カテゴリ:東北旅行( 6 )

9/22、宮城県女川の
さんま収穫祭へ行ってまいりました~☆

女川港で水揚げされた

生さんまの炭火焼きが無料で食べれるほか、

ホタテにムール貝、

その他さまざまな屋台が出て

美味しいものがどっさり。

アイドルのイベントから演歌歌手のコンサートまで

総合運動公園、大盛り上がりでした♪
まずは
ムール貝の酒蒸し053.gif
b0184396_23271758.jpg

なんとこれでたったの200円!

もくもく煙が!
b0184396_23184532.jpg

焼いてる焼いてる~♪
b0184396_23194813.jpg

老いも若きもみんながさんまを食べているー!
b0184396_23253834.jpg

あぶらがのっていて、ジュウジュウ言ってる

b0184396_23261369.jpg

大根おろしとレモンを絞って。。。
皮がパリパリでうまーい!

こんなかわいいタイルもありました☆
b0184396_23292747.jpg

リアスのヒーローイーガーのDVDも発売!
b0184396_2331663.jpg


そして、イベントを後にして海方面へ!
b0184396_23333211.jpg


「おかせい」です。
b0184396_2333125.jpg

魚屋スペースと、飲食スペースがあります。

16:00過ぎだというのに、
行列で、30分くらい待ちました。
(ももクロも来たらしい!写真発見)

新鮮な海鮮丼やお寿司が激安☆
b0184396_23321118.jpg


うちの子は『ミニマグロ丼』1200円
b0184396_2336814.jpg


私とパパはその名も『女川丼』1200円
b0184396_233788.jpg


どちらにもおっきな『あら汁』のお椀が付きます。

大きな切り身がたっぷり乗っていて

満腹になりました~072.gif


ああ!写真を見たら

また食べたくなってきたー!!!

今度は泊まりで行きますっ


読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-09-23 18:37 | 東北旅行 | Trackback | Comments(0)

9月のシルバーウィークの1週間前。

仕事に疲れた伯爵(MY夫)が、
駄々をこね始めた。

「もう疲れた!シルバーウィークは南仏行こうっ」

こんな連休に飛行機の席があるはずもなく、
航空会社や旅行会社からもらえたのは
「満席です」「3人で百ウン万円のこのチケットならご用意できます」などという
無情な回答ばかりだった。

沖縄や北海道、軽井沢(発想が貧弱?)など国内の
現実逃避ゾーンもいろいろ調べたけれど、
それこそ無理!もういっぱい。

こりゃ、温泉だ。温泉しかねえべっちゃ。

ということで、家にあったこの御本をチェック。

Discover Japan TRAVEL vol.2 日本の名旅館 (エイムック 1815)

エイ出版社


こちらに載っていた、車でもなんとか行ける
山形の「櫻湯 山茱茰」が目に止まる。

「…この旅館を紹介している本なら信頼に値する」
「…日本のオーベルジュ」などと紹介されていて、
ここだ!と決定。
じゃらんにも取扱があったので、さっそく予約v

部屋数は全7部屋のみ。
静かで隠れ家のような宿。
すべての部屋に露天風呂付き。
そして、プライベートガーデンも。

居間(和室)、寝室、TVのある部屋と全部で
3部屋仕様。

わがプティルパン家にとっては、豪華すぎ!
b0184396_23421037.jpg

こちら居間
b0184396_23444558.jpg

TVのある部屋。DVDやCD(BOSE)も使用可能。
旅館のライブラリースペース(マッセージチェア付き)にて
「ポニョ」「ニモ」を借りて、坊、乱観(←造語)。
b0184396_23473050.jpg

プライベートガーデンを臨む大きな窓。
和のリゾート!何もかもこだわって吟味された感のあるしつらえ。
その調和がリラックスを産むのですねえ。
b0184396_23504044.jpg

b0184396_23522620.jpg

室内から通じる渡り廊下。そこから見えるのは…
キャー!露天風呂さま~
b0184396_23533497.jpg

b0184396_23541380.jpg


そして、チェックインと同時にすでに寝室には、お布団が。
b0184396_084342.jpg


こちらも障子を開けると、美しいガーデンビュー
伯爵は3時間のシエスタへ~

坊と夫人は大浴場へ。
外へ出るとこれまた風流な庭園がこじんまりと広がっていて、
露天風呂はうれしいジャグジー!

