<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

5/3 その4

恐怖のドライブを経て、

海の街、そしてピカソの故郷でもあるマラガへ到着した我ら。


ここは、世界的なリゾート

「コスタ・デル・ソル」の玄関口でもあります。


今日からここに一泊。

明日には、山の街ロンダに向かいます。


まずは、パラドール・マラガ・ヒブラルファロ(ホテル)にてチェックイン。

古い石造りの建物の中には

海のようなブルーの色を聞かせたインテリアが。

小高い山にたたずんでいるほてるなので、海を一望できます。
b0184396_2329179.jpg
b0184396_2329145.jpg
b0184396_2329358.jpg

ロビーの写真は一通り撮影したのに、
お部屋はビデオ撮影だけで、一枚も残っておらず…

     お部屋は、やたらとベッドとベッドが離れていたな…。




着いた頃には、もう夕方に近い時間でしたが

何せ、夏のヨーロッパは、夜まで明るいので、とりあえず、観光へ。

タクシーで旧市街に向かいます。



もう閉館時間の17:00ギリギリでしたが、カテドラルへ。

ボーン、ボーン、ボーン…
時計が鳴りまっす、ボーンボンボン!
 (by保育所のゆう子先生)

やっぱり「閉館よ!」と断られました。。。


悔しいから外観前で1ショット
b0184396_23375772.jpg



諦めきれずに、小さな教会に入ります。金ピカでなかなか豪華
b0184396_23362897.jpg


素敵な庭園もあったので、記念撮影。
b0184396_23384974.jpg

これは、イギリスから旅行に来られた

素敵なカップルに撮影していただきました。

アンティークショップをやってられるそうで、

東京で日本刀なども買われたとか、そんなことを言っていたような気が(!)します。
(城前で絶望の表情を浮かべた時と、正反対の表情をする伯爵…外面ωΦ※?…)
b0184396_2342446.jpg


日本人だと、このくらいの年齢のカップルって

なんだかちょっといやらしい感じか、枯れた感じに見えてしまうような気がするのですが

この方たちは、とっても素敵なカップルでした。

ヨーロッパの人って、なんか人生を楽しんでいるって感じがするなー。


観光客用の馬車。乗りたかった…
b0184396_2343244.jpg

土産物屋とお花。ただそれだけなのに、なんだか絵になりますね。
b0184396_23434822.jpg

旧市街の街をブラブラしながら、ピカソ美術館を捜す
太陽が高いです。空が近いです。うーん、南国
b0184396_23452228.jpg

マルケス・デ・ラリオス通りは、カフェやお店がいっぱい、
歩いているだけで楽しい雰囲気です。リゾートな人々もいっぱい。
夜飲むワインも購入♪
b0184396_2349185.jpg



さて、なんとか見つけたピカソ美術館。

さすがの重警備体制で、写真なんて取れませんでした。

2歳児も含め、よくわからないなりに

ピカソの持つパワーをいただいて、帰りました。

なんだか太陽のようなエネルギーを感じました。


その後、我々は海の近くに進み、うろうろと歩きます。

公園発見!
ダッシュ!!!
b0184396_23554856.jpg

やっと、おれの出番か!と言わんばかりに

おおはしゃぎする坊。
b0184396_23571416.jpg

国際交流1
b0184396_2358326.jpg

国際交流2
b0184396_23585943.jpg

ここに、子供を連れた日本人女性が。

「観光客の方ですか?」と尋ねられました

どうやら、ご主人のお仕事でマラガに住んでられるようで

「海外赴任なんて素敵~♪」と言うと、

「住むとすごく大変です…」との回答が^^:

国民性やら、利便性やらいろいろあるのかもしれませんが

こうやって旅行するだけが一番いいのかな。現実にならない距離感が。

でもやはりいつか、海外暮らしをしてみたいと思う、小心者の夫人であります…。




さすがに暗くなってきたので、

タクシーを広い、我が城へと戻ることに。

 (タクシー内はなぜか防弾ガラスをはじめとする
 すさまじい防犯体制。この運転手さんに過去なにがあったのか、夫婦で想像をめぐらせながら)

直前に、ケーキやさんでデザートも買いましたemoticon-0166-cake.gif

海が(ちらっと)見えるお部屋のテラスで、デザートタイム
b0184396_035271.jpg
b0184396_04108.jpg
b0184396_042389.jpg



料理が評判のお宿だったので、夕食はホテルのレストランでコース料理。
b0184396_06416.jpg
b0184396_06185.jpg
b0184396_063439.jpg
b0184396_064724.jpg
b0184396_071140.jpg
b0184396_0866.jpg
b0184396_081870.jpg

しまった…

全部食べかけの写真だった…


郷土料理を主軸にした内容で、

プリフィクススタイルのコースでした。

品が良く、おいしかったけれど、子連れはちょっといづらい雰囲気でした…。

やはり、ちょっと良いレストランという位置づけだと思われ、

ほかには子どもはいなくて

きのせいかもしればいけれど、あまりそのときのスタッフさんの対応が

ウエルカムじゃない雰囲気でした。(朝食担当の人やフロントの人はすごく良かったけど)


坊も、疲れもあってか、この表情…。
b0184396_083353.jpg

あまり食欲もなさそうで
(お菓子ひとりで全部食べたしな…(汗))

かわいそうだったので、早々とお部屋へ退散しました。


そして、テラスで海を見ながら

街で購入したワインで乾杯…

なんて思い描いておりましたが、


やはり今日も爆睡へと落ちてしまった3人でした!
by x7nanax | 2009-08-30 00:27 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)

