カテゴリ:12.5月子連れパリの旅( 44 )

【旅2日目】
 056.gifこの日のメニュー056.gif
  ●朝のセーヌ川散策
  ●ガイドさんとマレ散歩
  ●バトビュスでセーヌ川遊覧
 
朝起きて、まるおが言った。

「俺、帰りたい……」

常日頃、旅に出ると誰よりも興奮し、「帰りたくない」を連発するまる氏。

そんなにうちがイヤか? やっぱり汚い家は嫌いか?などと

母としては都度自問を続け複雑な気持ちになっていたのだが、

いつもとは違う発言に私は動揺した……008.gif(というかいつも気持ちがフラフラしている)

そしてとっさに、「まるお~、今日は船に乗れるんだよー♪」と言ってしまい、

今日の予定になかったバトビュス(船バス)に乗ることが急きょ決まってしまった。。。

とりあえず、プチルパン家(伯爵の母から)に伝わる、

子どもリ●ビタンDを一気飲みして、少しまるおは元気を出した。(薬大好きっ子)
b0184396_14591885.jpg


b0184396_15104848.jpg

それ以上に、これ。さとうのご飯(うそ。トップバリューのもっと安いやつ)+ゴマ昆布(佃煮)で

まるおは生き返った。しかし、さっそくご飯が恋しくなった母と、このご飯をめぐってプチバトル勃発。

「少しちょうだい。」(母)  「ダメ!」(まるお) 「まるおってやさしくない!」(母)

「じゃあ、いいよー(怒)」(まるお)

と、やさしいまるおはいつも折れてくれる(折れさせる)。

ご飯は全部で4つ。大切にちょっとずつ食べなければならない……。


今日は10:00にガイドさんがホテルに迎えにきてくれる。

ということで、その前に少しセーヌ川を散策することにしていた。

この旅は3度めの巴里のはずだが、セーヌ川の河畔を歩くのは初めて。世界遺産のはずなのに。

今回の旅は「ゆっくり。巴里の香り満喫」がテーマなので、

セーヌ河畔でまったりするのは重要なミッション。(ミッションにしたら「ゆっくりな旅」じゃないよね)

まるおに迷子札(ホテルと私の電話番号書いた名札)つけて、

迷子予防の鈴を付けて部屋を出て、フロントを通ると、

まるおが動くたびに「チャリンチャリン」と鈴の音が鳴り、誰もが我々を目で追う。

はずかしーーー。でも万一まるおが迷子になったら、きっと二度と会えなくなってしまう。

だから母の義務として危険よりも恥ずかしさを取って、この旅ずっとクマの鈴をまるおに装着させていた。

ポンヌフ(新橋)という名の一番古いウン100年前にできた箸を通って、

セーヌ川へと下る階段を探す。

「わあ!まるお、貸・切・り~!」

私が1人浮かれて、隣を見ると………
b0184396_15294990.jpg

!!!!

背中で哀愁を語る6歳が( 一一)

それはそれは悲しげ(苦しげ?)な顔でセーヌ川を見ている。

「ママ、セーヌ川って茶色だね。汚いね」とか言いながら。

「でもこの茶色とグレーの街並みの色合いがぴったりだよ」とか、私は苦し紛れの弁解をして

なんとかまるおに喜んでもらえることを考える。

「あ、まるお写真撮ったら?ママも撮るからさ」

まるおは預けておいたデジカメでいろいろと難しい顔で撮っている。そしてそれを母が撮る。

どんなに撮ってもまるおはずっと、困り顔のままだ。
b0184396_15362714.jpg

  ▲まるおの靴と後ろの車がおんなじ色合い

とにかくおべっかを使いまくって(「写真上手!」とか)、ご近所のノートルダム大聖堂へ向かってみる。

ここは2010年にパパ伯爵とも来たところだったし、

ディズニーの『ノートルダムの鐘』って映画も観ていたので、まるおちょっと食いついた。

『ノートルダムの鐘』には、実際にノートルダムの石像をキャラ化したガーゴイルたち(悪魔的風貌)が

登場するのだが、それらを写真で撮ったりして、楽しむ。
b0184396_1542575.jpg

b0184396_1543264.jpg



b0184396_15433263.jpg

  ▲ノートルダムを守るガーゴイルたち。この人たちが三枚目キャラで映画に登場

しかし、まるお、この後、ガーゴイル化してしまう。。。
by x7nanax | 2012-06-03 15:48 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)