もちろん、タオルは備え付け。
風呂上がりには、飲料水とフレッシュジュースを
ご自由に召し上がれ。

坊も伯爵の隣でシエスタに突入したので、
夫人は、ひとりライブラリーへ参り、
持参した本を読み、

オーラの素顔 美輪明宏のいきかた

豊田 正義 / 講談社


まったりマッサージタイム♪
気分は美輪様~(笑)

はい、もう5時半なので伯爵を起こし、
坊と夫人はお部屋露天へ。
 (この間、夫婦喧嘩勃発!どっちが坊をお風呂入れるかでもめる。伯爵も夫人もゆったりと一人風呂を楽しみたいという思惑があったのだ。
 坊が悲しい顔TTごめんな、坊!坊と入るのも好きなんだがな。)

b0184396_042719.jpg

お風呂かき回すのにはまった子坊主。

おかげで、10回くらい入ってた、お風呂に。
ほとんど裸だね!

さて18:00。いよいよお楽しみの夕食タイム。
ビールと赤ワイン(名産)を楽しんでカンパーイ。
坊は先ほどの夫婦喧嘩の一件から、へそ曲げモードで、
ずっとDVDの部屋に。

b0184396_0121635.jpg

窓の外もいい感じにライトアップ
b0184396_0104778.jpg

ではオーベルジュと言わしめるその味は!
b0184396_0113193.jpg

b0184396_013285.jpg
b0184396_0141012.jpg

b0184396_0161079.jpg
b0184396_0162959.jpg

b0184396_0174311.jpg

 (注:こちら料理の一部なり)
うーん、粋な盛り付けに
素材を生かし、地元の料理を洗練させた味。
丁寧に作られているというのが、私たちのような
慣れてない人間にも伝わってくる。

ありがたやー。

米沢牛もブドウもあったけど、
山菜や野菜など、なにげないものが美味しかったなあ。
(でも坊がやたら「お肉お肉」と言って、米沢牛を奪っていくときは
やっぱり本気で阻止しそうになってしまった肉食人間)

さあ、そして食後の幸せに満ちた時間、
我々がしていたのは…

ドリフの特番鑑賞…(恥)

大声出して大笑い。三歳児も大喜び。

そして、お泊り体験に興奮した坊は
12時まで「トイレ」の連続攻撃。

なんだか疲れて朝を迎えるも、
これまた、お楽しみの朝食で癒される。
b0184396_0235161.jpg

b0184396_0242092.jpg
b0184396_0244620.jpg

b0184396_0252010.jpg

夕食と同じように、めに楽しい、舌に楽しい、耳に楽しい
極楽食卓。
b0184396_0412366.jpg

坊のパンケーキもうまそ。

ということで、チェックアウトまでまったり&露天風呂。
b0184396_0315122.jpg

昨日の、雨がしとしとのガーデンも素敵だったけど、
今日の快晴の空も清々しくて、いいわあ。

さまざまなシチュエーションごとに楽しいジャパニーズリゾートの
奥深さにはまりそう。

14:00チェックインで12:00チェックアウト。
これだけのしつらえで、この宿泊料金はかなりお得に思えてしまった。

接客もほどよかった。


櫻湯 山茱茰




素敵な旅ブログいっぱい↓
人気ブログランキングへ
by x7nanax | 2009-10-12 00:42 | 東北旅行 | Trackback | Comments(2)

定義さんのおやつ@仙台

有名なお寺があることで知られる定義さん(山)は
おいしいおやつの宝庫♪

参詣のためではなく、
あくまで、お腹を満たしにやってまいりました。

土産物屋を冷やかし
b0184396_23414256.jpg
b0184396_2341539.jpg

まずは、拝みに。
狛犬さん、こんにちわ
b0184396_2342431.jpg

お線香の煙を頭に当てると、頭病みが治るとか、頭が良くなるとか聞いたことがあり…
b0184396_2343257.jpg

坊にも「ほれほれ」
b0184396_23434993.jpg

旧本堂の門には、カラフルな千社札。
b0184396_23445977.jpg


さあ、あっという間に参拝を済ませて
食べ物屋さんを物色しますよん
b0184396_23455034.jpg

と思ったら、お店の住居入口にいた犬さん。
顔半分しか出さないところが、可愛すぎる!(このママずっと動かないのです)
b0184396_23465114.jpg


まずは、名物の厚揚げ。
b0184396_23473450.jpg

アツアツでカリカリ、ジューシーなところに七味をふって、しょうゆをかけて、
別のお店で買ってきた、これまた名物の焼きおにぎりと。
b0184396_23481964.jpg

どっちもビッグサイズですが、ぺろりと入ります。
ちなみに、焼きおにぎりは定番の味噌と、「にんにく味噌」の2つ。

b0184396_2350983.jpg

デザートにあんこ入りの揚げ饅頭。

ついでに気になった、お団子も。
b0184396_23503837.jpg

甘辛たれがうま!
写真の前に一個ずつたべちゃった

最後にデカビタを一気飲みして、大満足!

