<   2013年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ヨーロッパの歴史小説と、
チェーン店のカフェが大好きです。

私にとって
スタバやドトールなどの
チェーン店カフェは第2の仕事場でもあり、
読書に浸る場でもあります。

本当は、おしゃれなカフェにも行きたいけれど、
一杯のコーヒー(厳密に言うとカフェラテ)で
数時間粘りたいので、
気兼ねなく、気配を消せる
チェーン店カフェはすごく居心地がよいです。

 余談でございますが、
 霧島昇とミスコロンビアの「一杯のコーヒーから」という
 曲はとっても素敵です

 

さてこれは昨日のテーブル。
ランチのパスタにカフェラテ。
そして、今月の一冊。
b0184396_223130.jpg

これは今日のテーブル。
b0184396_223616.jpg

読み始めた本はコレ。

幼き子らよ、我がもとへ〈上〉 (創元推理文庫)

ピーター トレメイン / 東京創元社



7世紀のアイルランドという、非常に縁遠い設定の話で、
弁護士でもあり(!)裁判官でもある(!!)美貌の(!!!)修道女「フィデルマ」が主人公の
サスペンスです。

このシリーズ、最近読み始めて、
これは3冊目。

サスペンスとしても楽しめるけど、
それ以上にすごく惹かれているのが
中世初期のアイルランド
驚くほど精神性が高く、
賢者の国というイメージ。
女性が弁護士で裁判官になれるということが
その社会を物語ってますよね。
 
フィデルマ「とにかく、あなたは私にへつらおうとはしなかった。
       これは多分、あなたの長所です。
       でも、私は、自分の能力を知っていますし、
       逆に欠点もよく承知しているつもりです。
       中には、人々が地位に対して払ってくれる尊敬を、
       自分に対する敬意だと錯覚する愚かしい人間もいますけれど。」


か、かっけー、フィデルマ氏。
ということで、
フィデルマという人物(フィクションですが、ありえるフィクションだそうです)を
生んだケルト文化・アイルランドに興味が出てきました。
(魔法とか妖精も好きなので)

行きたいところがまた増えたなあ……060.gif

しばらく、フィデルマ楽しむぞー
by x7nanax | 2013-09-04 22:50 | 夫人の本棚 | Trackback | Comments(0)

【旅6日目】5/12(土)
b0184396_23512628.png


旅もあと残すところ2日。
明日には帰国の途につきます。

緊張の連続の母子ふたり旅。さみしい気持ちと
ちょっとホッとする気持ちと7:3くらい。

さてさて、今日は土曜日だから念願の蚤の市へ!
朝早い方がよいと聞いていたので、
7:30くらいにホテルを出る。

そして毎日通っていたビュシ通りのPAULで
パン・オ・ショコラを購入。

朝ごはんを食べるのに適当な場所を求めて、
サンジェルマンデプレ教会脇の公園に来た。
(ヴァンブへ行くバス停近く)
b0184396_14122712.jpg

ちょっとした遊具があるので、まるおはさっそく
ひと遊び。
ときどき、パン・オ・ショコラ。

私は教会の横顔を見る。
自分がサンジェルマンでプレに今いるということが信じられない気分。
旅先では、気持ちが浮ついていて
自分が確かにここにいるんだよな!?という実感を得るために
たびたび足元の写真を撮ってしまうんだなあ。

もうちょっとまったりしようかと思ったら
なんだか遠目に酒瓶を持ってるおじさんがベンチに座っていらしたので
さっさと口にパンを詰め込んで、バス停に行くことにした(汗)
(ガーン!iphone忘れたと、この時気づく)

そしてそして95番バスに乗り、
一路ヴァンブの蚤の市を目指す。
このたびでは訪れていなかったモンパルナス方面を車窓から楽しみ、
ちょっと閑散としたようなエリアでバスは停車し、
MAPを頼りに蚤の市へ。
お、ズラリと並ぶ露店発見。
まるおとふたりわくわくしながら、ギュッと手を握り合ってウロウロ。

b0184396_14125937.jpg

b0184396_14134785.jpg

屋根付きのこのお姉さんがいるお店は、紙ものが充実。
(かわいい紙の本とか、パリ系の素材集とか
日本人が描くパリの蚤の市グッズ(女子向け)を
絵に描いたようなお店ですよ!