7/4(土)その2

朝食後、ゆっくりとシーにイン。

目の前にピノキオたちがおりまして、
珍しく坊がキャラと写真を撮りたいと言いましたので
やっぱりピノキオかジミニークリケットかな?と思い、声をかけようと近づくと
「それじゃない!」と坊。

なぜか悪役の猫をご指名でした…


このあとはインディジョーンズに乗ろうということで、
奥地を目指すのに便利な
トランジットスチーマーへ

この乗り物は昨日も乗っていますが、
スリルはないけど
シーの風景を堪能できて、しかも移動もできて
年のせいか?まったりとした幸せを感じられるアトラクションであります。

坊はPと船上デート気分。

歩いているときとは違う景色の見え方
b0184396_2247317.jpg


奥地へ到着した後はおひとり様インディ…。
(pが最初で私が次)
カポーに挟まれて、冷静に楽しみました。。。
やはり一人乗りは楽しさ半減。
周りの目を気にしないで、ひたりたいのに~。

終了後連絡すると坊がpを誘って、ふたりでまたもや船上デート。
ママって邪魔者?と思いつつ、
景色の美しいシーをゆっくりと一人で歩いて、港で待ち合わせ。

その後、マーメイドラグーンでスカットルのスクーターで
またもや坊がPとの同乗を希望し、私はおひとり様。
b0184396_22545278.jpg


その後一度お部屋へ戻り、荷物を整理しながら、景色を堪能。

次の宿泊先へ荷物を移動する手続きをして、
名残惜しくもお部屋とさようなら~
b0184396_22582249.jpg


伯爵との待ち合わせ時間14:00まで
ショップを見たり、散歩したり、撮影会をしたりでまったりと過ごしました。
(坊はベビーカーで軽く昼寝)
by x7nanax | 2009-08-20 23:01 | 09.7月TDR旅行 | Trackback | Comments(0)

5/3 その2

本日はグラナダからマラガへ移動です。

アルハンブラ近くのホテルを後にした我々は
急ぎ、グラナダ駅近くにレンタカー(ヨーロッパカー)屋を目指して
タクシーへ!

  *グラナダのタクシーは定額制

途中、車窓から見えたのは
こんな風に花々で飾り付けられたトレーラーたちv
b0184396_22211628.jpg

街にはフラメンコの衣裳のような民族衣装に身を包んだ女性がemoticon-0152-heart.gif
b0184396_22214868.jpg


そういえば、街中の広場でも
マリア様をお花で飾り立て、祀っているスポットがありました。
キリスト教のお祭りなのでしょうか。

祭りというのは、その国や地方のリアルな文化を垣間見られるので、旅情が高まりますemoticon-0159-music.gif

さて、緑色がテーマカラーのヨーロッパカーに到着。
あらかじめネットで予約していた内容にプラスして
保険加入手続きをしたり、オプションで付けたナビの使い方を聞いたり。

英語さっぱりな私は、蚊帳の外。
伯爵がなんとか頑張って、無事車をレンタルです。
 
坊は、風船をもらい、店内サッカー。
b0184396_22222050.jpg



感じの良いスタッフさんが、車を持ってきてくれる間
なんだか人気のない、治安の悪そうな駅前広場で
眼光鋭く、周りを警戒する夫婦と、走り回りたくてうずうずしている坊。

車はもちろんヨーロッパで一般的なマニュアル車。
そして左ハンドルです。

伯爵はこの前の年まで、マニュアル車に乗っていたので
大丈夫だろうと高をくくっていたのですが…

いざ、練習で乗ってみたら
車がジャンピング!
ポンポンポンポン跳ねて、さっぱり前に進まず

焦る伯爵と不安になる私、そして大笑いの坊!

「もうレンタカー辞めよう!電車かバスで移動しよう!」と
私が叫んだトタン、
コツを思い出した伯爵がスムーズに走り
店員さんと家族3人で大爆笑。

まさに泣き笑いでした~。

そんなこんなで、ものすごいハイテンションになってしまった私たちのドライブがスタート。

郊外に行くと、旧市街とは異なった風景にまたまた驚きつつ、
日本とはまた違う、スペインの山の中で
異国へ来た心細さを感じつつそれなりに楽しい道中でした。

いよいよマラガに到着。
本日の宿は楽しみにしていた
パラドール・デ・マラガ・ヒブラルファロ
お城のホテルですemoticon-0159-music.gif

ただし、ここに着くためには、
旧市街のせまーい道路を通らねばなりませんし、
ナビも思いのほかアホだったので、
おおざっぱなガイドの地図しか頼りはありません。

1時間くらいうろうろして、やっとこ小高いところにあるお城に到着。
伯爵は、もう疲労困憊。
明日もレンタカー、明後日もレンタカー。
レンタカーのことを考えると、緊張してくつろげないと嘆いてしまうほど…。
それほどにヨーロッパのドライブは
ジャパニーズドライバーにとって過酷なものなのか…
とペーパードライバーの私は想像をめぐらせますが、
パラドールにテンションあがりまくりでした(ごめん、伯爵)

マラガの海を背景に記念撮影。
b0184396_2223101.jpg


パラドールを前にして、絶望の表情の伯爵(笑)
b0184396_22295890.jpg


そして、これが旅のお供のレンタカー
b0184396_2224011.jpg

by x7nanax | 2009-08-20 22:33 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(2)