00?)
emoticon-0155-flower.gifスプラッシュ(FPで)

emoticon-0158-time.gif9:40
ハロウィンパレードシーティング
emoticon-0166-cake.gifパンプキンチュロス購入

emoticon-0158-time.gif10:45
ハロウィンパレード鑑賞
※雨がぽつぽつ

emoticon-0158-time.gif11:00
emoticon-0155-flower.gifカヌー(10分待ち)
emoticon-0155-flower.gifスターツアーズのファストパスゲット(12:55~13:55)
アメがザーザー

emoticon-0158-time.gif11:45
ポリネシアンレストランでランチ

emoticon-0158-time.gif13:00
emoticon-0155-flower.gifスターツアーズ(FPで)
emoticon-0155-flower.gifスターツアーズFPゲット(17:00~18:00)
emoticon-0155-flower.gifワンマンズ抽選はずれ
emoticon-0155-flower.gifバズ(FPで)

emoticon-0158-time.gif14:00?
emoticon-0155-flower.gifカリブの海賊(25分待ち)
ちょっと買い物タイム
emoticon-0158-time.gifフィルハーマジック(35分待ち)
ちょっと買い物タイム

emoticon-0158-time.gif16:45
emoticon-0166-cake.gifクリスタルパレスレストランに並ぶ(15分)

emoticon-0158-time.gif18:00
emoticon-0155-flower.gifスターツアーズ(FPで)

シーへ!
emoticon-0158-time.gif18:45
シーンイン
emoticon-0155-flower.gifビッグバンドビート
買い物タイム

emoticon-0158-time.gif20:00
パークアウト
新幹線乗り遅れる……

台風の予報があったとはいえ、
ランドは私たちがいた18:00頃まで
混んでいました。
(16:00くらいまでかな?)

午後雨が降ったら空くかなーと思っていたので
ちょっと誤算^^;

雨は辛かったけど
抽選で外れた
ビックバンドビートが見られたり
クリスタルパレスレストランで30周年メニューを食したりできたので、
ありがたかったです。


ちょっと悔やむのは
魅力的なハロウィンのおやつを
あまり食べられなかったこと。
(ブッフェではいろいろ楽しみましたが)
ポップコーンでさえも
かなり並ばないと買えないので、
どうしても、がっとたくさん食べられるレストランに入ったほうが
いいかなと思ってしまったものでして。

帰宅して、怒涛の仕事が待っています。
ちょっとでもこの3日間を振り返って、
現実逃避……emoticon-0141-whew.gif



読んでいただきありがとうございますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村8:00
by x7nanax | 2013-10-16 18:50 | 13.10月TDR旅行 | Trackback | Comments(2)

2013.10.14TDR旅の覚え書き

b0184396_22563133.jpg
b0184396_22563312.jpg
b0184396_22563474.jpg
b0184396_22563527.jpg
b0184396_22563653.jpg
b0184396_22563794.jpg
b0184396_22564097.jpg
b0184396_22564218.jpg
b0184396_22564359.jpg
二日目は再びシーですemoticon-0160-movie.gif

emoticon-0158-time.gif6:50
舞浜着
emoticon-0158-time.gif7:20
ミラコスタに荷物預けて
ホテル専用エントランス並ぶ

emoticon-0158-time.gif7:45
emoticon-0155-flower.gifインしてトイマニファストパス
激混みなのに、以前より早くゲット
9:20〜10:20

emoticon-0155-flower.gif8:05
emoticon-0155-flower.gifアクアトピア(待ちなし)
emoticon-0155-flower.gifフライングフィッシュのコースター 待ちなしで二連続
emoticon-0155-flower.gifスカットル
待ちなし
emoticon-0155-flower.gifトランジットスチーマー
待ちなし
保育所の友人に再会
emoticon-0155-flower.gifビッグバンドザビート外れ
emoticon-0166-cake.gifジェラート
emoticon-0158-time.gif9:20
emoticon-0155-flower.gifトイマニ、ファストパスで
emoticon-0155-flower.gifマジックランプシアターファストパス 10:40〜
emoticon-0155-flower.gifゲーム 15分待ち
emoticon-0155-flower.gifシンドバッド(5分待ち)
emoticon-0155-flower.gifマジックランプシアター ファストパスで
emoticon-0158-time.gif11:40
emoticon-0166-cake.gifオチェアーノブッフェ

