2009年 06月 06日 ( 1 )

b0184396_9591583.jpg


先月父子休日で行った天文台へ
母も誘ってくれたので、
お昼の焼きそばをかっこんで、いざ天文台へGO!GO!

私はプラネタリウムというものを見たことがなかったので、
ちょっとドキドキ。

大雨でしたが、人がイッパイです。
人気あるのですねー。
(上の写真は先月のもの)

b0184396_104212.jpg

昔使っていた巨大望遠鏡がデーン

坊が、
「ママ、ほらおっきなボウエンキョウだよ。
しゅごいでしょ。
こっちで、お星さまみるんだよ。
おしっこはこっちだよ」
と、ナビゲーションしてくれて、
ちょっと感動してしまいました056.gif

俺たちは
プラネタリウムと展示室のセット券(大人1000円。坊0円)を購入。

プラネタリウムは14:30の回を観ることにしましたが、
純粋なプラネタリウムではなく、
アニメーション映画とのこと。うーん残念。
でも迫力ある3D映像ということで、ちょっと期待。

さて、展示室へ行くと
b0184396_1045441.jpg

碧く光る地球がお出迎えしてくれます。

薄暗い空間には、大きな惑星が浮いていて
さながら宇宙のようです。

なんだかわくわくしてきました。

タッチパネルで、惑星や太陽の動き、星座を観たり
昔の望遠鏡の展示や、夏至と冬至のしくみを
巨大な装置で実験できたり
小学生のときの好奇心をよみがえらせてくれるようなものがイッパイで、
予想以上に楽しみました。

そう、この人が奇声発して鬼ごっこを始めるまでは…
b0184396_1074279.jpg


坊にとっては、触ったり、動かしたり、もぐったりという
体を使って体験できるものがけっこうあったので、
楽しんでいたようでした。
「チキュウ」という言葉も覚えましたよ。

このあとは、プラネタリウムで映画鑑賞。

今、地球では
 ・火星などの惑星を人間が住める環境に整える
 
 ・宇宙に人間が住める人工的な島(?)を作る

 ・地上から宇宙まで伸びるエレベーターを作る

という計画があるそうです。

その中で現実的なのが3番目。

近い将来には実現するかも!?ということで
未来の地球とこのエレベーターでの宇宙旅行を
描いた映画になっています。

アニメーションはちょっとチープな感じのところもありましたが、
映画館をはるかに超える、スクリーン?に
立体的な映像が、迫力満点。
リクライニングチェアを倒して、
ちょっと眠気と闘いながらも楽しみました。

今年はガリレオ・ガリレイが自作の望遠鏡で宇宙観測をしてから
400年!
世界天文年2009として
さまざまな国際機関によるイベントが予定されているようです。
(そして、7/22には26年ぶりの皆既日食も。)

今読んでいる小説&映画「天使と悪魔」のキーパーソン「ガリレオ・ガリレイ」に
別のところで会ってしまうという、興奮。
昔と未来への思いが交錯して、わけわからない感じもまた楽しい~。


さて
b0184396_10163811.jpg

帰る前に、必ずお買いものコーナーに立ち寄る父子

そして
車に行くと、鍵がない!!!
なんと、鍵刺しっぱなしで、車を離れてしまった私たち。
無事、天文台の窓口にて鍵が救助されていた模様でございました。

あわてんぼう!
by x7nanax | 2009-06-06 23:54 | 東北旅行 | Trackback | Comments(2)