<   2013年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

5/5 その4

前回までのお話

まるお(2歳)が、というよりも
伯爵(20代後半)が欲した
シエスタタイムのために
ホテルにて休憩。

b0184396_21142592.jpg

お部屋では、
「キテレツ」クンに再会しました。

うれしいなあ!

シエスタ(昼寝)ですが
私は旅の間中、興奮状態ですのでほぼ一睡もせず
まるおも、あまり寝ない子なので
伯爵だけが、ぐっすりとお休みになられたところで

フラメンコを観に、タブラオへ向かいます。

ホテルで予約できたのは
Los Gallos Tablao Flamenco
ロスガリョス。
どうやら、セビーリャの老舗らしいですよ。

地図を片手に、うねうね道をあるき
ぱっと開けた広場に面しています。
 
サンタクルス街は
細い路地と広場のコントラストがとても素敵です。
心細いような、冒険心をくすぐるような小道を歩くと
開放感と寛いだ雰囲気の広場に出くわす。
広場にはオアシスのように緑や噴水があって、
カフェやバルのオープンテラスで人々がゆったりしています。
この世の極楽だわ~



紳士淑女が続々と集まるタブラオに、
我々、でこぼこ家族も参戦。

愛想のないおじさんスタッフに迎えられ、
二階席を案内されます。
とってもこじんまりした空間。
(つまり、それがタブラオなんですよね)

まずはここで料金を支払い、
ドリンクをオーダー。
我々はセルベッサemoticon-0167-beer.gif
まるおはちょっとはまり出した、スパーリングウォーターに。


まるおが奇声を発して迷惑おかけしないか
非常にびくびくしていたので
二階でちょうど良かったです。

かわいいかわいい
黒人ボーイもおりましたのでね。
ちょっと安心。
(でもあちらの方がお利口だった……)
b0184396_21135286.jpg


二階、面白かったです。
出番前のダンサーさんたちが
私たちの背後で
控えてるのですが、

血気盛んな
若い男性ダンサーさんが
音楽なり出したら
「オレもう、まてねーよ!」みたいな感じで
客席の真後ろの手すりに縋り付き、
足だけステップを始めました。

だんだん、興奮してきた彼は
ターンやら、手拍子やら
ついに動きを抑えることができず、
そこがまるでステージのように
踊り始めました。

見ていいのか悪いのか、
我々客陣は、横目でチラチラ。

伯爵「あいつ、アピールしすぎじゃない?」

ということで、最初はちょっとうざい彼に
若干、引きつつ
次第に我々は彼を直視。
その素晴らしい足さばきに、こっそり拍手を送りました。
ラテン男、激しー。

そして本物のステージへ。

最初はギターと歌い手さんオンリー。
そして若手からベテランへと
踊り子さんが次から次へと登場。

そんな中
まるお飽きたらどーしよー!!と
不安に思っていたら、
なんと逆パターン。

ま、まるお
フラメンコのリズムと歌声
ダンスにとりこになったようです。
しまいには、マネして足を超小刻みにふみふみ。
さっきの彼のように
踊り出してしまいました(すごく変な踊り……)

隣のイギリス人マダムも爆笑。
「彼は、ダンスが好きなのねー
将来はフラメンコダンサーね!」と
陽気に話しかけられましたが、

とっさに応えられず(ズブンの語学力が悲しい)
うへうへと笑っていた私。

次第にまるお
奇声まで発するようになって
焦って、外へ避難。

興奮状態で手を付けられないまるお。
タブラオ前の広場で、まるおを抱っこして待とうとするのですが、
「あっちー、あっちー」と泣いて
戻りたいとアピール。
しまいには頭突きをくらわされて、
あまりの痛さに
思わずおしりぺんぺん(ぎゃ、虐待!。
そして、まるお大号泣。

そんなこんなでパパと交代交代で
外と中に出たり入ったり。

ああ、この時のことは
今でもよく思い出すのですが、
まるお、かわいそうだったな……。
まるお、とってもとってもフラメンコが気に入っただけだったんだよなあ。
少しでも見せてあげればよかった。
ぺんぺんしてごめん。とずっと後悔しております。


その合間に見た、フラメンコは
理屈抜きに引き込まれました。
そして、ベテランの踊りほど、カッコイイ!
たとえお腹がでていても、しわくちゃでも
きゃしゃな若いきれいな踊り子さんよりも
そっちの方がカッコイイ!!
そういうところがまた、フラメンコの魅力ですっ