emoticon-0158-time.gif13:05
emoticon-0155-flower.gif海底二万マイルファストパス
17:20〜18:20
emoticon-0155-flower.gifミシカ待ち
emoticon-0155-flower.gifミシカ
そのままシーティング
emoticon-0158-time.gif16:20
emoticon-0155-flower.gifハロウィンのショー

emoticon-0158-time.gif17:00
チェックイン

emoticon-0158-time.gif18:20
emoticon-0155-flower.gif海底二万マイルファストパスで
emoticon-0155-flower.gifフォートレスエキスプロレーションで遊ぶ

emoticon-0158-time.gif19:00
emoticon-0155-flower.gifマーメイドラグーンシアター

emoticon-0166-cake.gifチュロス購入

emoticon-0158-time.gif20:00
emoticon-0155-flower.gif部屋でファンタズミック

emoticon-0166-cake.gifヴォルケイニアでディナー
emoticon-0158-time.gif21:20
emoticon-0155-flower.gifキャラバンカルーセル(五分待ち)

emoticon-0158-time.gif10:10
まるお就寝emoticon-0136-giggle.gif

今日も両パークで、
入場制限あり!
やはり朝が肝でした。
日中のハーバーショー最優先でしたが、
激混みの日はアトラク並ぶより
よかったかも。
ただ、最低一時間半は待たないと
ダメでしたemoticon-0141-whew.gif

まるおはクラスメートにも会いましたよ〜。

今日はまるお凄く悪い子で
久々に大変でした!
1年生は手ごわい。

これからミラコスタのお部屋で仕事(ー_ー)!!
まだ外はイタリアンなBGMが流れてます。
このわくわく感あふれる雰囲気も好きだし、
何も音がなくなった静寂の雰囲気も好きです。
眠いけど、外の景色を励みに頑張ろう。。。


by x7nanax | 2013-10-14 23:12 | 13.10月TDR旅行 | Trackback | Comments(0)

b0184396_23303898.jpg
b0184396_23303934.jpg
b0184396_23304280.jpg
b0184396_23304312.jpg
b0184396_23304492.jpg
やらなきゃならないことを
見ないふりして、ハロウィンイン
してしまいました。
また改めて振り返るとして、、、

激混み連休中日に途中より参戦の記録emoticon-0160-movie.gif

emoticon-0158-time.gif16:00頃
諸事情でギリギリまで行くのを悩んでいたら、前売りチケット完売。
入場制限にて、入れる保証なく
とりあえず舞浜着。
イクスピアリで早いディナー?

emoticon-0158-time.gif16:55
シー到着。チケット購入に並び、
約一時間でやっと入場。
emoticon-0158-time.gif18:00
ミートパイ、アプリコットパイなど
おやつ購入。
アプリコット苦手。果肉が。。。
emoticon-0158-time.gif18:10
ファンタズミックならぶ

emoticon-0158-time.gif20:00
ファンタズミック

emoticon-0158-time.gif20:30
花火観ながら、アラビアンコーストへ。
emoticon-0155-flower.gifシンドバッド(五分待ち)
emoticon-0155-flower.gifゲーム(約五分待ち)
emoticon-0155-flower.gifキャラバンカルーセル(十分待ち)
emoticon-0155-flower.gifフライングカーペット(二十分待ち)

で10時にアウトしました。
ファンタズミックメインですemoticon-0100-smile.gif

ちなみに、ランドは
4時の時点で6時から入場制限解除のようでしたが、確定してないとのこと。
やはりハロウィン連休激混みでしたemoticon-0141-whew.gif

アラビアンコーストの照明が非常にキレイでしたemoticon-0171-star.gif

by x7nanax | 2013-10-13 23:06 | 13.10月TDR旅行 | Trackback | Comments(0)

なんだか、正太郎先生とともに旅した気分です。

テレビの鬼平犯科帳は一番好きな時代劇でしたが、
実は彼の本は読んでいなくて。

でも深いファンが多いと聞くので、
こんなすごい先生が書いた旅行記は
素晴らしいんだろうな~と
とても期待して読んだのですが、


あるシネマディクトの旅 (文春文庫)