文房具とアンティーク好きの自分、目がハート状態で物色。
紙と小さな缶、瓶を購入。

※蚤の市で使った言葉
「Je peux touche?」触っていいですか?って何回も聞いた

このお店の他、60~70年代のデッドストックのブローチをたくさん扱っている
お店でお土産と自分のブローチを購入。
店主さんは、日本に何度か行ったことがあるそうで、日本語で話しかけてくれた。

ついで、オール5ユーロのお店で、まるおがルフトハンザの小さな飛行機模型を購入。
お姉さんに「KAWAII」と声かけられて、まるおはウハウハ状態だ。
この模型はかなり固い素材でできてまして、寝っ転がってブーンと遊んでいたまるおが
落とした瞬間、
ちょっとだけおでこにささりましたよ……。
血がタラーって


さらに別のお店でスタンプ(ブドウ柄)を購入し、
端っこのお店で、ノベルティっぽいキーホルダーを購入。
パパにはハンドルキーホルダー(これが一番高かった)
私もブック形のキーホルダーをゲットした。

お店めぐりの間に女性ふたり組とちょっとお話ししたりしましたが、
けっこう日本人が多かったです(だいたい同じお店に集中する)。

ということで帰ります。
通りの先にバスがいる!ヤバい!
乗り遅れたら大変!と走って行って乗ろうとすると、
運転手のムッシュがあっちまでと指さしてバスが徐行。

本当にそう言っているか自信がないが、
必死でついていく

バスと並行でスタコラ走る私たち(なんだか漫画みたいな光景だった)。
ムッシュが頑張れと笑顔でこちらを向いており、
なんとか停車した場所で乗車した際には
ムッシュが、「お疲れ!」的な感じで「ぼんじゅー」と言ってくれたような気がした。

b0184396_14172193.jpg

再びサンジェルマン界隈でバスを下車。
すると通りにあふれる
ジャズの音色とクラシックカー!
なんじゃこりゃ~!
あまりにできすぎている!
ジャズミュージシャンがウッドベースとサックス?を演奏していたり、
クラシックカーに群がる人がいたり。
街とイベントの組み合わせが合いすぎて
くらくらしちゃいました。
(なんのイベントだったんだろう?)
b0184396_1419098.jpg

でも、こんなサプライズは大歓迎だ
b0184396_14142233.jpg

くらくらした自分を落ち着けるため、
まるおとついに、毎日のようにその外観を見ていた
サンジェルマンデプレ教会の中へ。

ここはパリ最古の教会の一つ。
ノートルダムとかのゴシックにくらべて
素朴な印象のロマネスク。
ああ、この古ぼけた内観最高。

建物の中は薄暗く、とっても幻想的でひんやりしている。
本当はイスに座って、ぼーっとしたいけど
まるおを放し飼いにするわけにはいかないので
そそくさと出ることにする。

写真でよく見ると
この内装の色合いや絵の感じはすごく好みだった。
今度来たときは、椅子に座ってたまに瞑想しながら、
オペラグラスでじっくり見よう。
b0184396_14191856.jpg

サンジェルマンって大人の街…

b0184396_14202453.jpg

▲私が購入したものたち。紙物と缶と瓶。キーホルダーは凝ったデザインいっぱいで集めたくなった!
b0184396_1419369.jpg

▲まるおがゲットしたパリのおもちゃ。騎士と馬は中世美術館で購入したもの。これも集めたかった



にほんブログ村 ヨーロッパ旅行
by x7nanax | 2013-09-03 08:28 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)

【旅5日目】5/11(金)
056.gifこの日のメニュー056.gif
●お笑いいっぱい中世美術館
●キレイなパレロワイヤル
●時がとまったパッサージュ
●絢爛!オペラ座
●巴里なモンマルトル⇒072.gifココ!