ちょっと大変だったけど、
最後の群舞はしっかり見れたので
終わりよければ全てよし
ということで、

お腹すいたので
夕食しに参りますよー。
b0184396_21143958.jpg

楽しそうな界隈に出くわしたので、
速攻、ここに決めました!
もう10時過ぎだというのに、
子どももいっぱい。
にぎわってます。
b0184396_21145130.jpg


お店はここです。
Carmela
ちなみに↓
b0184396_2115829.jpg


テーブルに着くと、お姉さんがメニューを持ってきてくれます。
英語だったので、なんとかオーダーもできましたが、
結果こんなことに↓
b0184396_21135750.jpg

イベリコ豚の
文字に惹かれすぎて
なんだかみんな同じようなメニューになってしまいました……
(ほかに頼んだものはすぐにお腹の中に…)

でも、生ハムもソテーも素晴らしくおいしかったし
値段もだいたい3ユーロ台だったと記憶。

寝てしまって何も食べられないまるおがかわいそうだったけど
おいしいご飯を食べられて、幸せでした~emoticon-0152-heart.gif

↓この商店で
パンなどを買って、
万一まるおが目覚めた時のための
食糧も確保し、すぐ近くのホテルへ。
b0184396_21145966.jpg


セビーリャでは2泊するので、
今日はパッキングの必要もないし、
ゆったりできていいなあ。

ということでおやすみなさーい☆


読んでいただきありがとうございますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-09-30 22:35 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)

NHKのオンデマンドで「あまちゃん」見ながら書いております。
b0184396_2248396.jpg


年内にはなんとか久慈に行くぞー!と決めました。

うに丼食べるぞ!琥珀買うぞ!北鉄乗るぞ!(まめぶ食べるぞ)

ああ、完全にあまロスしている自分。


東北のいなか育ちとして、
「あまちゃん」は、耳に心地よいドラマでもありました。

大震災の時、
テレビから流れる被災者の方の言葉が、
自分のなまりと同じで、

同じ言葉をしゃべる人たちが
こんなことになってしまったと、
涙があふれました。
このときは、本当に悲しくて
居てもたってもいられなくなりました。

正直、いなかの人間関係が大嫌いで
地元での学生時代にはあまりよい思い出もなく、
今ではほぼ標準語でしゃべっている自分です。

共感したクドカン(同郷)のインタビュー

そんな自分が、地元の方言にこんなに反応していることが
とても意外でありました。

言葉と言うのはスゴイな。
その時思ったことを
「あまちゃん」でも感じております。

あの時は悲しみで、でしたが、
今は笑いで感じております。

「あまちゃん」が
ブームになって
方言をかっこいいというアキちゃんがいて
出演者みんながとんでもなくなまっていて
(実際は若者はあんななまってないが)
訛りがなんだか
自分にとっても、かっけーものに感じてしまう(笑)

もしかしたら、若者が
「方言、かっけー!」ってなって
再び浸透しないかなと思ってます。

というのも、この前、
地元の花火大会に行ったら
近くを歩いていた中学生が全然なまってなくて
とってもショックだったから!
ちょっと都市になると、本当になまってる若者なんて
みたことない。

やばい!東北弁の危機!!

そういううちのまるおも、今標準語。
うちの地元に遠征させて、
ちょっと、沁みこませたいな。
というか、自分もふつうに使えばいいんだよな


あまちゃんの北三陸編の出演者には
東北出身者が多くて
ネイティブなベテラン訛りっぷりが
非常に気持ちいい!

弥生役の渡辺えりさん(山形)⇒さすがの安定感
弥生の夫役の菅原大吉さん(宮城)⇒この人は特になまり具合がスゴイリアル
かつえ役の木野花さん(青森)⇒この人もさすがの安定感
観光協会の菅原役の吹越さん(青森)⇒この人もスゴイ
花巻さん役の伊勢さん(岩手)
いっそん役の皆川猿時さん(福島)
下のおふたりは、演技や扮装が凄すぎて
なまりに注目する以前でした


b0184396_2323870.jpg

▲弥生さん、かわいすぎ
b0184396_2324980.jpg

▲リアス、大好き
b0184396_2325361.jpg

▲観光協会の菅原さん
b0184396_23141162.jpg

▲このシーン、最高
b0184396_23294427.jpg

▲イッソン……「今度はナンナノヨー!」

東北弁の鼻濁音は、マネしようと思ってもなかなかできないので、
ネイティブかどうかすぐわかりますが、

雰囲気でなまりを醸し出してるのが
吉田副駅長役の荒川良々さん
漁協の会長役のでんでんさん
そして、やはり
夏ばっぱ役の宮本信子さん
(この人は、雰囲気でなく「技」という感じがしますね)



何を言いたいかわからない内容になりました。
すみません!!