池波 正太郎 / 文藝春秋




私にとっては

非常に面白かったですemoticon-0171-star.gif

正太郎先生の3つのフランスへの旅が描かれています。
(最初は仕事がらみで訪れたようですが、
気に入ったこの地を
忙しい仕事をなんとか調整して
プライベートでも訪れているようです)

最初
 パリ、マルセイユ、ニース、リヨン、再びパリ、ノルマンディ、バルビゾン、ヴェルサイユ
続編
 パリ、バルビゾン、ヌムール、ブルゴーニュ、プロヴァンス、アルル、ニース、マルセイユ、マドリッド、トレド、 グラナダ、レ・ゼジー、ロアンヌ、パリ
新編
 パリ、オンゼン、ロワール河沿い、ブルターニュ、ノルマンディ、パリ

「シネマディクト」とありますが、
正太郎先生、大のフランス映画好きということで
随所にフランス映画の
シーンが表現されています。

彼の目を通して
描かれるふとした出来事や風景
通りがかった人が
まるで映画の中のワンシーンみたいに
そして登場人物のように見えてきます。


印象的な内容がたくさんあって、
どれも記憶に残したく、
こんなに付箋を貼って、マーキング。
b0184396_23293872.jpg



そして
ポリシーというほどではないまでも、
旅への潔い割り切り方も興味深く、
さすが~と感心してしまいます。

どこにいてもテンポを崩さず、

フランス語ができなくても
「なんとかなるものだ」と言いながら、
買い物したり、

ロマネスク建築の白眉だというが、
どうも私は、こういうものに興味がわいてこない。
また、見てもよくわからぬ。
私はただ、のんびりと町を歩いたり、
カフェのテラスで一杯やったりして
時を過ごすのが好きだ

などと言い、
人気スポットなども平気で素通りしたりする。

一方で、歴史状の人物に
こいつは、お人よしだったに違いない」とか
さらりと思いを馳せ、

泊まったホテルの料理は
「あまり旨くない」とぶった切る。
そして
「それもまた、この質朴なホテルらしくてよかった」と
粋なことを言う。

(時折、旅した当時のフランス模様や、
味のある日本語が使われていて、
それまた楽しくて、読み心地がよい)

旅の最初も終わりも
200年前から営業しているパリの居酒屋
BOFが舞台。
表紙のおやっさんはそこの主ではないかと。
b0184396_2239162.jpg

そこのおやっさんに会うことも目的の一つだった先生の旅。

フランス人の顔は、……ことに中年以上の男たちの顔は、
いずれも個性的で、みんな役者にしたいとおもうほどだ

と町の人を観察し、
自分の過去を重ねた給仕の少年に、
日本から持ってきたカレンダーを贈る。

人に興味を持ち、
人と温かく交わっていく正太郎先生の
描く小説が、とても読みたくなりました。

ところどころ挿絵があるのですが、
なんと、これ正太郎先生が描いたようです。
味があって、特に人物の描き方が好きです。
b0184396_23294443.jpg

ちょッとシュールなところに
ヨーロッパを感じました。


読んでいただきありがとうございますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-10-11 23:19 | 夫人の本棚 | Trackback | Comments(0)

5/7その3

これまでのお話(もくじ)

旧市街へ戻ると途中、
塔が見えました。
b0184396_22174390.jpg


大聖堂よりもこじんまり、
でも風格ある佇まいの
教会でした。
サンタ・マリア・ダル・マル教会です。

この教会は、『海のカテドラル』という小説に登場します。
海のカテドラル=この教会です。

この教会はちょっと変わった歴史を持っています。
wiki様のお言葉を拝借しちゃいますと…
ここで驚くべき事実がある。教会建設事業において、港湾関係者やリベラ地区住民といった教区民だけが建設資材の責任を負うと判断されたことである。同時期に建設されていたサンタ・エウラリア大聖堂がアラゴン王家や貴族、高位聖職者と深く結びついていたのとは対照的である。リベラ住民は積極的に建設事業に参加したと見られる。特にバスタイショ(ca)と呼ばれたリベラの荷受労働者たちは、ムンジュイックの王立採石場や、船でバルセロナの浜へ運ばれた巨大な石を、一人一人がその背で運んだのである。