おれんち(ホテル)はセーヌ川沿い。

ホテルを出て左にいくと、スーパーがあるらしい。

もう19:00だけど、今日のミッションは

ホテルのチェックインと、夕食の買い出し。

まるおと母は恐る恐る巴里の街へと一歩踏み出した。。。


細い歩道を、慣れたふりして、足早に進む。


日本時間およそ夜中の2時の今、万一まるおさんに

限界が来た末に、歩きながら眠られてはこまる。

23.4キロはもうオブれません。。。
b0184396_2252867.jpg

b0184396_2252419.jpg



巴里らしい、グレーとベージュの迫ってくるような建物と

なぜか「sushi」の文字がいっぱいのドーフィーヌ通りを進むと、

わあ!なんだか楽しげな界隈に遭遇♪

ビュシ通りだあ。

たくさんのお店が軒を連ねて

人々はオープンカフェで一杯やってます。

キャー、巴里だあ(当たり前)。と感激しながら、


きょろきょろ進むと、スーパー発見。

カルフルール。

いろんな本で読んだあんなもの、こんなものを探しながら、

まる氏の大好物「オランジーナ」も2本購入。
 (黒いオランジーナもあり)

お店を出て、おいしいパンのチェーン店、愛しの「PAUL」があったので

そこで「ユヌ バゲット しるぶぷれ」で、バケット一本購入。(ついでにミニクロワッサン二個も)

b0184396_2225182.jpg

    ▲まるで巴里ジャンのようにバケットを食べ歩きするジャポネ6歳(たて笛編)
b0184396_2225639.jpg

    ▲ウィンドーショッピングする熟年カップルの前で、バケットを横笛食いするジャポネ
b0184396_2225811.jpg

    ▲バケット横笛食いのジャポネ、巴里ジェンヌににらまれる

さて買ってきた食材で、即席ディナー♪
b0184396_2253762.jpg

b0184396_2253973.jpg


気づけばもう21時(日本時間早朝4時)。

すぐにお風呂に入って、ベッドへ入ったはいいが

まだ外は明るいまま……

まるおは即寝ました。母は興奮状態で眠られず、思わず見ちゃったメール(パソコン同期してるやつ)。


がーん、お仕事の契約書未提出だから至急提出してほしいという

恐ろしげなメール発見。。。キャーますます眠れない…

そんなこんなで1日目終了!
by x7nanax | 2012-05-31 22:35 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)

カードキーでお部屋を開ける。


日本のホテルより、なんか感度が悪いというか


絶妙なスピードでカードを抜かないと、開かない。


私の胸に、「フランス人にこの状況をどう説明すれば…」と


暗雲がたちこめる。



すると気合いでなんとか緑ランプがついて、部屋が開いた。



入るとすぐがちょっとした通路になっており、


右手に浴室&トイレ、

左手にクローゼット

そして奥にもひとつ扉があって、そこがお部屋。


お、広い。前に泊まったホテルの二倍はあるぞ。


部屋の右手にベッド、左手にソファとテーブルと机。


そして机の脇の扉を開けるとキッチン。


部屋はちょっとモダンな感じだが、例えば壁の上部などに

ちょっとした意匠が凝らされていて、さすがヨーロッパ。

大きな窓枠もなんだか巴里っぽい。


ただ、部屋はとっても暗い。ムーディとも言える。

おっきいランプがあるのに、そいつは点かないときてる。

間接照明オンリーってやつです。


まずはパパに借りた二つのスーツケースを開けて、大きなクローゼットに収納。

ちょっとずつ俺んちにしてく。(つまりジャポネの生活感たっぷりってこと)
b0184396_21434418.jpg

b0184396_21435139.jpg

▲いろんな時に撮影してます



御覧の通り、収納たっぷり、アイロン・ドライヤー・食器洗い機もろもろ設備は十分。

トイレの壁には、ヒーターがあって手洗いしたおパンツとかを干せる。

何より、キッチンは自分ちより食器やら道具やらが充実でワクワク。
(でもこのキッチンは「サトウのごはん」とカップラーメン、まるおのゴーカイジャーの薬袋などに占拠される)

さっき、フロントでムッスィユーにもらった地図に、スーパーもブーランジェリーもあったし、

お買いもの~お買いもの~♪


ついでに、ムッスィユーにWIFIのパスワードも聞かねば。

お部屋でネットしたいし。

あれ?「教えて」って英語でティーチミー?いやそれは勉強とか教えてってこと?

あれ?ということで、情けない単語力ゆえに

iphoneアプリの『翻訳こんにゃく』を起動。

「Please tell me…」で、なんとか通じる。

「めるしー」と言って、

さあ、ワクワクの巴里散歩&買い物へ行くぞー、まるお。
by x7nanax | 2012-05-26 21:58 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(2)

b0184396_12222113.jpg


出発前前日の真夜中。

まるおが高熱!はかったら39度(:_;)

一度は諦めたお巴里タビ。

まあ、いろいろと紆余曲折の末、

ホテル代3泊分をまるまる捨てて、

スケジュール組み直して、

3日遅れでなんとか出発に漕ぎつける。


まるおが彼の地で、また熱出したらどうしよ!