とりあえず、
地元愛が少し芽生えたのかしら、自分。

ということで、「あまちゃん」の全てに感謝!!

お陰で夫婦の会話も増えました(笑)

久慈いぐど!!
三陸道をずーっと登ってな!


読んでいただきありがとうございますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-09-29 23:34 | 映画、アート、テレビ | Trackback | Comments(2)

5/5 その3

前回のお話はこちら(もくじ付き)


路地だらけの
サンタクルス街を歩いていると
迷子になりそうになりますが、
ふと上を見上げると、迷子を励ますようにそびえる登楼があります。
b0184396_10524173.jpg



セビーリャのカテドラル(大聖堂)に隣接している
ヒラルダの塔です。

アルカサル(城)と共に
世界遺産に登録されているそうです。
なんと大聖堂はバチカンとロンドンに次ぐ第三位の大きさ。

イスラム時代にはここに巨大なモスクがあり
16世紀になって大聖堂に建て替えられ
ヒラルダの塔もかつてはモスクのミナレット(尖塔)だったそうですが、
ルネサンス様式の要素が加わり、
礼拝時刻を告げる登楼となったそうです。

どの都市でも
イスラムとキリストの
融合みたいな建物に出合うスペイン。
その歴史は複雑ですが、
それによって、
独特の異国情緒を感じさせるんですよね。
ヨーロッパの中でも異国情緒度が高い感じ?
(なんだか意味わからなくなってきた)
そして、アンダルシア地方は特にですが、
イタリアの陽気さとは違って
スペインには、とこか切なさを感じてしまいますが、
それがまた魅力だなと思いました。


ヒラルダとは「風見」を意味するそうで、
風見として信仰を象徴する女性の像があります。
私は勝手にこの女性が「ヒラルダ」さんだと思っていたのですが…


ここは鐘つきのために
馬(ロバ?)で上まで登っていたようで、
中はスロープ状になっています。

ということで我々、まるお坊を
ベビーカーに乗せて上まで登ります!

といっても、ベビーカーを押すのは
伯爵!

とぐろを巻くように
ひたすら上へ上へと向かいます。
頑張れー!

苦行を終えて、到達すると
28個の鐘の爆音を間近で聞くという
さらなる苦行に伯爵は苦しめられます(笑)
b0184396_10513877.jpg


まるおは、ここに上る前に
お土産屋さんで買ってもらった
アメをシャカシャカさせて、
余裕をかましてましたが、
「ゴーンゴーン」の音に、ドビックリ!
b0184396_10553312.jpg


まずは、高鳴る鼓動を落ち着かせて
いよいよ、セビーリャの街をみましょうっ
b0184396_10561989.jpg

▲高所恐怖症のため、足元ガクガクの伯爵が、下界をチラミ
b0184396_105397.jpg

b0184396_10531721.jpg


写真はしょぼいですが
景色はなかなかのものです。
手前はカテドラル。
この華麗なる姿と、ツンツンして、骨格いっぱいな感じは
ゴシック様式でしょうか?

中庭はイスラム文化の名残ということですが、
この中庭が、子連れには便利なんですよねー。
車の心配がないのでね。

街はスペインらしい白い家々と
近代建築が一緒になっていて
やはり、町というよりも中核都市といった感じでしょうか。

「こーんにーちはー!
セビーリャ!!」

サッ、
あいさつも済んだことですので
降りますかね。
(ベビーカーがスイスイ行き過ぎて
下りは下りでけっこう辛い)

そうそう、カテドラルも見ないとね。

ガーン


ブレブレの変な写真しか残ってないよ。

↑コロンブスのお墓も、
なぜか異国のツーリストさんとまるおの共演写真になってしまった。

上をふと見上げたところに
お恥ずかしい姿のトカゲ発見!
b0184396_10523682.jpg


夫人(私)「あれ、トカゲだよね?」
伯爵(夫)「何言ってんの?ワニだよ」
夫人「…(ムカッ)」

通りすがりの日本人の旅人男性「トカゲですよ」

夫人「ホーラっ!見たことか」

という小競り合いが頻発。
サンタクルス街をぐるぐる迷子になっていた時に
周りの人に言葉がわからないだろうと安心して、
ふたりで、思い切り罵倒し合っていたら、
すぐ近くに、日本人の子連れご夫婦がいらして
思いっきり赤面しました(笑)
ハズカシー


ということで
なんだか、ドット疲れて中庭へ。

ここでまるおが俺の出番とばかりに
ちょろちょろ走り始めたので
必死で追いかけまわし、
退散することとしましたー!



