2009年 10月 12日 ( 1 )

9月のシルバーウィークの1週間前。

仕事に疲れた伯爵(MY夫)が、
駄々をこね始めた。

「もう疲れた!シルバーウィークは南仏行こうっ」

こんな連休に飛行機の席があるはずもなく、
航空会社や旅行会社からもらえたのは
「満席です」「3人で百ウン万円のこのチケットならご用意できます」などという
無情な回答ばかりだった。

沖縄や北海道、軽井沢(発想が貧弱?)など国内の
現実逃避ゾーンもいろいろ調べたけれど、
それこそ無理!もういっぱい。

こりゃ、温泉だ。温泉しかねえべっちゃ。

ということで、家にあったこの御本をチェック。

Discover Japan TRAVEL vol.2 日本の名旅館 (エイムック 1815)

エイ出版社


こちらに載っていた、車でもなんとか行ける
山形の「櫻湯 山茱茰」が目に止まる。

「…この旅館を紹介している本なら信頼に値する」
「…日本のオーベルジュ」などと紹介されていて、
ここだ!と決定。
じゃらんにも取扱があったので、さっそく予約v

部屋数は全7部屋のみ。
静かで隠れ家のような宿。
すべての部屋に露天風呂付き。
そして、プライベートガーデンも。

居間(和室)、寝室、TVのある部屋と全部で
3部屋仕様。

わがプティルパン家にとっては、豪華すぎ!
b0184396_23421037.jpg

こちら居間
b0184396_23444558.jpg

TVのある部屋。DVDやCD(BOSE)も使用可能。
旅館のライブラリースペース(マッセージチェア付き)にて
「ポニョ」「ニモ」を借りて、坊、乱観(←造語)。
b0184396_23473050.jpg

プライベートガーデンを臨む大きな窓。
和のリゾート!何もかもこだわって吟味された感のあるしつらえ。
その調和がリラックスを産むのですねえ。
b0184396_23504044.jpg

b0184396_23522620.jpg

室内から通じる渡り廊下。そこから見えるのは…
キャー!露天風呂さま~
b0184396_23533497.jpg

b0184396_23541380.jpg


そして、チェックインと同時にすでに寝室には、お布団が。
b0184396_084342.jpg


こちらも障子を開けると、美しいガーデンビュー
伯爵は3時間のシエスタへ~

坊と夫人は大浴場へ。
外へ出るとこれまた風流な庭園がこじんまりと広がっていて、
露天風呂はうれしいジャグジー!

もちろん、タオルは備え付け。
風呂上がりには、飲料水とフレッシュジュースを
ご自由に召し上がれ。

坊も伯爵の隣でシエスタに突入したので、
夫人は、ひとりライブラリーへ参り、
持参した本を読み、

オーラの素顔 美輪明宏のいきかた

豊田 正義 / 講談社


まったりマッサージタイム♪
気分は美輪様~(笑)

はい、もう5時半なので伯爵を起こし、
坊と夫人はお部屋露天へ。
 (この間、夫婦喧嘩勃発!どっちが坊をお風呂入れるかでもめる。伯爵も夫人もゆったりと一人風呂を楽しみたいという思惑があったのだ。
 坊が悲しい顔TTごめんな、坊!坊と入るのも好きなんだがな。)

b0184396_042719.jpg

お風呂かき回すのにはまった子坊主。

おかげで、10回くらい入ってた、お風呂に。
ほとんど裸だね!

さて18:00。いよいよお楽しみの夕食タイム。
ビールと赤ワイン(名産)を楽しんでカンパーイ。
坊は先ほどの夫婦喧嘩の一件から、へそ曲げモードで、
ずっとDVDの部屋に。

b0184396_0121635.jpg

窓の外もいい感じにライトアップ
b0184396_0104778.jpg

ではオーベルジュと言わしめるその味は!
b0184396_0113193.jpg

b0184396_013285.jpg
b0184396_0141012.jpg

b0184396_0161079.jpg
b0184396_0162959.jpg

b0184396_0174311.jpg

 (注:こちら料理の一部なり)
うーん、粋な盛り付けに
素材を生かし、地元の料理を洗練させた味。
丁寧に作られているというのが、私たちのような
慣れてない人間にも伝わってくる。

ありがたやー。

米沢牛もブドウもあったけど、
山菜や野菜など、なにげないものが美味しかったなあ。
(でも坊がやたら「お肉お肉」と言って、米沢牛を奪っていくときは
やっぱり本気で阻止しそうになってしまった肉食人間)

さあ、そして食後の幸せに満ちた時間、
我々がしていたのは…

ドリフの特番鑑賞…(恥)

大声出して大笑い。三歳児も大喜び。

そして、お泊り体験に興奮した坊は
12時まで「トイレ」の連続攻撃。

なんだか疲れて朝を迎えるも、
これまた、お楽しみの朝食で癒される。
b0184396_0235161.jpg

b0184396_0242092.jpg
b0184396_0244620.jpg

b0184396_0252010.jpg

夕食と同じように、めに楽しい、舌に楽しい、耳に楽しい
極楽食卓。
b0184396_0412366.jpg

坊のパンケーキもうまそ。

ということで、チェックアウトまでまったり&露天風呂。
b0184396_0315122.jpg

昨日の、雨がしとしとのガーデンも素敵だったけど、
今日の快晴の空も清々しくて、いいわあ。

さまざまなシチュエーションごとに楽しいジャパニーズリゾートの
奥深さにはまりそう。

14:00チェックインで12:00チェックアウト。
これだけのしつらえで、この宿泊料金はかなりお得に思えてしまった。

接客もほどよかった。


櫻湯 山茱茰




素敵な旅ブログいっぱい↓
人気ブログランキングへ
by x7nanax | 2009-10-12 00:42 | 東北旅行 | Trackback | Comments(2)