つまり、ここは庶民によって造られた
庶民のための教会ということですよね。

そして、この建設時の物語が
『海のカテドラル』で描かれています。
中世を舞台にしたお話と聞くと
あまり歴史の好きでない方にとっては
敬遠したくなる小説かと思いますが、
これは、そんな方にもぜひおすすめしたい本です。

海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)

イルデフォンソ ファルコネス / 武田ランダムハウスジャパン

スコア:


中世はまだ社会の整備が整っておらず、
もちろん人々の価値観も今とは異なり、
庶民の命は現代と比べて、
まさに虫けらのごとくです。

そんな彼らが、さまざまな思いと祈りを胸に
歯を食いしばって巨石を運んで
積み上げた教会と思うと、
教会の肌に触れてみたくなります。
そして、なんだか涙がでてきます。

と言ってはみたものの、
ここに訪れた後に、この本を読みましたもので、
教会にちょっぴり飽きていた私は
ファサードをみただけで、満足してさっさとここを後にしてしまったのです。。。

も、もったいなー

やはり、歴史は知っておくべきです!!
その方が感動も数倍!

我々にとっては、
迫りくるような古びた建物の間の
小道をうねうね歩くことが
なんだか楽しかったのです。
b0184396_22211518.jpg


なんだろうなあ。
バルセロナって、この旧市街が特にそうなんだけど
なんか影があるような雰囲気なんだよなあ。
海があるし、空も青いのに。
私は、そういう暗さが好みでもあるんですが、
それでいうと、
『風の影』ですかね。(ネタがないので本に逃げる……)

風の影 (上) (集英社文庫)

カルロス・ルイス・サフォン / 集英社


不気味でアンニュイで物悲しい雰囲気を漂わせた
バルセロナの街が舞台の小説ですが
読後感は非常によいです。
(少年の成長物語)
b0184396_22274342.jpg


迷うことも楽しみつつ、
いったん、宿に戻ってシエスタを挟みます。
ここでも、伯爵は
白目剥き出し、爆音のいびきを轟かせ、
睡眠をむさぼっておりました。


再び、宿を抜け出して旧市街へ。
シエスタを楽しみすぎて、
目指したピカソ美術館は
長蛇の列で閉館も近いため諦めました。


夕方になると、
音楽の音が盛んに溢れ出しました。

このおじさんのクラシックのピアノ演奏がとてもすばらしくて
多くの人が彼を囲んで聴き入っています。
b0184396_2313016.jpg


このおじさんの前を
離れようとすると
ベビーカーに乗ったまるおが
もっと聞いていたいと
足をバタバタさせます。

ブラボー!

最後まで聴いて、
小銭を入れさせていただきました。
演奏が終わったら、じっと聴き入っていた
まるおに、おじさんがにっこり。
b0184396_2314022.jpg


最後の夜にすてきな思い出をありがとう、おじさん。

大聖堂の裏手の広場では
バンド演奏。
伯爵は気分良くなったらしく
CDを購入して、彼らとしばしたどたどしい英語で
会話をしてました(笑)
b0184396_2312319.jpg



b0184396_23133871.jpg

コロンブスが女王に謁見したという
広場でしばしのんびり。
b0184396_2314754.jpg



この後は、お土産屋に参りまして、
エスパドリーユの靴とか
スノードームとか
変なキーホルダーとか購入。

その間にベビーカーに乗っていた
まるおの靴が片方脱げて
なくなっておりました(汗
(このまま帰国・笑)

ということで、気づけば日が落ちています。
旧市街の不気味さは
さらに色濃いものとなり、
なんだか我々、非常に怖くなっておりました。

そんな中、
夜ご飯を食べるバルを探しウロウロ。
昼間も若干アンニュイだったけど、
夜の小道には、
地べたに座った怪しげな人々(に見えただけかもしれないけど
お薬やってらっしゃいますか?みたいな人)がいて
まるで、ディズニーランドのぷーさんのハニーハントの
悪夢の世界みたいに
我々に迫ってくるので、

超速で広い通りを目指します。

よさそうなところはみーんな満席だし、
ホテル前の広場は
お値段高いのに、イマイチそうだし、
結果、
先ほどのイマイチそうなところの
数倍もイマイチなお店で最後の晩餐となりました。
(なんというか、変な意味で現代的で
バルというよりもファミレス)

あああ。
子連れ旅。に限らず
やはりある程度
旅慣れない人間は
自分のおいしいセンサーなんて信じず、
事前に調べていくべきだと反省しましたよ!