ホテルでシエスタして
夜はフラメンコーですよー♪


読んでいただきありがとうございますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-09-29 09:47 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)

emoticon-0155-flower.gif初海外の伯爵(パパ)とまるお(2歳0カ月)、
外国語が不自由な夫人(ママ・私)の
家族初・海外旅行の記録です。

行き先はスペイン。
バルセロナとアンダルシア地方を一部レンタカーを使って周りました!

【日程】
4/29 東京前泊
4/30 成田→バルセロナ
5/1  バルセロナ観光
5/2  →グラナダ(飛行機)
5/3  →マラガ(レンタカー)
5/4  →マルべーリャ、ロンダ(レンタカー)
5/5  →セビーリャ(レンタカー)
5/6  セビーリャ
5/7  →バルセロナ
5/8,9  →成田(飛行機)


スペイン旅行記はじまりはじまり~
スペイン旅の手配
スペイン旅行①出発前日~東京見物で旅馴らし?~
スペイン旅行②おっきな空港にビックリ父子
スペイン旅行③飛行機の中の2歳児
スペイン旅行④バルセロナはまだ夕方
スペイン旅行⑤バルセロナで初めてのおつかい
スペイン旅行⑥ガウディ第一弾
スペイン旅行⑦バルセロナのモダンホテルでこける
スペイン旅行⑧初めての地下鉄
スペイン旅行⑨グエル公園はお得
スペイン旅行⑩初パエリアとお調子者の芽
スペイン旅行⑪サグラダファミリアと亀さん
スペイン旅行⑫スペイン国内早朝便に後悔…
スペイン旅行⑬アルハンブラはお早目に
スペイン旅行⑭ペコリン、グラナダのオアシスで涙
スペイン旅行⑮アルバイシンからの眺め
スペイン旅行⑯カテドラルでガサゴソ
スペイン旅行⑰アルハンブラ隣のテラスレストラン
スペイン旅行⑱アルハンブラ宮殿に行列する!
スペイン旅行⑲レンタカーに初挑戦で泣き笑い
スペイン旅行⑳マラガで公園デビュー
スペイン旅行㉑/絶景の朝食時間とお城探検
スペイン旅行㉒高級リゾートと山道ドライブ
スペイン旅行㉓ファンタジーなロンダ

スペイン旅行㉔極上夜景と美味堪能@ロンダ
スペイン旅行㉕ロンダの素敵な朝さんぽ
スペイン旅行㉖セビーリャ、サンタクルス街をうねうね歩く!

スペイン旅行㉗ヒラルダの塔をベビーカーでぐるぐる
スペイン旅行㉘タブラオでフラメンコ、踊り狂った2歳児
スペイン旅行㉚細かすぎるアルカサル
スペイン旅行㉚スペイン広場にR2D2と3CPOが…
スペイン旅行㉛再びバルセロナ、ロマンチックなホテル
スペイン旅行㉜バルセロナの海の方へ
スペイン子連れ旅行㉝物悲しさとメロディのバルセロナ

b0184396_11312462.jpg

b0184396_23422613.jpg



読んでいただきありがとうございますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-09-28 23:40 | もくじ/08.4~5月スペインの旅  | Trackback | Comments(0)

5/5 その2

前回のお話はこちら(もくじ付き)

最高だったロンダを離れ、
再び、レンタカーにてセビーリャへ向かいます。

伯爵(パパ)!
これで運転最後だから、頑張って!!

伯爵、再び
濃い顔を、さらに濃くして
眼光するどくスペインの道を運転しています。

セビーリャの駅に車を返すので
(グラナダで借りてセビーリャで返す)
せまーい道路の旧市街には入らないため、
ちょっと気持ちは楽かしらね。

ちょっと慣れたのか、割と市内にはすんなり入りましたが
駅とは反対の郊外みたいなところに
ナビ下手夫人(私)が
地球の●き方の地図見ながら、案内しちゃったもんで
市内でしばし右往左往いたしました。

でも郊外のショッピングセンターみたいなのが
遠目にみれて、面白かった。
なんだかうちの地元と似ている感じだった。

そんなこんなで駅に到着。
駐車場に止めて
ヨーロッパカーの人を呼んできました。
その前に、
車のフロントにちっちゃな傷があることに気づきました。

ひいいい!
どうするこれ!?
莫大な損害金請求されたらどうする???
など青くなっていたのですが、
担当者さん
「オールオッケー」みたいな感じで
簡単に開放となりました。

ホッ
(てきとー・笑)

と、駅で何か食べ物を買ってからホテルへ向かおうと
サンドイッチ屋さんに並んだのですが

ここでこのたび初、そして唯一の
嫌な体験をしました!!