肺炎になったらどうしよ!って心配していたのに、

いざ出発となったら、高揚感がまさってワクワクしはじめ…。

自分のB型の血がちょっと嫌になる。

それでも、体温計を常に携帯し、

空港へ向かう車の中でも、10分おきに体温はかる。


無事地元空港到着し、すでにネットでチェックイン済だったので、

飛行機をチラミした後、朝ごはんを食べに。


私とまるおがうきうきによる珍しい小食。

そして伯爵はあいかわらずの大食漢で、なぜか牛タンシチューを朝からもり。

「もう帰ってこないかも」と、伯爵とお別れする。

案外、まるおもあっさりと「バイバイ」

伯爵からは、「誰もいない家は寂しい」とメールが届くも、

それ以後、一度も巴里の私たちの元へ、

伯爵からのメールも電話も来ることはなかった…(笑)




あっという間に、成田に登場したまるお君。

国内線の機内でもらったANAの飛行機を片手に

ずっと「ブーン、ブーン」を言っている。


なんとか無事に出国審査もパスし、
(まるおのパスポートが損傷していたので、すごく心配だった)

ボーディングゲートを探す。

大人1人のため、つねに重たい機内持ち込み荷物をかつぎ、

とりあえず両替。6万円。だいたい1€が114円とかのレートだったかと。

 あいかわらずまるおは「ブーンブーン」

 

搭乗を待っている間、隣の初老夫婦が

娘らしき人に電話していて、

帰りの席をWEBチェックインで取ってくれないかと頼んでいる。

「でも日本時間だと朝の3時スタートで、早い者がちなのよ」

まるお、でかい声で   「ママ、朝の3時って早い?」

終始そんな感じで、こそこそ話ができないくせに、

私に似て他人様の会話をよく盗み聞きしているまる氏。

優先搭乗のアナウンスで、ビジネスクラスや上級会員の人が乗り込んでいくと

「なんで俺はすぐのれないの?」

「一番安い席だからだよ」(こっそり)

「あの人たちは高い席なの?」(大声)

恥ずかしくて、列から離れ、 最後の方に搭乗。



穴倉に入っていくような飛行機への通路をワクワクで通り抜け、

「ハッピーフライト」と同じCAさんに興奮し、着席。

運よくふたり席なので、さっそく寛ぐまる氏。

慣れた手つきでイヤホンを取りだす。

トムとジェリーやちびまるこを何回も観て、

ゲームにチャレンジして、機内食はほとんど食べず

パパに買ってもらったおにぎりをムシャムシャ食べて。

まだ1時間しか経ってないのに

「ママ、もう巴里~?」

これを10回くらい繰り返す。

私は、斜め前に座った添乗員さんの

機内ライフを盗み見しながら、「アーティスト」を観て、ビールをあおる。

そしたら、寝不足がたたって頭がガンガン。

たまに、ぎゃれー付近に行ってエコノミー症候群予防の体操したり、空を見たりしてたら

CAさんが声かけてきて、まるおデレデレ。

「おふたりでのご旅行ですか?」

母子での個人旅行と言うと、

お子さんのいるCAさん(親近感ある雰囲気)は

「すごいですねー」とほめてくれる。

 (いえいえ、ただの無謀で、英語もフランス語もしゃべれないんです・心の声)

「ハッピーフライトが好きなので、まるおは興奮してるんです」と言うと、

まるおがマニアックな映画の中のモノマネを始めたので、この話は早めにスルー。


そんなこんなで、

意外にすんなり巴里到着!
b0184396_13381053.jpg

by x7nanax | 2012-05-24 13:20 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)

巴里 念願の蚤の市

朝、また少し寝坊。
PAULでパン・オ・ショコラを買って、
サンジェルマン・デ・プレ教会横の公園で朝ご飯。
(携帯忘れ、写真なし)

バスに乗り、ヴァンヴの蚤の市へ。
まるお、お店のお姉さんに
「KAWAII!」と言われ調子に乗る。
戦利品!
b0184396_4345442.jpg

宝探しみたいで、楽しかった。
もっと買えばよかったあ。
今度は、コンコルド広場とチュイルリー公園へ。
革命の話にまる氏興味しんしん。
b0184396_435235.jpg


公園では、またまた一時間以上遊ぶ。
欧米のパパママみたいに、
どうにか一生懸命寛ぐ努力をする
日本人な自分が悲しい(~_~;)
b0184396_4345827.jpg


有名どころを制覇すべく、
すたこら凱旋門へ。
途中、まる氏疲れた攻撃でバスに乗る。
激混みで、潰されそうになるまるお。
近くに座ってたおばあちゃんが
抱っこしてくれて、無事到着。
デーン
b0184396_435672.jpg