b0184396_23171663.jpg

オペラ座を出て、モンマルトルへ向かう。
この旅の中で一回くらいはメトロに乗ってもいいかなあ(←えらそうに!)と思い、地下にもぐった。
すると「スリが多いから気を付けましょう」と日本語アナウンスが。
特別放送するほど、日本人は狙われているのか!
ビビッて、バッグをギュッと抱きかかえると、
まるお「ママ!スリだって!!」と興奮気味
ホームに向かって穴倉のような通路を進みながら、まるおはすれ違う人の顔をガン見!
疑っている……「巴里人」(とまるおは呼んでいた)皆が犯人に見えるらしい。
電車の中では窓から暗い線路をずっと眺めていた。あっという間にABESSに到着。
ものすごく長いらせん状の階段には壁画があったはずなのに、
落書きで、ますますカラフルに。遠くから見るとキレイに見えなくもない?

b0184396_15133728.jpg

駅を出て、向かったのは「アムールの壁」
各国の言葉で「愛」の文字が書かれたタイル張りの壁だ。
壁を前にした途端「愛しています」の文字が、浮き出るように、目に飛び込む。
各国の人々にも自国の文字が同じように見えるのだろうか。
まあ、日本語はひらがなというオンリーワンな文字があるし、何せ縦書きだから……
この広場には地元民っぽい人がたくさんいて、
まるおと同じくらいの小さな子どもたちがキャーキャー楽しそうに遊んでいた。


人の流れに乗って、サクレクール寺院へ向かう。
まるおの「お●っこ」宣言で、急きょトイレ探し。
あまり入りたくなかったが、公衆トイレに人が並んでいたので、我々も並ぶ。
なんかものすごく時間かかるんですけど。。
まず前の人が入る(ランプが赤)⇒出る⇒いったん扉が閉まる(色忘れ)⇒トイレが勝手に清掃
⇒ランプが緑になる⇒次の人が入れる

という流れのようだ。
まるおが我慢できないのでは!とヒヤヒヤしたが、なんとか間に合った。

モンマルトルは大好きな街なので、街歩きを楽しみたかったのだが
モンマルトルを一周するミニトレイン(プチトラン)があると知り、乗り物好きなまるおのために
(ほんのちょっと母の好奇心を満たすために)乗ることにする。
停留所に並んでいるのは、我々のみ。。。時間の表示がよくわからなかったので
テアトル広場の見物をしながらひたすら待つ。
そしたら、こーんな素敵なふたり組が演奏を始めた!
b0184396_15231996.jpg

まるおはこのおじいちゃんおばあちゃん(ぴーちゃん)たちが
すごく気になるみたいで、ずっと近くで演奏に耳を傾けていた。
(合い間にチップはおじちゃんのヴァイオリンケースにチャリン♪)
そんなこんなでプチトラン登場。
勇んで乗り込むも、我々以外に誰も乗らない。
運転手のおじさんがお金を回収にくるのだが、
大人6ユーロ、子ども3.5ユーロのはずなのに、10ユーロ渡してもおつりなし!
えーーー、勝手にチップ取っちゃった?
まあいいや、フランスでこんなちっちゃなことは気にしてたらきりがない。
出発時間までまだあるので、まるおとしばし、ぴーちゃんたちの演奏を聴いていた。
まるお「あのおじいちゃんたち、ちゃんとご飯食べてるのかな…
ちょっと余計なお世話的なコメントだが、
本人はすごく彼らを心配していて、この日は寝るまでぴーちゃんたちのことを気にしていた(汗)
b0184396_15224095.jpg

出発の前に欧米人の老夫婦とアジア人っぽい親子が乗車。
来る途中で見かけたプチトランは満席だったのに…。
我々は最前席を陣取っているのだが、後ろの夫婦が
「ジャポネがなんちゃら」って噂しているのが気になった。
なんて言われてたのだろう…。

