2012年 05月 26日 ( 2 )

カードキーでお部屋を開ける。


日本のホテルより、なんか感度が悪いというか


絶妙なスピードでカードを抜かないと、開かない。


私の胸に、「フランス人にこの状況をどう説明すれば…」と


暗雲がたちこめる。



すると気合いでなんとか緑ランプがついて、部屋が開いた。



入るとすぐがちょっとした通路になっており、


右手に浴室&トイレ、

左手にクローゼット

そして奥にもひとつ扉があって、そこがお部屋。


お、広い。前に泊まったホテルの二倍はあるぞ。


部屋の右手にベッド、左手にソファとテーブルと机。


そして机の脇の扉を開けるとキッチン。


部屋はちょっとモダンな感じだが、例えば壁の上部などに

ちょっとした意匠が凝らされていて、さすがヨーロッパ。

大きな窓枠もなんだか巴里っぽい。


ただ、部屋はとっても暗い。ムーディとも言える。

おっきいランプがあるのに、そいつは点かないときてる。

間接照明オンリーってやつです。


まずはパパに借りた二つのスーツケースを開けて、大きなクローゼットに収納。

ちょっとずつ俺んちにしてく。(つまりジャポネの生活感たっぷりってこと)
b0184396_21434418.jpg

b0184396_21435139.jpg

▲いろんな時に撮影してます



御覧の通り、収納たっぷり、アイロン・ドライヤー・食器洗い機もろもろ設備は十分。

トイレの壁には、ヒーターがあって手洗いしたおパンツとかを干せる。

何より、キッチンは自分ちより食器やら道具やらが充実でワクワク。
(でもこのキッチンは「サトウのごはん」とカップラーメン、まるおのゴーカイジャーの薬袋などに占拠される)

さっき、フロントでムッスィユーにもらった地図に、スーパーもブーランジェリーもあったし、

お買いもの~お買いもの~♪


ついでに、ムッスィユーにWIFIのパスワードも聞かねば。

お部屋でネットしたいし。

あれ?「教えて」って英語でティーチミー?いやそれは勉強とか教えてってこと?

あれ?ということで、情けない単語力ゆえに

iphoneアプリの『翻訳こんにゃく』を起動。

「Please tell me…」で、なんとか通じる。

「めるしー」と言って、

さあ、ワクワクの巴里散歩&買い物へ行くぞー、まるお。
by x7nanax | 2012-05-26 21:58 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(2)

シャルル・ド・ゴール空港に到着!

いよいよ「ボンジュー」の世界ということで、

とにかくあいさつが重要となるのだ。

飛行機を降りる少し前、

「いいか、まるお。

日本と違って、パリでは必ず会った人に

ボンジュー。メルシー。しるぶぷれ。おーぼわー。

ってあいさつしないと、連れてかれるぞ。」と

不気味な教えを説く。


でもまるおは早く巴里の街に出たくて、うずうず。
b0184396_20525668.jpg

                ▲懐かしさを感じさせる未来的空港に喜ぶジャポネ




私は、表紙がこすれてしまったまるおの損傷パスポートが気になって、

ワクワクなのにドキドキ。


服の中にしのばせていた、セキュリティポーチからパスポートを取りだし、

まずはまるおに持たせて、入国審査に一人ずつ向かう。


「まるお、必ずボンジュー。メルシー言うんだよ」

もう一度脅して、まるおひとりでパスポート片手に進む。


「ボンジュー」
蚊の鳴くような声でなんとか絞り出しました。


すると、入国審査のムッスューがまるおをいじりだし、


「コンニチワー! アリガトー イテラッシャイ」と

彼が知ってるであろう片言日本語の全てをまるおに集中砲火すると、まるおはデレデレ(照れ照れ)。


その様子を見て、ウケながら、


無事入国できたことに一安心。



その後、荷物を回収し、タクシー乗り場へ。


そこにいたスタッフに

「ジャポネ?oh!さば?さば?」と

今度は簡単フランス語の洗礼を浴びて

まるおまたデレデレ。


ふらんす人、なかなか子ども好き。



到着したタクシーに乗り込んで、ほっと一息つき、


住所を見せて「せったどれす シルブプレ」

「おてる?」

「うぃ、しるぶぷれー」と

無事走り出す。
(つうじたぞーーー!ちょっと鼻穴が広がり、
荒い鼻息を抑えようとするが、
タクシーの暴走音でその必要なし)


そうだ、ホテルでのチェックインの仏語練習せねばと、

iphoneの「旅のフランス語」アプリを起動。

マナーモードにし忘れて、

うっかり

「ジェユヌレゼルヴァシオン オノン ドゥ SATO」と何回も

携帯がしゃべりだして、タクシーのムッスィユーに聞かれ、赤面。。。



まるお、前回(2010年4歳)のこの道はガン寝だったが、

さすが6歳の余裕とやらをかまして、外をじっくりとながめている。

ものすごいボリュームの雲に驚きつつ、

外はもう17:30なのに真昼の明るさ。

ちょっと寂れた郊外を通り過ぎるとセーヌ川が現れた!

ノートルダム寺院を見て、「あ!ノートルダムだあ」と一声あげ、

無事、(ネットで)見慣れたホテルに到着。
b0184396_22335078.jpg




タクシー代は50€くらい。「メルシー おーぼわー」


さあ、どきどきでチェックイン。

「ぼんじゅー ムッスュウー。ジェユヌ……」

「ボンジュー oh ぷちるぱーん」「English?france?」

「イングリッシュ しるぶぷれ~」(英語もわかんないよ)



実は、まるお闘病中だったため、

最初に予約した6泊のうち、3泊は不泊で返金無し。

念のため、伯爵にその旨連絡してもらい、残りの3泊をキープしてもらっていた。

そして、追加の3泊は最初に取ったHOTEL CLUB
ではなく、直営サイトで予約していたため
なんだかちょっと不安があった。

案の定、おひげムッスューがなんだか、ああだこうだやっている。

4泊目以降の予約はいつ取ったか聞いてくる。
 (3回目にやっと彼の質問を聞きとれた、情けないヒアリング力)

しかもこの直営サイトで取る直前、ほかのサイトでこのホテルの予約が満室になっており、

ダメ元で直営サイトに飛んだら、運よく空いていて、即効取ったので、

実はダブルブッキングではなかったのかな。

でも、ムッスィユーが粘り強く(?)なんだかいろいろ操作して、

30分でやっとチェックイン完了。


ムッスィユーはとても感じのよい髭メガネおじさんで、

飽きて、ANAの飛行機をブンブン言わせてたまるおが椅子によじ登った時、

私が「まるお、ダメだよ!」と注意すると、


「ニホンゴデNONってナンテイウンダ?」と(おそらく)聞いてきたので、

「うーん、ダメとか?」と答えたら、

「MARUO! ダメトカ」って言った……

訂正する暇も語彙もなく、放置。

間違ったニホンゴ教えてごめんなさい。デゾレー!


さあ、ではお部屋へー。
by x7nanax | 2012-05-26 18:03 | Trackback | Comments(0)