注文の列に並んでいたのですが、
私たちの番がきたのに
女性店員が並んでいた私を完無視し
後ろの男性に声をかけたのですemoticon-0132-envy.gif

え?

最初はなんだか状況を掴めなかったのですが、
おかしいなと思い
「すみません、次私です」
とアピールしたのですが
さらに完無視…(汗

後ろの男性が、
「次は彼女だよ」と言ってくれて
いやいや注文を取ってくれたのです。

これは人種差別???
(言葉が通じないと思われたのかしら)

今までスペインの方々
みーんなやさしかったので
非常に残念でした。

情けないことに難しいことを伝える語学力もないので、
クレームを言うことができなくて

思わず帰り際に、女性に向かって

「バーカッ」
と言ってしまった
低俗で幼稚な自分であります(汗
(でも、スッキリしたemoticon-0136-giggle.gif

ということで、タクシーに乗ってホテルへ向かいます。

ホテルはこちら↓
b0184396_2335061.jpg

Hotel Alcantara
今回初めての2つ☆です。

セビーリャでは、旧市街である
サンタクルス街に泊まりたいなと思っていたので
選んだホテルです。
やはり高いホテルが多いので、
どうしよーかなーと思っていたところ、

子連れでここに泊まられた方の
ブログを拝見しまして
よさそうだったので、決めたのです。

お部屋はとっても狭かったけど
こぎれいで、ホテルの人の対応もよくて
好印象なホテルでした。
何よりやはり立地が良いです。

ここでは今晩、フラメンコショーの予約もしましたよ☆

ということで、あてどなく
サンタクルス街周辺をウラウラします。
b0184396_2243319.jpg

(あんまり、素敵な街並みが取れず・涙)

迷路のような小道に
お花いっぱいの普通のお宅や(中庭がかわいい!)
バル、土産屋さん(フラメンコの服いっぱい)
かわいい広場に遭遇したり、
たまに大通に出たり、
公園見つけたり

ロンダとはまた違った
ワクワクのさんぽコースでした。

ただし、やはり都会なので
車もいっぱい、人もいっぱいで
道もガタガタしていて
まるお連れとしてはちょっと大変でもあります。

ベビーカーがガックンガックン

さんぽしてると否応なく
のっぽな塔がチラ観えします。
たまにゴーンゴーンと大きな鐘の音を発してます。
b0184396_23123183.jpg


ヒラルダの塔です!

セビーリャのランドマーク。

さあ、次はここに上って
セビーリャの街にあいさつしましょう!!
b0184396_23292143.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-09-27 23:37 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)

5/5 その1
YOUTUBEで水曜どうでしょうヨーロッパ完結編観ながら書いてます。
「小林製薬の糸ようじ」
に三段腹の腹筋鍛えられてます。
クエンカじゃなくて、ロンダだけど



※前回までのお話(目次付き)

パラドールは朝食付きで申し込んでいました。
レストランに行ってビックリ!!
b0184396_22103732.jpg

眺望がすばらしいのです。

スガスガシーッ!!

思わず叫びたくなるような
澄み切った真っ青な空と
緑の絨毯、
なんとそこに気球という
ウソのような風景が窓の外に広がっていますemoticon-0152-heart.gif

一方、朝ごはんのメニューというと、
スペインらしく
生ハムが充実。
そしてチュロス。
母子で大好きなチョコパン。
私お気に入りの血のソーセージ。ヒヒヒヒヒ
b0184396_22113716.jpg

ビジュアルなど気にせず
たんまりとお皿にとって

いっただきまーす☆

朝ごはんで満足した後は、
朝さんぽです。
(お寝坊伯爵=パパ、
よく起きたなあ。
今考えると、驚きだ)