乗り物に乗るとまるおはかなりご機嫌に。貴重な笑顔を見せた。
石畳の坂道、古い建物、絵描きと観光客がざわめく広場、たくさんの絵が飾る店先、レトロなカフェ。
モンマルトルは、古き良き巴里って感じの場所。
次はこのあたりに宿を取って、朝夕の散歩を楽しみたいなと思う。
(治安とかちょっと怖いけど)

▼車窓から1:モンマルトルは観光客とセットでモンマルトルって感じ。
いかにも観光地ってけっこう好き。
b0184396_15311939.jpg

▼車窓から2:サクレクールとカルーセル。
少し遠くから見たサクレクールは手描きの建物みたいでシルエットがかわいい
b0184396_15364769.jpg

▼車窓から3:ムーランルージュ♪
b0184396_15532147.jpg


▼テアトル広場の画家と観光客を見ながらぶらり
b0184396_16533155.jpg

▼急こう配の坂道も魅力的
b0184396_16542183.jpg

▼まるお道端でおやつタイム
b0184396_1711294.jpg


プチトランは途中から我々の貸し切りになってしまった。
停留所で下りて、ぶらぶらモンマルトル歩きをしようと思ったら、まるおご機嫌急下降。
甘いもので一休みと思い、クレープ(シュガーバターとチョコクリーム)をおやつに。
今日はいろいろ回ったので、疲れちゃったかなと反省し、
サクレクール寺院脇の公園でちょっと遊ばせて、
サクレクール寺院の中を詣でて、帰ることにする。

▼近くで見ると威風堂々
b0184396_16235713.jpg

▼巴里を一望
b0184396_1625137.jpg

▼登りはフニクラーレ、帰りは階段。2010年、パパ伯爵はここですっ転んだ
b0184396_1763870.jpg

すんなりアベスからメトロで帰ればいいものを、
バスで直通で帰ろうとして、道を下って行ったら、
モンマルトルの大人の繁華街が並ぶ大通りに来てしまった…。
怪しげなお店が立ち並び、歩道にはフランス版ヤンキーみたいな人がいっぱい。
とにかく、バス停か地下鉄を探そうと足早に通り過ぎようとするが、
まるお「お●っこ」
えーーー、こんなとこで入るお店なんてないし!
と思ったら公衆トイレ。
やばいよ~、こんな治安の悪そうなところのトイレなんて何があるかわからない!
でもその辺でおもらししたら帰るに帰れないし、と公衆トイレに並ぶ。
前に並んでいるのは、ドレッドヘアのこわもて兄さん。
なかなか終わらないので、「もしや、この中でク●リ?」とか
非常に恐ろしい考えに至ってしまった。
お兄さん出てきた。どうしよう、何か残骸とか匂いとかあったらとビビっていたら
お兄さん「緑のランプが付いたから、入って大丈夫だよと教えてくれた
あまりに焦っていて、「メルシィ」が言えなかった。
疑ってしまって、ごめんなさい、お兄さん!

b0184396_1514546.jpg

b0184396_23164928.jpg

無事、まるおがトイレを終え、
バス停も見つけ帰途につく。
サンジェルマンデプレ教会が見えたら、家に帰ってきたみたいな安堵感(大げさ)。
モノプリで買い物して、ホテルへ。
まるおの夜ご飯は、「ごーばすたーカレー」。
ビールがうまかった~。プハーッ
by x7nanax | 2013-09-02 09:16 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)

シェフミッキーを漫喫したものの、
私の体調は悪化の一途を辿り
頭の中はぐわんぐわん042.gif

そして、「おかしーなー おかしーなー」「でも無視しよ」と
気力で解決してやろうと
自分の体に命じたのですが、
やはりやってきました、吐・き・気。

イクスピアリでちっこい薬局を探し、
念願の頭痛薬をゲット。

そっこう薬飲んで、ちょっと休んで、
さあ!行くぜ。
どっちだ?
シーだ!

