<   2009年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

【08年4月30日/3日目】その3

午後9時。ついにバルセロナに到着しました~♪


9時なのに、夕方みたい!


噂通り、ヨーロッパ初夏は夜10時くらいまで日が沈まないようです。


どこかでウソだと思っていましたが、本当のようです。


う~ん、得した気分。



さあ、これから3人で見知らぬ土地を旅せねばなりません。

B型の私は「異国にきたんだ~!」と高揚感でいっぱいでしたが、

A型の夫は、警戒心MAX!!!


深い、深い、深すぎる眉間の皺が気になります。


それはさておき、

まずはタクシーでホテルに向かうとしましょう!



空港前のタクシー乗り場では


黒と黄色のボディのタクシーがずらっと並んでます。

私たちのタクシーの運転手さんは、ハンチング坊をかぶったこわもてのおじさん。

この人を見て、なぜかスペインに来たことを実感しましたが、


あれはスペインというよりポルトガル。今思えば。


何でも、いいからスペインを感じたかったのでしょう。。。

おじさんに
ホテルの住所などが書いた紙を見せて、向かってもらいます。


街までの道は、大きな看板や工場のような建物が。


初めての光景に3人して、じっくりと外を眺めながら、緊張感とともに

ハイテンション状態をキープ。

何よりも、飛行機という地獄から解放された安堵感が一番強かったのです。


バルセロナ市街に入ると、ヨーロッパっぽい街並みが見られ始め、
本日のお宿
Avenida Palaceに到着。
          
ここは、直接ホテルのHPで予約しました。
 この日のレートは155€。俺たちにはちょいと高かったです。

f0173089_22225915.jpg
f0173089_22232549.jpg

b0184396_0192173.jpg


ホテルの1階にはアールデコ調の螺旋階段があって、

全体的な印象はとても優美。

室内の間取りもエントランススペースからさらにドアを通って寝室や

バスに入る形で、ちょっとリッチな感じです。

外の景色はビルの裏口側だったけど。

でも寝るだけじゃもったいないなー。




明日からのことを考えて、3人ともさっそく眠ることに。

ところが、坊がかつてないほどのおお泣き。

なんだかとっても心配になり、

「ああ、親のわがままで海外なんかこなかったほうがよかったのかな」


なんてことまで考えてしまいましたが、


こてっと寝てくれて一安心。


ついでに夫はいつも通り、坊より早く落ちてしまいました…(大いびき)


私はやたらと広いお風呂にて、ゆったりと湯につかり、


洗面台で日記を書いて、明日を夢見ながら就寝ですZzz
by x7nanax | 2009-05-22 00:23 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)

【08年4月30日(水)】その2

無事出国審査を終えて


時間を見るともう出発まで1時間を切っていました!



両替所を探し、5万円分両替。



1€、手数料含めて確か174円くらいでした。


たっけー。


そんなこんなで、


坊をキッズコーナーで遊ばせて、疲れさせる、というミッションも未達成。



何せ、数年ぶりの海外旅行者と初体験2名の初心者軍団なので、



とにかく早めに搭乗ゲートへ。


b0184396_23364057.jpg


「ほうら、あの飛行機に乗るんだよ~」と


坊に説明してあげていたら、あっという間に時間がきました。



子連れだと、優先的に搭乗させてくれるみたいで、列に並ばず搭乗します。


(ベビーカーは機内に持ち込みました)


こんな扱いに感動し、飛行機の中でも何か特別扱いしてもらえるかも!なんて


邪まな思惑を抱いたりしましたが……



今回の座席は真ん中の4人掛け。特にスクリーン前でもなく

非常口付近でもなく、やっぱり狭いエコノミー席です。

身長180cm超えの夫は、足をちんまりと折り曲げて

とてもかわいそうでした。

私たち以外の1席は、車の雑誌の編集者をされている女性。

すごく感じの良い人で、海外出張が多いらしく

機内ライフも慣れたもの。

坊にもやさしく声をかけてくれて、これだけがすくいの12時間でした。



やはり、2歳児IN飛行機は、地獄のような体験をさせてくれます。


これは私たち親の作戦負けの部分が大きいのかなという気もしますが
(しつけ?)