白い家々の隙間には
これまた澄み切った青空がのぞき、
コントラストがすばらしいとはこのことですな。

まるおはパパに肩車し、
きょろきょろとしてます。

お、さんぽのお仲間が道を横断中です。
b0184396_2215389.jpg

毎日、ここでさんぽできるなんて
あなたがうらやましいよ。

b0184396_2295913.jpg


小さな町のようだったので
「こっちの道にする?」
「あっちの方、見晴しよさそうだから、行ってみよっか」などと
あてどなく歩きます。

白い家とは言っても、
ちょっとずつ表情が違ってる。

ロマネスク風の教会の姿や
塔がチラ観えする。

わ!なんだ、この扉。物語に出てきそうだよ~
b0184396_22125999.jpg

のぞいてみたら、
b0184396_22131097.jpg

空き地。
何か不思議な集会とかが行われていそうだよ!
ファンタジーだなあ、もう。

ちょっと町のはじっこに行くと
朽ちた石壁が。
b0184396_22132478.jpg




街の周りはゆるやかな丘が広がっていて、これがまたすばらしい。
b0184396_22355131.jpg


なんだかタイムスリップしたような気分です。


ヌエボ(新)橋に対して
もっと古いのがヒエボ橋。
(スペインがイスラムに支配されていた時代からのものらしいです。)

この時、伯爵(パパ)と夫人(私)に
不穏な空気が漂いはじめていました。

伯爵は今日、セビーリャまで
再びレンタカー運転が始まるので
ピリピリしていたのですemoticon-0125-mmm.gif

若干、距離を置きながら(笑)
それぞれ、さんぽしつつ

このよどんだ空気の中で
ビエホ橋にて、
檻の中の囚人か獣っぽい雰囲気を
撮るようにパパに頼みました↓
b0184396_033029.jpg



なぜか文字が刻まれた植物
b0184396_22163413.jpg

下は崖っぷちなのに、


断崖絶壁の家々。
(宙吊りの家々に浮かぶ~小林製薬の糸ようじ)
なんかロマンチック。
b0184396_22145517.jpg

b0184396_2213462.jpg


しかし、崖下は↓地獄
b0184396_22144324.jpg

あ、でもなんだかお花が平和感を醸し出してるな。

b0184396_22115859.jpg

お土産屋さんなどもチラ観。
昔のロンダの風景(ほとんど変わらない)の壁画もあります。


そして最後は闘牛場に行ってみますが
この時は、ザンネンながら中には入れず
牛さん像の写真(→丑年の時、年賀状に使用)を撮って
ホテルへ戻ってチェックアウト。
b0184396_22533462.jpg

いやあ、すっごく心にのこる
美しいさんぽコースでした!

ロンダはあまり下調べせずに訪れてしまいましたが、
穏やかなのとワイルドなのと
ノスタルジックなのと、
ファンタジーなのと、
多種多様な魅力が詰まっていて、私にとっては
スペイン旅で1番のお気に入りとなりました!

知識がなくても、自分の想像だけで十分楽しめる素晴らしい街。

車が通らない道も多く、
子連れでのんびり散歩できたのも好ポイントですっ

それと、
さんぽ途中、たまに車が通る道に出て
そこを渡ろうとすると
100%車が止まってくれて
どうぞ、と合図してくれるのも印象的でした。


さあ、伯爵!
次はセビーリャですよ!!
運転頼みますよー

           エッチデーデーだど


読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-09-26 23:14 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(4)

巴里旅の旅行記が終わったので、
調子に乗って、
ずいぶん時間が経ちすぎて恐縮ですが、
過去の子連れ旅もアップします。

2008年のスペイン旅行記です。
その前に!
もう4年も月日があいたので
過去記事を一覧にしてみました^^;

一覧の下より始まりマースemoticon-0171-star.gif

スペイン旅行記はじまりはじまり~
スペイン旅の手配
スペイン旅行①出発前日~東京見物で旅馴らし?~
スペイン旅行②おっきな空港にビックリ父子
スペイン旅行③飛行機の中の2歳児
スペイン旅行④バルセロナはまだ夕方
スペイン旅行⑤バルセロナで初めてのおつかい
スペイン旅行⑥ガウディ第一弾
スペイン旅行⑦バルセロナのモダンホテルでこける
スペイン旅行⑧初めての地下鉄
スペイン旅行⑨グエル公園はお得
スペイン旅行⑩初パエリアとお調子者の芽
スペイン旅行⑪サグラダファミリアと亀さん
スペイン旅行⑫スペイン国内早朝便に後悔…
スペイン旅行⑬アルハンブラはお早目に
スペイン旅行⑭ペコリン、グラナダのオアシスで涙
スペイン旅行⑮アルバイシンからの眺め
スペイン旅行⑯カテドラルでガサゴソ
スペイン旅行⑰アルハンブラ隣のテラスレストラン
スペイン旅行⑱アルハンブラ宮殿に行列する!
スペイン旅行⑲レンタカーに初挑戦で泣き笑い
スペイン旅行⑳マラガで公園デビュー
スペイン旅行㉑/絶景の朝食時間とお城探検
スペイン旅行㉒高級リゾートと山道ドライブ
スペイン旅行㉓ファンタジーなロンダ



