フィレンツェ旅行記10/ポンテヴェッキオと夕刻からの街歩き

【2日目(12/23)その5】

満腹満足状態で
ランチをしたレストランを
出た我々。

そこからすぐのサンタトリニタ橋を渡り、
一度お部屋に戻ります。
(あらゆるところに徒歩圏でありがたい!)

この橋もとても美しい!
翌日、この橋にまつわるエピソードを伺い、
ちょっと感動。
フィレンツェの人の街への執念ともいえる誇りや思い、素敵。
(そのお話はまた今度)

まるおも、ここからのポンテヴェッキオの眺めにうっとり(してるかどーかはわからない)。
b0184396_21342745.jpg
▲私はこの黄色やオレンジの色と茶色い川の組み合わせは嫌いじゃないが、
まるおはセーヌ川を見たときと同じく「川の水、汚いね」とひと言。

b0184396_21393337.jpg
▲清き川とキレイな街並みってのも引かれるけれど、
どちらかというと、「混沌」という言葉が似合うイタリアの街は、
それだけ歴史と人の手垢を感じて、何と言うか、厚みがある気がする

b0184396_21400382.jpg
フィレンツェの街の街頭の足元が
ライオンさんです。

かつてのフィレンツェ共和国のシンボルだったのがライオンだとか。
(ゆりの花の紋章も有名。
紋章ってひびき好き。そして紋章そのものも好き)

ミケランジェロ広場ちかくの街灯も同じものでした。
格調の高さとちょっぴりユーモアも感じさせるモチーフ。
(じゃっかん、う●こ座り、ヤンキー座りに見えなくもないし)

サンタトリニタ橋からヴェッキオを見ていたら
きちんとわたってみたくなりました。
(朝は競歩で素通りしたから)

橋にへばりついているように見える
建物は宝石屋さん。
二階は何になってるのかな。
誰か住んでる?小人とか(むりやり童心)。

b0184396_22000691.jpg

b0184396_21471884.jpg
ウフィッツィの方へと続くヴァザーリの回廊も
じっくり見たりする。

まるおも感激(してるふり)↓
b0184396_21542403.jpg
▲最近、髭が似合ってしまう体型になっていて、母ともどもお悩み中。
運動量はすさまじいハズなのだけど…ナゼ


ところで、帰国後に図書館で
とっても素敵なガイドブックを発見したのです。
また改めてご紹介したいのですが、
子どもが図鑑を眺めるみたいに
好奇心を刺激してくれる
こちらの本。

フィレンツェ (旅する21世紀ブック―望遠郷)

ガリマール社(編集),同朋舎出版(編集)/同朋舎出版

絶版らしくて、中古本を買っちゃいました~

その中で、蛇腹のページにて
ポンテヴェッキオと
その上を通り、ピッティ宮殿からウフィッツィ宮殿へと続く
ヴァザーリの回廊の見取り図・分解図がありました。
b0184396_22112426.jpg
b0184396_22111385.jpg

ヴァザーリの回廊については、
以前BSの番組「ミステリアス・ウフィツィ~ルネサンス美術の光と闇」
も拝見しましたが、
なかなか面白かった。
(佐藤江梨子さんと作家の島田雅彦さんが
ウフィッツィとヴァザーリの回廊を二人占めして
美術の大家にバックストーリーを絡めながら
案内してもらうという番組。うらやましすぎ)


サヴォナローラの支配、メディチ家追放を経て、
フィレンツェが共和国から大公国となった時代。

メディチ家の偉い人支配者コジモ一世が
自らの身を守るために作った自邸から仕事場までを繋ぐ回廊は

権力保持のために作らせた芸術の数々と共に、
どっちかというと
富と権力の象徴的なイメージだったけれど、

かつてボッティチェルリがロレンツォの庇護の下活躍したような
人間らしさや自由なムードに満ち溢れた
華やかなりしルネッサンス全盛の時とはまた違う

権力者の疑心暗鬼とフィレンツェの落日を
象徴するようなものなのだなーと、
少ししみじみする。

ああ、栄枯必衰。諸行無常。

ヴァザーリの回廊もツアーなどで
見学できるようなので
次回訪れた時はぜひとも中に入ってみたい!
(肖像画コレクションにも興味津々)

いったん、お宿に向かいまして
休憩とお手洗いを済ませる前に、
ひろーいピッティ宮殿前の広場で
b0184396_22015268.jpg
まるおラン。
b0184396_22021389.jpg
放たれた犬のように、
広場を走り回るまるお。
最高にご機嫌です。

ときおり、独り芝居して
架空の敵と戦っています(何歳まで続くんだべ?)

そして、広場に「どっこらしょ」と
座って、ガイドブックで情報を確認しつつ
時折、周りを眺めて
イタリアにいることを噛みしめる自分。
(しかし、寒いっす)

母の寒さ耐久レースに限界が来たので
10分でおいとま。

あったかいお部屋でトイレを済ませ、
すこーしごろごろして、
もっとまったりしたがるまるおを
引きずりながら、
目指すはドゥオモへ。
この街の主にご挨拶に参りましょう!

再び、ポンテヴェッキオを通ります。
b0184396_22423726.jpg
▲「もっとお部屋でごろごろするか、ピッティ広場でダッシュしたかった!」
まるお、美しいヴェッキオ橋のど真ん中で、憤慨中

ほらほら、まる氏、この先にドゥオモさんが見えるよ!

b0184396_22460279.jpg
▲観光客とそれを目当てに集まる絵画売り(地べたにおきっぱ)、そして
やたらめったら見かけた自撮り棒売り、ときどき物乞いさんでひしめく橋の上。
きっとこれは、いつの時代も変わらない光景ではなかろうか

ちらほらと橋の上の宝石店の明かりがともり、
街のクリスマスイルミネーションもキラキラまたたいて
すてきな夕刻の時間の始まりです。
b0184396_22494600.jpg


読んでいただきありがとうございますemoticon-0157-sun.gif

トラックバックURL : http://x7nanax.exblog.jp/tb/24220341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by x7nanax | 2015-03-08 22:54 | 14.12伊トスカーナ母子旅 | Trackback | Comments(0)