2013年 09月 27日 ( 1 )

5/5 その2

前回のお話はこちら(もくじ付き)

最高だったロンダを離れ、
再び、レンタカーにてセビーリャへ向かいます。

伯爵(パパ)!
これで運転最後だから、頑張って!!

伯爵、再び
濃い顔を、さらに濃くして
眼光するどくスペインの道を運転しています。

セビーリャの駅に車を返すので
(グラナダで借りてセビーリャで返す)
せまーい道路の旧市街には入らないため、
ちょっと気持ちは楽かしらね。

ちょっと慣れたのか、割と市内にはすんなり入りましたが
駅とは反対の郊外みたいなところに
ナビ下手夫人(私)が
地球の●き方の地図見ながら、案内しちゃったもんで
市内でしばし右往左往いたしました。

でも郊外のショッピングセンターみたいなのが
遠目にみれて、面白かった。
なんだかうちの地元と似ている感じだった。

そんなこんなで駅に到着。
駐車場に止めて
ヨーロッパカーの人を呼んできました。
その前に、
車のフロントにちっちゃな傷があることに気づきました。

ひいいい!
どうするこれ!?
莫大な損害金請求されたらどうする???
など青くなっていたのですが、
担当者さん
「オールオッケー」みたいな感じで
簡単に開放となりました。

ホッ
(てきとー・笑)

と、駅で何か食べ物を買ってからホテルへ向かおうと
サンドイッチ屋さんに並んだのですが

ここでこのたび初、そして唯一の
嫌な体験をしました!!

注文の列に並んでいたのですが、
私たちの番がきたのに
女性店員が並んでいた私を完無視し
後ろの男性に声をかけたのです033.gif

え?

最初はなんだか状況を掴めなかったのですが、
おかしいなと思い
「すみません、次私です」
とアピールしたのですが
さらに完無視…(汗

後ろの男性が、
「次は彼女だよ」と言ってくれて
いやいや注文を取ってくれたのです。

これは人種差別???
(言葉が通じないと思われたのかしら)

今までスペインの方々
みーんなやさしかったので
非常に残念でした。

情けないことに難しいことを伝える語学力もないので、
クレームを言うことができなくて

思わず帰り際に、女性に向かって

「バーカッ」
と言ってしまった
低俗で幼稚な自分であります(汗
(でも、スッキリした037.gif

ということで、タクシーに乗ってホテルへ向かいます。

ホテルはこちら↓
b0184396_2335061.jpg

Hotel Alcantara
今回初めての2つ☆です。

セビーリャでは、旧市街である
サンタクルス街に泊まりたいなと思っていたので
選んだホテルです。
やはり高いホテルが多いので、
どうしよーかなーと思っていたところ、

子連れでここに泊まられた方の
ブログを拝見しまして
よさそうだったので、決めたのです。

お部屋はとっても狭かったけど
こぎれいで、ホテルの人の対応もよくて
好印象なホテルでした。
何よりやはり立地が良いです。

ここでは今晩、フラメンコショーの予約もしましたよ☆

ということで、あてどなく
サンタクルス街周辺をウラウラします。
b0184396_2243319.jpg

(あんまり、素敵な街並みが取れず・涙)

迷路のような小道に
お花いっぱいの普通のお宅や(中庭がかわいい!)
バル、土産屋さん(フラメンコの服いっぱい)
かわいい広場に遭遇したり、
たまに大通に出たり、
公園見つけたり

ロンダとはまた違った
ワクワクのさんぽコースでした。

ただし、やはり都会なので
車もいっぱい、人もいっぱいで
道もガタガタしていて
まるお連れとしてはちょっと大変でもあります。

ベビーカーがガックンガックン

さんぽしてると否応なく
のっぽな塔がチラ観えします。
たまにゴーンゴーンと大きな鐘の音を発してます。
b0184396_23123183.jpg


ヒラルダの塔です!

セビーリャのランドマーク。

さあ、次はここに上って
セビーリャの街にあいさつしましょう!!
b0184396_23292143.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
by x7nanax | 2013-09-27 23:37 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)