5/4 その4 

いきなり入浴シーンで失礼!
b0184396_1113711.jpg



ファンタジーなロンダの街を散歩(一部命に係わるトレッキングあり)して

広場でヨーロッパ家族とダルメシアンの子犬と戯れて

お部屋に戻った我々は、ひとっぷろ浴びます。

リッチなジャグジー付きのお風呂で

憧れの泡ぶろ体験emoticon-0152-heart.gif

そして、夕食へ。

パパが持って行ったミシュランにも乗っていた

ドンミゲル

パラドールの目の前にあるホテルで

レストランを備えております~。

テラスの下は断崖絶壁。

そして、名物ヌエボ橋が見えます。

b0184396_1133691.jpg


トワイライトな橋の姿がなんとも風情あり。

徐々に暮れゆく空の下で

美味しいご飯♪


まるおも、この時はたっぷり遊んで

お風呂でスッキリして

気分が良かったのか、とてもおとなしく

ゆっくりご飯をいただけましたemoticon-0142-happy.gif
b0184396_1143631.jpg

b0184396_1144154.jpg

b0184396_1143631.jpg


白アスパラのグラタンやら、フォアグラみたいなののパテやら、お肉の煮込みやら
全て美味しかった(ハズ・記憶が…)

他にも子連れの家族がいて

そちらの子はちょっとぐずぐずしていて

「お気持ち察します…」と同情しつつ、

ああ、うちは今日ラッキーだなあ(ウシシ)と

ワインやセルベッサemoticon-0167-beer.gifを飲んで調子に乗っておりました。

食事が終わった頃には、真っ暗。


満足満腹でお腹も心も満たされて

ホテルへ戻ります。

なんといっても、ホテルが近いのが最高!

そして帰り道さえも、美しすぎる散歩コースにemoticon-0171-star.gif
b0184396_1153042.jpg

b0184396_1164342.jpg



ほらほら、ドンミゲルだよ↓
b0184396_1162559.jpg


ライトアップされて、ムーディ♪

広場にはマタドール(闘牛士)の壁画が~
わお、ロンダだねえ
b0184396_1155793.jpg



では、夢心地のまま

おやすみなさいemoticon-0171-star.gif

読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-09-25 18:54 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(2)

emoticon-0155-flower.gif落ち着きのない6歳のまるおと外国語の不自由な母が旅した記録emoticon-0155-flower.gif

目次にしてみました。
良かったら、読んでください☆

期間:2012年5月7日~13日
    ずっとパリに滞在

emoticon-0171-star.gif準備編
巴里No.1 決行。6歳児との母子旅行(語学ダメダメ)
巴里No.2 おおまかな予定 その1
巴里No.3 やりたいことリストとスケジュール
巴里No.4 母子海外旅行で事前にやらなけりゃならないこと

emoticon-0171-star.gif現地レポート編
まだ日本
巴里 飛行機ん中
巴里 出発前の朝ご飯
巴里 到着!
巴里 無事ホテル
巴里 朝ご飯と朝散歩
巴里 マレ地区散歩
巴里 ついに
巴里 セーヌ川クルーズ
巴里 ノートルダムとセントシャペルへ
巴里 植物園とモスケ
巴里 お部屋ごはんと夕暮れクルーズ
巴里 便利地図
巴里 ツメツメ
巴里 念願の蚤の市

emoticon-0171-star.gif旅行記編
【母子巴里旅1日めその1】 いろいろあって出発(5/7)
【母子巴里旅1日めその2】 「おれんちをご紹介します」
【母子巴里旅1日めその3】 巴里初散策とスーパーへ
【母子巴里旅2日目その1】 セーヌ川、まるおの憂鬱
【母子巴里旅2日目その2】 マレで、まるおたがが外れる
【母子巴里旅2日目その3】 セーヌクルーズとエッフェルとおまじない
【母子巴里旅3日目その1】まるおの不機嫌の正体と美しき聖堂巡り
【母子巴里旅3日目その2】モスケと雀とお地蔵様
【母子巴里旅3日目その3】夜のセーヌクルーズで放り出されて
【母子巴里旅4日目その1】進化大陳列展であの人と再会
【母子巴里旅4日目その2】昼下がりのリュクサンブール公園、森の回転木馬
【母子巴里旅5日目その1】タイムトラベル①雨の朝は中世美術館
【母子巴里旅5日目その2】タイムトラベル②巴里の化石・パッサージュ
【母子巴里旅5日目その3】タイムトラベル③こってりオペラ座
【母子巴里旅5日目その4】モンマルトル・トイレ物語
【母子巴里旅6日目その1】蚤の市で宝探しとサンジェルマン散歩
【母子巴里旅6日目その2】仏革命のあの場所を遊び場に
【母子巴里旅6日目その3】チュイルリー公園でメルシーゲット
【母子巴里旅6日目その4】シャンゼリゼって長い。凱旋門は遠すぎた。
【母子巴里旅7日目その1】リュクサンブール公園の人形劇
【母子巴里旅7日目その2】レオンとサンジェルマン散歩
【母子巴里旅7日目その3】セーヌ河でオールボワッ
【母子巴里旅7日目その4】帰国便の隣席は旅慣れた添乗員さん