暗くなると奇声を発したりするし、床の下に潜り込んで喜んでるし、


私たちも私たちで、焦って怒るものだから、


面白がっていたずらしたり…


結局席にいずらくて、2人で交互に坊を連れてトイレに滞在。。。


ここが一番くつろげました。


周りの方にも申し訳なくって、坊もかわいそうだし、


人生で一番長いカウントダウンでした。


着陸したときは、夫婦ふたりでうれし涙を流しそうでした…


  【反省&次回から検討すること】

   ①やはり飛行機に乗る前にがっつり遊ばせる

   ②飛行機は夜便がいいかな?
      (でも寝てる人が多そうなのでプレッシャーも倍増しそう)

   ③おもちゃ、本をもっと多めに用意。飽きないもの、初めて
   遊ぶものを用意する

   ④できるだけ座席指定できるチケットを購入。
   窓側だと空を観てご機嫌だった。
   汚いけど、下に寝られるとよさげ

   ⑤日頃のしつけ…



今回はチューリッヒで乗り換えです。


チューリッヒの空港は、スイスの平均身長が高いせいか


トイレの鏡や便座が非常に高い位置にあり、


身長150cmの私は届くはずもなく、足をぶらぶらさせながら用をたしたのが印象的でした。



さて、ここで機内に積んでもらったベビーカーを忘れてくるという、


へまをしでかしたことに気づきました



搭乗ゲートのカウンターで、夫が必死にその旨を訴えてくれました。


初海外なのに、私より全然英語できるので、びっくら。


とりあえず、バルセロナまでほかの荷物と一緒に運んでくれるということになり一安心。


あとは小さい飛行機に乗り込んで、



アルプスを堪能しつつ、


2時間くらいでバルセロナに到着しました
by x7nanax | 2009-05-21 23:58 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)

【08年4月30日(水)】その1

いよいよ出発の日になりました!



8:00くらいには空港に着きたかったので
(飛行機は10:00過ぎ)


朝ごはんをたらふく食べるために



5:30起床っ



朝ごはんも夜と一緒でビュッフェでしたが、


納豆とか、焼き魚とか


純和風朝ごはんを中心に、がっつりいかせていただきました。

(夫は肉食獣なので、ベーコンやらハムやらがつがつくらってましたが)




そして、ホテルでチェックインをし、


「いってらっしゃーい」という声を後ろに



大量の荷物を背負い、ころころと転がし、


坊をベビーカーにのっけて、


シャトルバスに乗り込みます



ひさびさの旅への高揚感と、緊張感がなんだかここちよく


3人して、おかしくなりそうでしたので


この喜びを伝えるため


両家母に



「今から空港に向かいます!」




と、坊の顔写真付きメールを飛ばします。


「いってらっしゃーい」という返信に


ちょっと心もほぐされて、成田空港とうちゃーくっ





海外発の2●歳の夫と飛行機すら発の2歳児、坊。


成田空港の広大なスペースを見て、



「すっげえ」と口をあけっぱなし!



人のことばかり言ってられません。


あたくしも、数年ぶりだったので、一緒に口空いていたと思います。



なんか、やはり、空港いいですねえ。


旅に出るんだーって空気に満ちてます。



まずは、スイス航空のカウンターを探します。



Eチケットを見せて、手続きしますが


「マイレージカードはお持ちですか?」と聞かれます。


その存在は知っておりましたが、


この時点では持っていなかったので、



仮カードを作ってもらいました。



(今はやっきになってマイレージ貯めています!
でもこのときのマイルの申請を自分の分しかやらずに
夫と坊の合計約13000マイルは失効………)



さあ、よくわからない手続きをなんとかこなして(もらって)



空港探検もとい、買い物と両替、



そしてミッション(坊を疲れさせる)スタートっす!




まずは両替。




このとき、知識があまりなく、



空港の搭乗ゲート?を通った後のほうがレートがいいということを知らずに


やみくもに銀行を探していたのですが、


9時前でどこもしまっていました。


その後、薬や飛行機内でのスキンケアグッズを購入



おもちゃやで坊の機内用おもちゃ(ヘリコプター。
音が出るので失敗)を購入



本屋で坊の本を購入(「ミッケ」みたいなののミニバージョン)。



やばっ


あっという間に9時!




もう出国審査したほうがいいかも~っ



と急いで行きます。




液体のものの持ち込みはすべて、透明ケースに入れて


とのことだったので、持っていていたジップロックに



あわてて化粧水やらコンタクトケースや洗浄液を入れて用意します。




さて、出国審査直前、またもや夫のところには会社から電話。



事なきをえましたが



とりあえず、夫は海外でも通じる携帯を借りていたので



あっち行っても、仕事電話に追いかけられそう~



さあ、出国ゲートに入りました~。


この時点で、まだ坊は疲れておりませーん。
by x7nanax | 2009-05-21 15:54 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)

時間的にも金銭的にも環境的にも


そうちょくちょく旅にでられるものではありません(よね?)