帰りは、自然と人工の驚異を堪能。ダムです。
b0184396_23525177.jpg
b0184396_2353125.jpg
b0184396_23532579.jpg


お腹もいっぱい心もいっぱい。
パパの運転する車の後部席で
坊と母は大口開けて、寝て帰りました!
by x7nanax | 2009-07-25 01:33 | 東北旅行 | Trackback | Comments(0)

ぶらり塩釜

アートを楽しんだ後、

ぺこりん3人部隊は、

塩釜港を目指す。

b0184396_23595571.jpg

そう、回転寿司屋「塩釜港」。

もちろん、場所は塩釜にあるんですよ。

回転寿司らしからぬ、ネタの良さ。
近海で獲れた魚介類を堪能しました。

b0184396_011444.jpg

得意のうずら納豆
b0184396_013069.jpg

金目鯛~♪ぷりぷり~
b0184396_0230100.jpg

まぐろー
b0184396_025437.jpg

えびもぷりぷり~
b0184396_032089.jpg

「ソイおすすめ~」と言われて注文したら、品切れで「ひらめ」を代わりに注文。
お詫びにとトロを1勘ずついただきました053.gif
さらに卵焼きもサービスしてもらった…。なぜだかわからないけど、うれすい~

b0184396_054812.jpg

「俺は、かっぱ巻きしかくわねーんだ!」

店内には魚が泳ぐ水槽や、私たちがすわった小上がりは
小さな窓(障子)から、廻るお寿司をとったり注文したりという
なんだか、ちょっと面白い感じのところで、なかなか楽しいお食事になりました。


そして、その後
b0184396_0102239.jpg

塩釜神社へ。

b0184396_0105471.jpg

団子屋を横目で見つつ、お参り
b0184396_0113993.jpg


b0184396_012205.jpg

そして、遠くに見えた海を目指して…

砂浜へ
b0184396_0124775.jpg


1年前、海の波に驚き、泣きっぱなしの坊がおおはしゃぎ。
成長を感じました~。

最後に
b0184396_0134762.jpg

今更ながら、今年もいい年になりますように。
(厄年だけど)
by x7nanax | 2009-06-08 00:16 | 東北旅行 | Trackback | Comments(2)

b0184396_9591583.jpg


先月父子休日で行った天文台へ
母も誘ってくれたので、
お昼の焼きそばをかっこんで、いざ天文台へGO!GO!

私はプラネタリウムというものを見たことがなかったので、
ちょっとドキドキ。

大雨でしたが、人がイッパイです。
人気あるのですねー。
(上の写真は先月のもの)

b0184396_104212.jpg

昔使っていた巨大望遠鏡がデーン

坊が、
「ママ、ほらおっきなボウエンキョウだよ。
しゅごいでしょ。
こっちで、お星さまみるんだよ。
おしっこはこっちだよ」
と、ナビゲーションしてくれて、
ちょっと感動してしまいました056.gif

俺たちは
プラネタリウムと展示室のセット券(大人1000円。坊0円)を購入。

プラネタリウムは14:30の回を観ることにしましたが、
純粋なプラネタリウムではなく、
アニメーション映画とのこと。うーん残念。
でも迫力ある3D映像ということで、ちょっと期待。

さて、展示室へ行くと
b0184396_1045441.jpg

碧く光る地球がお出迎えしてくれます。

薄暗い空間には、大きな惑星が浮いていて
さながら宇宙のようです。

なんだかわくわくしてきました。

タッチパネルで、惑星や太陽の動き、星座を観たり
昔の望遠鏡の展示や、夏至と冬至のしくみを
巨大な装置で実験できたり
小学生のときの好奇心をよみがえらせてくれるようなものがイッパイで、
予想以上に楽しみました。

そう、この人が奇声発して鬼ごっこを始めるまでは…
b0184396_1074279.jpg


坊にとっては、触ったり、動かしたり、もぐったりという
体を使って体験できるものがけっこうあったので、
楽しんでいたようでした。
「チキュウ」という言葉も覚えましたよ。