emoticon-0171-star.gif引っ張ってます!番外編
6歳男児が見たパリ

b0184396_2220069.jpg


読んでいただき、ありがとうございました(=^・^=)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-09-24 18:19 | もくじ/12.5月パリの旅 | Trackback | Comments(0)

9/22、宮城県女川の
さんま収穫祭へ行ってまいりました~☆

女川港で水揚げされた

生さんまの炭火焼きが無料で食べれるほか、

ホタテにムール貝、

その他さまざまな屋台が出て

美味しいものがどっさり。

アイドルのイベントから演歌歌手のコンサートまで

総合運動公園、大盛り上がりでした♪
まずは
ムール貝の酒蒸しemoticon-0152-heart.gif
b0184396_23271758.jpg

なんとこれでたったの200円!

もくもく煙が!
b0184396_23184532.jpg

焼いてる焼いてる~♪
b0184396_23194813.jpg

老いも若きもみんながさんまを食べているー!
b0184396_23253834.jpg

あぶらがのっていて、ジュウジュウ言ってる

b0184396_23261369.jpg

大根おろしとレモンを絞って。。。
皮がパリパリでうまーい!

こんなかわいいタイルもありました☆
b0184396_23292747.jpg

リアスのヒーローイーガーのDVDも発売!
b0184396_2331663.jpg


そして、イベントを後にして海方面へ!
b0184396_23333211.jpg


「おかせい」です。
b0184396_2333125.jpg

魚屋スペースと、飲食スペースがあります。

16:00過ぎだというのに、
行列で、30分くらい待ちました。
(ももクロも来たらしい!写真発見)

新鮮な海鮮丼やお寿司が激安☆
b0184396_23321118.jpg


うちの子は『ミニマグロ丼』1200円
b0184396_2336814.jpg


私とパパはその名も『女川丼』1200円
b0184396_233788.jpg


どちらにもおっきな『あら汁』のお椀が付きます。

大きな切り身がたっぷり乗っていて

満腹になりました~emoticon-0171-star.gif


ああ!写真を見たら

また食べたくなってきたー!!!

今度は泊まりで行きますっ


読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-09-23 18:37 | 東北旅行 | Trackback | Comments(0)

6歳男児が見たパリ

巴里旅行では、まるおにもモチベーション高く楽しんでほしくて、

「写真を撮っていいよ」とコンデジを持たせておりましたemoticon-0117-talking.gif
b0184396_22254542.jpg

▲こんな感じで

ということで、まるおが撮った写真です☆
b0184396_2227278.jpg

b0184396_22271439.jpg

b0184396_22273635.jpg

b0184396_22274494.jpg

 ※一部、まるおの希望により母撮影ものもあり

名所撮り1:動物1:自分撮り2乗り物6

途中、ぶれた写真しか取れなくて

ぷんぷん言いながら、一生懸命撮っていました。

たまに、写真の端っこに

気を抜いた私のアホヅラが写っていてゲッソリ。

そして、力を抜いて邪心なく撮っているためか、

意外なパリの姿が写っていたりして、ちょっと面白かったです。
(親ばか注意報発令!)



ちなみに、まるおが食いついたパリ旅のメニューは以下でした。

①バトビュスでのセーヌ川クルーズ

②植物園と進化大陳列展(パパ似のカバがいた)

③公園(リュクサンブール)

④公園(チュイルリー)

⑤公園(ヴォージュ広場)

⑥セーヌ河畔

⑦ポンデザール(芸術橋)

⑧モンマルトルのプチトラン

⑨エッフェル塔の広場

⑩パッサージュのおもちゃやさん&ノートルダム寺院(ディズニー映画の影響)

乗り物と公園が締めてますね。

やはり、子連れにお勧めの巴里は

春とか初夏とか外を漫喫できる季節が良いんだなーと

実感した次第ですッ


読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-09-22 22:56 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)