ということで、シーに行きました。
まるおがミシカを観たい(私も)と言うので。

ところがです、リゾートライナーで移動中、
やばさが増してまいりまして、しゃべるな危険!状態。
灼熱地獄に降り立った途端、冷や汗が出てきたので、
私ひとり救護室に向かいました。

そしてまるおとパパはアラビアの旅に……035.gif

私は、結局、救護室に入って1分後
リ●ース057.gif
頭痛でふらふらだったので、20分ほど休ましてもらいました。
ほぼ全てのベッドはおそらく熱中症であろう方々が
たくさんおりました(10人くらい?)
私も熱中症だったのかしら?

ということで吐いて、20分休んだら、だいぶ楽になり
なんだかどんどん患者さんが増えそうなので
カフェポルトフィーノで休むことに。
カフェラテをオーダーして、奥のテーブルでぼーっとしてました。
(みんな楽しそう★とか思いながら)

そこへ、↓これを持ったパパとまるお登場
b0184396_2252995.jpg

アラビアで、パパが4回めのチャレンジにてミニーをゲット072.gif
ピンも制覇なさっておりましたよ(汗)

で、パパはそこでお得意の068.gif
(まるおは水筒の水・ぬいぐるみで大満足のため)

ということで、ミシカは残念ながら見れず
(私は体調に負け、まるおは物欲に負け)
シーにさよならして、ランドを目指します!
b0184396_22103318.jpg

帰りたくないよお007.gif


さて、ランドでのまるおの野望をここで叶えねば!
まるおは昨年より、カヌーにはまっておりまして
今回、「パパと絶対乗る」って言ってました(せつなーい)。

余談ですが、前回来たときは、
なぜかオーストラリアのラグビーチームのおっきい人たちと
私たちふたりで
「イチ、ニ、イチ、ニ」と漕いだ、思い出の場所です。
b0184396_2254969.jpg


で、パパと乗ってみましたところ、
まるおがはりきって漕ぎ過ぎて、
パパに水がばしゃばしゃかかって、パパプチ切れして終わりました(あはは)

ついで、パパがどうしても
「肉を食らいたい」とのご所望。
ということで、ビッグサンダーマウンテンの裏の
のんびりした川辺で、
ラッキーナゲットカフェ
購入したスモークターキーレッグのお相伴にあずかりまして
b0184396_2275862.jpg


次いで、朝方FPを取っていたモンスターズインクへ!
おらんちのモンスターは
最後にロズに
「宿題終わった?」と聞かれて、若干現実を思い出したようでございます。
b0184396_226477.jpg


ということで、新幹線の時間がもうすぐ!
短い時間でお土産を購入(ランドを出てぼんぼやーじゅで)
その間にパパはアンバサダーHに荷物を取りに行きました。

さて、最後にハプニング。
新幹線のチケットを予約したクレジットカードが、限度額を超え、チケットが発券できない!
なんとか駅員さんがいろいろやってくれて、発券完了。
京葉線⇒新幹線ギリギリの時間。
ああ、夜ご飯買う時間がないよお008.gif

東京駅に到着し、私は先ほどまで体調悪かった人と思えない
スピードでエスカレーターを上り、歩き、
お弁当を無事ゲット。

何せね、あれだけ食べたランチを
全てリ●ースしていたので
おなかペコペコだったんですよ。
以前、まるおとお弁当買わないで新幹線乗った時に
最高にひもじい思いをしたので
(前の席の子供とお母さんが美味しいね美味しいねと食べる声が聞こえて
いい匂いがして、まるお半泣き状態)。

なんとしても食料ゲットしたかったのでございます。
ということで新幹線で
お寿司を食べて、大満足。

まるおはパパと一緒のディズニー旅行ができて、
とてもうれしかったようです(せつない子だよ)012.gif

けして帰宅(帰国)することのできなかった
このブログの旅日記。
なんとかこれで最終回。
今回、初の帰宅となりました010.gif

めでたし。


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-09-01 08:03 | 13.8月TDR旅行 | Trackback | Comments(0)