でも、模擬旅行、妄想トリップはいくらでもやろうと思えば可能。


ガイドやナビ本もいいですが、


妄想が広がる、エッセイちっくな紀行本や旅行記が好きです。


知られざるイタリアへ―終わりなき旅路イタリア編

ロバート・ハリス / 東京書籍



  旅で出会った人との会話から見える人生模様
  観光地化されていない土地を気ままに散策し、空想に遊ぶ
  どこか夢物語を見ているような、旅のエッセイ


 
 南イタリアからトスカーナまで

 2週間かけてきままにドライブ旅行するロバート・ハリスさんと、写真家のHABUさん。

 巡る街は、

 映画好きの著者らしい「ニューシネマパラダイス」や「ゴットファザー」が

 撮影された場所や

 アルベロベッロやシエナ、フィレンツェなど以外は

 ほとんど聞いたこともないような小さなところ。

 でもそれぞれの街で必ず誰かと出会って、友達(ときに親友)になり、

 彼らとのディープな会話をし、倒れるほど飲んでご機嫌になったりする。

 観光地化されていない土地の、シックな街並みや美しい風景を堪能し、

 名物料理も楽しんで、ちょっと変わったホテルにも宿泊。


 
  「大事なのはファミリア」と語る宿の主人、

 目標を持って頑張る現地の日本人。

 自分と境遇の違う人との会話を通じて、人生を考える。


 また、名もない通りや朽ちた古城を散策し、

 過去や未来に思いを馳せ、

 理想像である「スナフキン」の姿を追い求める。 


  人生は旅、旅は人生

 という言葉はよく聞くが、

 観て、食べて、買って、飲んで、遊んでる間に

 誰もが、何かに思いを馳せ、どこかでちょっぴり人生を考えたりしてるような気がします。


 それが、とっても違和感なく表現されていて、

 読後はひとつの物語を読んだような印象でした。


 旅の内容もさりげなくて、かたひじはらずに、読めてよかった。


 いつしか、こんなディープな旅がしたいわ。



 
 

 
by x7nanax | 2009-05-20 01:25 | 夫人の本棚 | Trackback | Comments(0)

【08年4月29日(火・祝)】

いよいよ明日が出発、という前の日。


われわれは、上野の動物園でパンダを探していました…。
b0184396_2355155.jpg




自宅は東京からはるか遠く。


新幹線で最速約1時間半。


朝イチに家を出ても朝出発の飛行機にはギリギリ…


移動に移動では、2歳児の体調に影響がでてしまうかもしれません。



ということで、成田に前日入りして、ゆったりと過ごそうということに決めました。



また、次の2つのもくろみもありました。


  A.2歳児飛行機への対策

    前日に、また当日朝余裕を持って、いっぱい遊ばせて、疲れさせる。
    飛行機の中ではぐっすり…

  B.日本食をたらふく食いだめる

    じゃらんネットの成田ビューホテル
    「海外旅行前は夕食&朝食ビュッフェで和食三昧」みたいな見出しに
    コロリと心奪われた。


結果から言うとBは成功。Aは…(泣)




さて、当日の記録&妄想トリップに戻りまして…


9:00くらいに自宅を出て、バス→新幹線と乗継ぎ、東京へ。

(荷物は事前にホテルに送っていたので、とりあえず

背負えるキャリーケース一個分を持ってきました)


成田まで京成ライナーを利用するため、


上野で遊ぶことに。


駅中でたんまりとパンを買い込んで、大混雑の動物園に向かいました。



(上のお写真にもある通り、
ちょろちょろと落ち着きのない坊に「迷子ひも」をつけました。
でも首輪をつけた犬よりも、ふいをつく動きが多くて
転ばせそうで怖い!ということで結局あまり使いませんでした)



やはり上野動物園と言えば


パンダ!


事前にパンダ情報をいっぱい教えたりして坊の好奇心をあおっていたにも関わらず、


この日はご危篤で、会えませんでした。
(ちなみに、珍獣から猛獣までくまなく見学したのですが、
坊のお気に入りは、なぜかペンギンでした…
相変わらず親だけが、興奮状態)


しかし、なれていない土地をベビーと歩くのって大変ですねえ。


京成ライナーの駅は、階段が多くって


坊がベビーカーに乗っていたもので、しんどかったです。



15:00台の京成ライナーに乗り込み、


懐かしい田園風景を心に刻みながら(?)