悲劇?は続くもので、
翌日の帰りの飛行機の中。
b0184396_2320242.jpg


私は上から下から
リバースッ!
しばらくお手洗いにおこもりしたものの

なんと座席でも耐えられずにはいてしまい、
思わず差し出された
伯爵の手のひらが
それ、を受け止めてくれたのです。

ちなみに、まるおは
もだえる母を前に
2歳児ながら、非常にお利口でした。
往きの機内とは別人で。
眉間にしわを寄せて
リバースママをじっと見守ってます。

この体調不良の原因は
あの浜辺で食べた生の貝!
私だけだったので、
体調の影響もあるのかもしれませんが、
ノロウィルスに感染と
成田の救護室で判明。

その瞬間、
先ほど、私の●●を受け止めてくれた
優しき伯爵が、一言。

「やばいじゃん!
俺にうつってないよね!?
「うつってたらどうしよ」
ブツブツブツブツ

や、やはりそう来ましたか!

ということで、飛行機降りてもしばらく
上下フル稼働だった私。
成田のホテルで急きょ
休憩タイムを取りまして、

しばし休んだところ、
スパッと治りました。
帰宅の前に、伯爵ご実家に寄り、
たんまりと日本食をいただき(!?)
旅は終了となったのでございます。


読んでいただきありがとうございますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-10-09 23:27 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(2)

時のみぞ知る(上): クリフトン年代記 第1部 (新潮文庫)

ジェフリー アーチャー / 新潮社




最近、縁のある(もちろん読書の中で)
1900年代前半のヨーロッパ。
第二次世界大戦の足音が間近に迫る
イギリスが舞台。
ブリストルという港町です。

湾岸労働者だった父を亡くし、
同じく湾岸労働者である母方の伯父と
コーヒーショップで働く母が支える
貧しい家庭に育つ主人公の少年ハリーが
ある才能をステップに
自らの環境を変えていく
成長物語であり、
出生の秘密、古典的恋愛悲劇、
まさに小説の王道が詰め込まれている内容です。

どこかで見たことあるような物語ですが
次はどうなるんだろーと
気になって止まらず読みました。

これだけ世の中に
さまざまな本がある中で、
ひとくせ、ふたくせあるものがおもしろいと思ってしまいがちですが、
王道作品の気持ちよさというのを味わった気がします。

主人公ハリーは
本人の努力や人間性、聡明さで
チャンスをものにしていくのですが
彼の知らないところで
実はさまざまな人が彼を支えているという背景があります。

そのメインともなる、廃棄された客車に住む老人
オールド・ジャック・ターは、
貧困を理由にいじめられて、
学校を飛び出し逃げ込んできたハリーにいいます。

「賛否両論を秤にかけなくてはならなくなったら、
秤の一方にフィッシャー(いじめっ子)を置き、
もう一方にバリントンとディーキンズ(親友)を置くことだ。
なぜなら、フィッシャーはあっという間もなく取るに足りない存在になって
消えてしまい、バリントンとディーキンズは終生の友となって残ってくれるに違いないからだ」

押しつけがましくない、叱咤激励のように
彼はこの物語の最後まで
さりげなく、力強くハリーを支えます。

ハリーの母や教師たち、そして友人、
とにかく善意や愛情がたっぷり溢れていて、
清々しいです。
自分の善の部分が反応しているのかしら。
(我が稀少なる善パーツッ!
ブラックモードになると
怪談とか見まくってしまいます。)

そしてハリー自身も清々しい。
頭がいいというよりも
人間として賢いというか。


ただしかし
この物語、思いっきり
「次へ続く」感じで終わっております。

サブタイトルに
『クリフトン年代記第一部』とありますから
少なくとも第三部くらいにはなりそうな予感。

次のが出るのって、遠い未来だよね~
やなパターンだな
と思っていたら、
第二部が本屋に平置きされてましたので
買っちゃいましたー!

