フィレンツェ旅行記11/一番心ひかれた場所

【2日目(12/23)その6】

ポンテヴェッキオを通り抜け、
ドゥオモ目指して
Via Por Santa Maria、Calimara通りを
まっすぐ進むと
路上アートに出くわした。

b0184396_21284245.jpg
完成しても翌日には消されてしまうという
はかない芸術。
クリスマスが近いからサンタさん。
ちょっとアメリカンな感じが
せっかくのフィレンツェのいる感じと
あまり繋がらないけど、
街にアートが息づいているのを見ると
なんだかうれしくなる。

「すごーい!」ふたりして声を上げる。
まるおも今まさに目の前で描かれるアートを
いきいきとした表情で見ています
(「サンタさん、俺に、妖怪ウォッチの
3DSのカセットください」
すかさず、お祈りしていたという噂もある・汗)

思わずふたりで1ユーロコインだけ、
ボックスに入れて
心の中でアーティストさんに
「がんばってね」とつぶやいた。

さらに進むと、左手にはレプブリッカ広場。
ここは何度もネットで目にしていたので
お馴染みの回転木馬を見て、
ミーハー心がうずいた。
b0184396_21325015.jpg
回転木馬には明かりがともり、キラキラ回ってる。
ジャズの生演奏をしているバンドの人や
シャボン玉おじさんの周りを、
子どもたちがシャボン玉追いかけて走り回っている。

もちろん、でっかいお子様・まるおも参加。
最近かっこつけるようになったけど
やっぱり子どもだ……。どうしようもないくらいはしゃいでいる…
b0184396_21521089.jpg
ジャズ風にアレンジされたクリスマスソングの演奏や
このざわめき、雰囲気を記録しておきたくて
動画も撮ったのだけれど、
まるおがカメラの前に立ちはだかって
マジックしてるところをアピールしようと
うるさくて、台無しに……でもそれも、いい思い出(涙


広場を堪能して、
さあ、暗くなる前にドゥオモにご対面しておこう!

通りを進むと、
洗礼堂らしきものが見え(残念ながら修復中)、

おおおおお!

でーん

っと見えたのは
噂のジョットの鐘楼だ。

そして、クーポラも見えた!
b0184396_22415744.jpg
わー、
ドゥオモ!

おおーきーいー!
けど、優雅で繊細。

見る角度によって、いろんな印象を与えてくれる。
ファサードもクーポラも。
b0184396_22442173.jpg
b0184396_22482374.jpg
深緑と薄桃色、そして白の大理石の色合いが
なんとも上品で、
まさに優美なフィレンツェという街を
体現しているような姿!
(ボッティチェルリの絵みたいだ)

b0184396_22405654.jpg
まるおは、ごそごそとバッグから
マイカメラを取りだして、必死で撮影。
カメラを向けると調子こいた顔してピース。
何を撮っているかというと…


b0184396_22484814.jpg
ドゥオモのファサード前に置かれたプレゼビオ。
キリスト誕生の瞬間を再現したもののようです。
これはドゥオモに限らずあらゆる教会で見られました。
これを見比べるのもなかなか面白かった。

まだ、飼い葉桶の中にはあかちゃんイエス様はおりませんが、
25日の誕生日に登場するそう。
b0184396_22420534.jpg
さて、あらゆる角度からドゥオモを見ましょう。
建物は十字架の形なんですね、教会って。
昔何かで読んで知っていたけれど、
こうして見て実感するのが面白い。

全長138m、幅38m。
巨大な全体像をおさめるのはなかなか難しい。

b0184396_22402475.jpg
再びドゥオモ前の広場にて。
大きなクリスマスツリーの
オーナメントは赤いゆり。フィレンツェの象徴だ。
おとなっぽくてクラシカルで、シンプルで素敵。

b0184396_22460550.jpg
空がどんどん暗くなってきて
紫色の空と、ドゥオモのコントラストがなんだか幻想的。


b0184396_22462997.jpg
ふるーい建物の窓にも明かりがともる。

どんなお宅?お店?オフィス?

絵が飾られた室内の様子も気になってしまう…

違う時代の人でもいるのではないか…と妄想するのも楽しい。

壁には紋章がある。

小さな窓は時代の古い物かな?(by塩野先生)

b0184396_22464800.jpg
ここは、ドゥオモ広場に面した『ピガッロのロッジア』。
フィレンツェの建物の中で
私が最もひかれた建物です。

なんだか頼りないように思えるほどの
繊細な印象と
古びた感じがとても素敵で
そこからこぼれる光が、
ここだけ異空間といった感じにしていました。

アルベルト・アルノルディによって
1352年から58年に建てられたそうで、
元来、捨て子や迷い子のための施設だったそう!
前世の話 を思わず思い出してしまった……)

現在はよくわかりませんが
当時のフィレンツェの様子がわかる絵が
保存されていると
手元の古いガイドブックには書かれています…

建物には、たしか
「インフォメーション」と表示があり
地球の歩き方にも
「i」マークがついていました。

思い切って訪ねてみれば良かった!!
そして、もっともっと
じっくりとこの建物を観察すればよかった!

読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
トラックバックURL : http://x7nanax.exblog.jp/tb/24236112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cucciola at 2015-03-17 21:57 x
プチルパンさま、

こんにちは。初めてのコメントが遅れてほんとにすみません。
息子さんとのご旅行、本当に文章も写真も生き生きとしていて、現地に住んで毎日の生活に追われている私が忘れていたものを思い出させてくれました。私も、こんな風にイタリアを見ていた時代があったから、今ここにいるんだなあ、と。
姑の家の近所に住む86歳のおじいさんは、それこそイタリアの町という町を旅行した人ですが、やはりイタリアはフィレンツェとヴェネツィアに尽きるそうです。ローマはまた独特ですしね。息子さんも情緒豊かに成長されていてうらやましいです。またお邪魔いたしますね。
Commented by x7nanax at 2015-04-03 23:37
cucciola様

こんにちは!コメントありがとうございます^^
ここのところブログにアクセスできておらず
すっかり返信が遅くなりまして、失礼しました><

おじいさん、素敵な経験されてますね!
イタリア各都市の印象とか比較とか
イタリアに住む人だからこそ感じ得るものがありそうですね。すごく興味あります。

私には、ローマもとても魅力的な街で、
そこに住まれているcucciolaさんのブログは
なんだか夢の世界のお話のようで、
(テーマも素晴らしいですし)
こうしてコメントいただけるのが感激です。

私もまたお邪魔しますので、
どうぞよろしくお願いします★★★



by x7nanax | 2015-03-12 22:51 | 14.12伊トスカーナ母子旅 | Trackback | Comments(2)