無事成田に到着。


駅からシャトルバスに乗って成田ビューホテルへ。


古さは否めませんが、スタッフの方の対応はとても気持ちのいいものでした。


3名で11500円くらいのスタンダードツインのお部屋を申し込んでいたのですが、


ファミリールームみたいな、ちょっとグレードの高い、広めのお部屋に


変えてくれていて、うれしかったです。



仕事に追われていた夫クンは、着いてそうそう


ホテルのパソコン(有料)に向かっており、


私は若干興奮気味の坊とホテル探検をしたり、
広い部屋で暴走したり。



忙しそうな人を見ると、自分まで引きずられて、そわそわしちゃう私の性格。



夫を「まだー?」「早くごはん行こうよ~」「旅の計画しようよー」と


ずいぶんつついてしまいました。


ちーん。



ちょっと落ち着いた頃、夕食バイキングへ。



坊には特別な日にだけ許している(外食のとき)


オレンジジュースを与えて



日本食を中心にもりっとがっつりと


いただきます~。



なんだか不思議なことに、この日、やたらと奇声をあげていた



うちの御曹司。



この夕食タイムはマックスでした。



レストランのはしっこに座ったけど


それでもあちこちに響くみたいで。



じーっと見てくるおばちゃんの目が痛かったです。。。



お味は、実はあまり印象に残っておらず…


だけど食べたい物を存分に食べて、旅への期待にわくわくしてて


とっても幸せな時間でもあったかな。




お部屋に戻って、お風呂入って



いざ就寝!


…夫クンは………まだまだお仕事です
by x7nanax | 2009-05-20 00:35 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)

子連れスペイン旅の手配

旅って、計画することも、手配することも楽しいもんです。


それから振り返ることも♪


楽しみを先延ばししすぎて、ついに一年も経過してしまった我が家ですが…。


気を取り直して、


今回の旅のおさらいです。



飛行機はHISの格安航空券
       (2歳0か月というのに、坊も大人料金の75%)
 
  確か、ひとり11万円(燃料費など別)、トータルで45万円くらいになりました。



ホテル
  ・Hotelclub、オクトパストラベルをはじめとする、ホテルブッキングサイトで検索。


   口コミを読みあさり、ここで決めたホテルもあれば


   直HPに行って、レートを比較して、良ければそのまま予約しました。


  ・パラドールに関して言うと、直接パラドールのサイトで予約しました。
 

  メーデー連休というのにひっかかったこともありますが、


 バルセロナはとっても高かったです。


 坊が小さかったので、それなりにしっかりしたホテルがいいな


 と思っていたため、四つ星・五つ星を選びましたが、ちょっと贅沢したかな・


 ひと部屋2~3万円くらいでした。

 
パラドールもそれくらい。

 ちなみにパラドールとは、国営のホテルのことですが

 
修道院、お城をはじめとする歴史的建造物などを改築したものもあったりして

 
とても人気なようです。(特にグラナダのパラドールは)

 
今回は、マラガとロンダでパラドールに宿泊しました。




スペイン国内航空券


  坊サイトでヨーロッパには非常に安い航空会社があり、熾烈な競争を
 

 繰り広げていると知りました。


 で、りさーちし、スペインのVUELINGという会社のHPにて


 バルセロナ→グラナダ、セビーリャ→バルセロナ間を予約。


 英語表示もあったよ


レンタカー

  これも某サイトにて、ヨーロッパはEUROPECARが安いと知り、

  HPより予約しました。

  日本語でできるので、すっごく安心です。

  料金もすぐに検索できます。






この個人旅行。


さまざまなサイトやブログを参考にしてこそ、できたと思ってます。


ほんっとうに!旅行記サイトやブログを作ってる方に感謝!!!





「個人旅行ってやろうと思えばできるんだ」という勇気を頂き




「飛行機乗るときの子供対策はこれか」



「この名所は外せないな」



「そうか、このホテル子連れによさそう」


そんなリサーチまでできて、生情報の宝庫でした!