このあとは、プラネタリウムで映画鑑賞。

今、地球では
 ・火星などの惑星を人間が住める環境に整える
 
 ・宇宙に人間が住める人工的な島(?)を作る

 ・地上から宇宙まで伸びるエレベーターを作る

という計画があるそうです。

その中で現実的なのが3番目。

近い将来には実現するかも!?ということで
未来の地球とこのエレベーターでの宇宙旅行を
描いた映画になっています。

アニメーションはちょっとチープな感じのところもありましたが、
映画館をはるかに超える、スクリーン?に
立体的な映像が、迫力満点。
リクライニングチェアを倒して、
ちょっと眠気と闘いながらも楽しみました。

今年はガリレオ・ガリレイが自作の望遠鏡で宇宙観測をしてから
400年!
世界天文年2009として
さまざまな国際機関によるイベントが予定されているようです。
(そして、7/22には26年ぶりの皆既日食も。)

今読んでいる小説&映画「天使と悪魔」のキーパーソン「ガリレオ・ガリレイ」に
別のところで会ってしまうという、興奮。
昔と未来への思いが交錯して、わけわからない感じもまた楽しい~。


さて
b0184396_10163811.jpg

帰る前に、必ずお買いものコーナーに立ち寄る父子

そして
車に行くと、鍵がない!!!
なんと、鍵刺しっぱなしで、車を離れてしまった私たち。
無事、天文台の窓口にて鍵が救助されていた模様でございました。

あわてんぼう!
by x7nanax | 2009-06-06 23:54 | 東北旅行 | Trackback | Comments(2)

山形ではしご

f0173089_1333331.jpg


きのう、日曜に行ったのは山形。



美味しいものを求めて、食べるためだけに車を飛ばし…







山形といえば







蕎麦!


ということで、おいしい蕎麦屋を携帯でリサーチし



山形市漆山というところにある、こちらのお店へ。


f0173089_1314146.jpg



見事なツツジ(?)の花がお出迎え。

こんなにおっきくて、かわいいピンクのグラデは見たことないです!


f0173089_13174756.jpg




人気店だけあって、13:30でも人がけっこう並んでいましたが


威勢のいい看板娘…もとい看板おばちゃんが



職人技(?)でお客をさばき


あっという間に着席。



注文したのは


夫が「鴨ソバつけめん」(1050円)私が「鳥中華」(750円)


f0173089_13205267.jpg

f0173089_1321156.jpg


スープはどちらも、甘辛い、なんだか懐かしい味で


私が食べたラーメンは縮れメンで、つるっとのど越しもよく


とってもおいしく夢中で完食しちゃいました。


大量のネギのほか、ごぼうやニンジンも入っていて


食感も良かった。


坊も取り分けた分をペロッと平らげました!


夫クンは、そばのコシが弱いとのことで、


もっとガツンとこしのある山形らしいそばを食らいたい!と


若干不満気味。



なんと、蕎麦屋をはしごすることになってしまったのです。




とあるネットランキングで山形そば1位のお店、村山市の「あらきそば」。
県外からもたくさん人が来る模様。

f0173089_13263554.jpg


お店は100年以上前に建てられた農家の家屋。


奥には蔵、黒光りする木造で、とっても風情があります。



でも入店したのが15:00くらいだったせいか、



入口の小上がりのところで


おじいちゃんとおばあちゃんがまかない?をフツーに食べていて、ビックリ。


お店は開店中だったけど。


(茶ダンスにこけしが鎮座していて、おばあちゃんの座イスも赤くて

いろんなものが、可愛かったです)


メニューは板そば(800円)とにしんの味噌煮(370円?)のふたつだけ。


板そば2枚、にしんの味噌煮1つを頼みました。(げっぷぅ)


これぞ、コシ(?)というもっちりとした、そしてしっかりした食感。


そば粉100パーセントの渋い味がします。


とっても通好みな感じのお味だったため、


私と坊は(おなかいっぱいだったせいもあるけど)、早々と夫クンにバトンタッチ。


夫クンは1枚半、ペロッと食べました。


これぞ山形そばと満足げ。



その後、私と坊のリクエストで


むらやま道の駅にて「紫いものジェラート」と「白桃のジェラート」をデザートに。



お土産に
f0173089_1337685.jpg


「保存食の塩納豆」と「パイナップルサイダー」を購入し、


高速をすっとばして、ご帰宅~♪
by x7nanax | 2009-05-18 22:36 | 東北旅行 | Trackback | Comments(0)