2月の旅する本「バルセロナ・パリ母娘旅」銀色夏生

高校生の頃、

よく読んだなー、銀色夏生。

詩を読んで、書き写してた!

ああ、懐かしく、そして恥ずかしい


この人は男性なのかな?女性なのかな?

作者へ抱いた謎が、詩をより神聖なものに仕立てていた気もする。

(ネットのない、妄想膨らむ良き時代。)



久々に銀色夏生の本を購入。

別に恋をしたからではなく、

単純に、紀行エッセイだったからです。

バルセロナ・パリ母娘旅 (角川文庫)

銀色 夏生/KADOKAWA/角川書店



ヨーロッパの紀行エッセイを見つけるとついつい買ってしまう、もはやサガ。



銀色夏生は女性だった。

そして母だった。



娘さんとのふたり旅。Inバルセロナ&パリ。

ふたりが撮ったスナップも満載。

エッセイも本当に日記をのぞき見しているような感じの内容。

なんというか、とっても自然体。


写真(ほぼ半分のページを占める)も

文章も気が抜けていて、それが非常にリアル。

自動販売機での切符の買い方や

牡蠣を何個食べていくらだったとか

朝何時起床で天気がどうだったとか

お店の人がこんな感じとか

そういうことをいちいち綴る日記、私は好きです。


例えばレストラン選びやメニュー選びの小さな失敗。

娘さんとの小さな諍い。

時折、ポエム。

とくどき、反省。

切符を買ったり美術館に行ったりする中で起きる小さなつまづき。

時々、ポエム。

ときどき、反省することを反省。

銀色夏生さんは、まじめな人だなーという印象。(共感っ!)



淡々とつづられた出来事の中には

好き嫌いや「こう思った」ということを丁寧に描いていて、

さらに、生き方にさらりと思いをはせるときもあって、

旅の間の気持ちも心もくるくると追体験できるのがうれしい。



手描きのイラストも味わいとおかしさがあって

これはこれで、伝わるというか…。

自分も旅先でマネしてみようか(味だけは出そうだ)



さて、ひさびさのポエムですが。

心が固まってる今の自分には

ちょっと気恥ずかしい存在でもあります。


「悲しければ悲しいほど

人は輝くから 僕は好きだ」

は、なかなかグッときました。


ポエムは他の文章以上に

受け手ベースな感じがするなと思いました。

(どの部分でも自由に切り取って、

そのときの自分の好きなように解釈しちゃってOK!という意味で)

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
トラックバックURL : http://x7nanax.exblog.jp/tb/24183733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぱらこ at 2015-03-01 10:49 x
Ciao プチルパンさん~

自分が母娘旅行しているので、
こういった題材の本はとても気になります。
今度読んでみたいなぁ。
こっそり→に並ぶ本たちも気になっていました。

プチルパンさんは旅行関連の本はよく読まれるんですか?
Commented by x7nanax at 2015-03-06 06:07
ちゃおー★ぱらこさん!

コメントありがとうございます^^
なかなかたくさん旅行に行けないので
こういう旅行記エッセイで妄想トリップするのが好きで
よく読んでます!
(きのうまさに高山なおみさんのフランス日記何度目かの読了……
お気に入りを何度も読む派です)

国や街、旅そのものも
違った感性で見ることができるのも
魅力だなーと思います。
そういう意味でいうと
昔の人の旅行記もなかなか楽しいです
(今読みたいのがゲーテのイタリア旅行です。
読破できるかは別として・汗)

母娘旅すてき★
女子旅に憧れます……
かわいいものとか
おいしいものとかに
ワイワイいえる旅がしたいです><
by x7nanax | 2015-02-27 14:45 | 夫人の本棚 | Trackback | Comments(2)