グラシアスグラシアス
by x7nanax | 2009-05-19 00:20 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)

b0184396_23515936.jpg
b0184396_23521778.jpg
b0184396_23523560.jpg
b0184396_23525289.jpg
b0184396_2353324.jpg


昨年のゴールデンウィークに、

プティルパン家で初の海外旅行(スペイン)へ行ってまいりました。

このとき、坊は2歳になったばかり。

夫は初海外。

私は3度目でしたが、まったく英語がダメ。




それなのに…



いきなり…



個人手配の個人旅行。



そして、旅の途中ではレンタカーでのドライブまで!



果たして、このたびはうまくいったのでしょうか!?



もう一年以上も経過したので、記憶も薄れてきたのが悲しいですが、


も一回旅してる気分を味わいに、


妄想トリップスタート!



さて、まずは旅の概要。

【日程】
4/29 東京前泊
4/30 成田→バルセロナ
5/1  バルセロナ観光
5/2  →グラナダ(飛行機)
5/3  →マラガ(レンタカー)
5/4  →マルべーリャ、ロンダ(レンタカー)
5/5  →セビーリャ(レンタカー)
5/6  セビーリャ
5/7  →バルセロナ(飛行機)
5/8,9  →成田


バルセロナのガウディ作品見物と


アンダルシアでスペインを感じる旅です。


パラドール(国営ホテル)なんかにも泊まり


プティルパン家にとっては、ちょっぴりリッチな内容になっちゃいました。





スペインまでの航空券


ホテル


スペイン国内の航空券


レンタカー


すべて個人手配です。


次回は手配内容について~
by x7nanax | 2009-05-19 00:01 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)

山形ではしご

f0173089_1333331.jpg


きのう、日曜に行ったのは山形。



美味しいものを求めて、食べるためだけに車を飛ばし…







山形といえば







蕎麦!


ということで、おいしい蕎麦屋を携帯でリサーチし



山形市漆山というところにある、こちらのお店へ。


f0173089_1314146.jpg



見事なツツジ(?)の花がお出迎え。

こんなにおっきくて、かわいいピンクのグラデは見たことないです!


f0173089_13174756.jpg




人気店だけあって、13:30でも人がけっこう並んでいましたが


威勢のいい看板娘…もとい看板おばちゃんが



職人技(?)でお客をさばき


あっという間に着席。



注文したのは


夫が「鴨ソバつけめん」(1050円)私が「鳥中華」(750円)


f0173089_13205267.jpg

f0173089_1321156.jpg


スープはどちらも、甘辛い、なんだか懐かしい味で


私が食べたラーメンは縮れメンで、つるっとのど越しもよく


とってもおいしく夢中で完食しちゃいました。


大量のネギのほか、ごぼうやニンジンも入っていて


食感も良かった。


坊も取り分けた分をペロッと平らげました!


夫クンは、そばのコシが弱いとのことで、


もっとガツンとこしのある山形らしいそばを食らいたい!と


若干不満気味。



なんと、蕎麦屋をはしごすることになってしまったのです。




とあるネットランキングで山形そば1位のお店、村山市の「あらきそば」。
県外からもたくさん人が来る模様。

f0173089_13263554.jpg


お店は100年以上前に建てられた農家の家屋。


奥には蔵、黒光りする木造で、とっても風情があります。



でも入店したのが15:00くらいだったせいか、



入口の小上がりのところで


おじいちゃんとおばあちゃんがまかない?をフツーに食べていて、ビックリ。


お店は開店中だったけど。


(茶ダンスにこけしが鎮座していて、おばあちゃんの座イスも赤くて

いろんなものが、可愛かったです)


メニューは板そば(800円)とにしんの味噌煮(370円?)のふたつだけ。


板そば2枚、にしんの味噌煮1つを頼みました。(げっぷぅ)


これぞ、コシ(?)というもっちりとした、そしてしっかりした食感。


そば粉100パーセントの渋い味がします。


とっても通好みな感じのお味だったため、


私と坊は(おなかいっぱいだったせいもあるけど)、早々と夫クンにバトンタッチ。


夫クンは1枚半、ペロッと食べました。


これぞ山形そばと満足げ。



その後、私と坊のリクエストで


むらやま道の駅にて「紫いものジェラート」と「白桃のジェラート」をデザートに。



お土産に
f0173089_1337685.jpg


「保存食の塩納豆」と「パイナップルサイダー」を購入し、


高速をすっとばして、ご帰宅~♪
by x7nanax | 2009-05-18 22:36 | 東北旅行 | Trackback | Comments(0)