死もまた我等なり(上): クリフトン年代記 第2部 (新潮文庫)

ジェフリー アーチャー / 新潮社



このまま王道で行くのか、
裏切られるのか、
どうか飽きさせないで
引っ張っていってもらいたいです~

しかし
王道の感想って難しい。
(率直に言うと、
面白く、気持ちよく読んだ。
でも、感銘を受けるほどではなかった。
以上emoticon-0100-smile.gif

*****
9月中に読んだのはこの本が最後。
小説やら、紀行&教養本やら、
忙しいといいながら、けっこう読みましたね。
(だいたいお風呂か移動中)

改めて
「9月の旅する本」と題してますが、
自分にとって、本は脳内トリップで、
行きたい時代、行きたい場所のものを
手に取ることが多いです。

10月は仕事の年末進行が始まって
バタバタしておりまして、、、
あまり読めなそうだな。
いっぱい読みたいのがあるのにな。




読んでいただきありがとうございますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-10-08 21:34 | 夫人の本棚 | Trackback | Comments(2)

5/7 その2

前回までのお話はこちら(目次)

まずは、旧市街のメイン通り
ランブラス通りに来ました。

ヨーロッパらしい
プラタナスの並木道。
通りソイにはカフェやお土産屋さん。
真ん中は遊歩道になっていて、
大道芸人もたくさんおり、
歩いているだけでも楽しいです。

我々はあたりを見て歩くのと、
スリを警戒して、
写真を撮る余裕がありませんでした^^;

b0184396_21143046.jpg

(だんだん、旅行記適当になってきた…)

途中、
サンジョセップ市場
によって、お店を冷やかしたり、
美味しそうな生ジュースを購入したり。
(氷で冷やされていたものの、
ぬるくて、イマイチでした……)

海の方へ向かうと、
コロンブスの塔がお出まし。
b0184396_2115135.jpg

コロンブスが海に向かって、
行くぞーとでもいうように
指さしております。

青空がまるで大海原のようです。

そこの下を、騎乗警官隊がお通り。
b0184396_2115917.jpg


か、カッコイイ……
白馬もいらっしゃいます。

しばしうっとりと眺めておりましたが、
お腹の虫がうるさいので、
レストランを目指して進みます。

わおー!
なんだかリッチな光景。

そこにいかにも観光客な我々が記念写真。
b0184396_21241286.jpg


この後、目指すレストランへの道は
あまり人影のない
集合住宅街みたいなところを通りました。
(なんだか治安が悪そうで、
我々、またまたビビッて写真皆無……。
このたび、ビビり率70%
そういう意味でいうと、ロンダとかは平和だった)


そして、
バルセロネータと呼ばれる地区にある
海辺のレストラン
can Majoにてランチ。
トリップアドバイザーにもありましたが、
私たちが行った時と、ちょっと様子が違っていて
同じお店なのかな??

さわやかな潮風が吹く抜ける
オープンテラスで
アコーディオンとか
バイオリンとか
生演奏してくれるおじさんたちがいて
とても心地よい場所でした。
確か、日本語メニューもあり
大好きな魚介類をオーダー。
b0184396_21375076.jpg


もちろんそれらも美味しかったけど、
にんにくが効いたトマトが塗られたパン
パン・コン・トマテがすごくおいしくて
ビックリ!
トマトってこんなにおいしかったけ?

さてさて、お腹を満たしたところで、
再び旧市街へ向かいます。

途中、たくさんのオープンテラスが並ぶ
通り沿いで
ふろしきみたいなのに
いんちきブランド物のバッグを並べて売っている
黒人のお兄さんたちがいて、
バイクに乗った警官が来ると、
ふろしきを瞬時にギュッとしばるようにまとめて
背中にかついで逃げていくのを
ゆるーく、警官さんが追いかけるという
シーンを目撃。
(これぞドロボウスタイル。)

売り子のお兄さんたちが
「スタコラサッサ」と逃げていく姿が
ちょっと間抜けで
伯爵と大いに笑いあいました。

ということで、力尽きたので次回に@@;
(本当にてきそうですみません……。)
おほほほほ~!


読んでいただきありがとうございますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-10-07 21:50 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)