帰り道、道路のポールに
おでこぶつけたまる氏。
ポロポロ泣いてしまった。
おでこには、またまたたんこぶ…

ああ、ついに明日帰国。
帰りたくない(T ^ T)
あ、今なぜか日本の戦国時代の番組やってる。
日本に興味持ってくれてるのは、素直にうれしい。
b0184396_4351044.jpg

by x7nanax | 2012-05-13 04:07 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)

巴里 ツメツメ

今日は晴れ時々雨の予報なのに、
外は大雨。
b0184396_716537.jpg


まる氏は目覚めると
「帰りたい。パパに会いたい」と
いじらしい一言(笑)

無視して、今日の予定をこなす。
もうすでに十時半。
雨でも大丈夫な美術館へ。
今回どうしても行きたかった中世美術館。
b0184396_716835.jpg

興味なしのまるおに、
面白いのあったら教えてと言うと、
本当に面白いものを見つけてくる。
見逃してしまいそうな中世のベルトを
みつけてきたかと思うと
小さな細長い置物を箸と思ってる。

さて、次はパレロワイヤルで遊び、
パッサージュの中にある
サロン・ド・テにてランチ。
b0184396_7161264.jpg

b0184396_7161873.jpg


おみちゃ屋を巡り、
豪華絢爛のオペラ座へ
b0184396_7162058.jpg


大好きなモンマルトルでは
プチトランに乗る。
帰りは貸切状態で 恥ずかしい。
b0184396_7162365.jpg

今日のおやつはクレープ
b0184396_7163184.jpg


今日はまる氏も母も疲れすぎた。
お風呂は明日にしますっ
by x7nanax | 2012-05-12 06:51 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)

巴里 便利地図

今回は、バスを駆使してます。
迷いながら、バス停見つけて乗って、
ふと見たらパンテオン。
b0184396_711429.jpg

その巨大さに感心しながら、
楽しい車窓旅。

おおまかなマップしか持ってなかったけど、
やっとバス停が掲載されている
プラン ド パリをゲット!
b0184396_6545238.jpg

まるお、地図にはまり
これを胸に抱いたまま、
寝てしまいました。
by x7nanax | 2012-05-11 06:51 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)

巴里 まるお日和

今日は寝坊。
昨日下見した、植物園の
進化大陳列展へ。
b0184396_3353469.jpg

すごい迫力の剥製大行進。
パリらしいレトロ空間がまたよい。
迷いながらカルチェラタンを散歩?
b0184396_336018.jpg


リュクサンブール公園へ。
b0184396_3354933.jpg


まるお、フランス人の友人できました(笑)
b0184396_3355768.jpg

遊びに遊んで、
また迷いながら帰宅。
日焼けしたあ。
今日のおやつはコレ。
ミッシェル・オーガスタンのサブレ。
b0184396_336151.jpg

メチャうまー!
これ、ヨーグルトドリンクも最高。
by x7nanax | 2012-05-11 03:25 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)

ボン・マルシェでお惣菜とか
食材とか購入し、バスでホテルに。
b0184396_651179.jpg

美味しすぎて、大満足。
レストラン行かなくてもいいや!

そしてドキドキのクルーズ。
夜だから、無事帰れるかな。。
不安を感じながら、夜景を楽しむ。
b0184396_65136.jpg

b0184396_651474.jpg

b0184396_651729.jpg

エッフェルに着いて終了。
ひえー、どうやって帰るの!?
タクシー!
やば、ホテルの住所もない。
と、とりあえず「ポンヌフ、しるぶぷれ」
無事ホテルに到着ヽ(;▽;)ノ
それにしても、タクシーのムッスィユー。
運転がジェットコースター。

クタクタで到着しつつ、
デザートのエクレアを頬張る。
オトナの味。
b0184396_651823.jpg

by x7nanax | 2012-05-10 06:37 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)

巴里 植物園とモスケ

梅ちゃん先生を観たあと、
二時間のお昼寝で、夜の予定に備える。
そして、植物園へ。
本当は進化大陳列展を観る予定が、
閉館真近だったんで、
カルーセルだけ楽しむ。
b0184396_6363339.jpg

モスケのサロン・ド・テでは
スズメがいっぱい。
自ら木になりすまして、
人差し指を天に差した不動のまるおに
周囲のマダム失笑。
b0184396_6363516.jpg

バスでサンジュルピス聖堂へ行き、
まる氏、祈りを捧げる。
b0184396_6363796.jpg

聖歌隊の歌声と、神父様の説教で
神聖な空気感に、まるおも神妙な面持ち。
by x7nanax | 2012-05-10 06:26 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)