スペイン旅行31/再びバルセロナ、ロマンチックなホテル

5/7その1

前回までのお話はこちら(目次)


セビーリャから、我々は再び
LCC(格安航空会社) ブエリングを利用して
バルセロナへと戻って参りました。
8:40⇒10:10
(だって、明日帰国だから・泣)

このころは、本当に海外旅行の知識がなくて、
こういうよくわからない行程を踏んだのですが、
どうせバルセロナからも乗り継になるので、
今思えば、アンダルシアのどこかの空港から
帰国すればよかったです。。。
でも、ブエリングすごく安かったです!
セビーリャからバルセロナまで5000円かからなかったはず。


ということで、道中はほとんど写真も撮らず、
いっきにバルセロナのホテルへ。
b0184396_1250610.jpg

重厚な鍵に書かれているその名は

ホテルコロン

カテドラル・大聖堂のある広場に面したホテルで
立地最高です。
なかなかご立派で
BS日テレの『ホテルの窓から』
という番組でも登場しておりましたよ。

“1951年の創業以来、ソフィア・ローレン、ジェーン・フォンダ、
フランシス・コッポラ、サルトル、ヘミングウェイなど多くの有名人が宿泊したホテル。”



旅最初のバルセロナでは
ガウディめぐりに便利な
グラシア通り付近のホテルを選びましたが、
 その時のホテルは
  アベニーダパレス→その時の記事 
  AC DIPLOMATIC→その時の記事 
  

旅最後は旧市街巡りをしようと思っていたので、
今回はこの立地です。


古い情報で恐縮ですが、我々の止まったお部屋は
非常に広くて、非常にロマンチックでありました。
(メンバーと合わなくてごめんね)
b0184396_1250264.jpg

我々は約200ユーロくらいで宿泊

ベッド3台が用意されていて、
天井は高く、あいているスペースもたっぷりあって
一踊り、一芝居?したくなるような雰囲気。
ラララー

しかし、窓からの景観は、ホテルの裏通りで
カテドラルままったく見えません。
(特にカテドラルビューの希望を伝えておりませんでした)
が、路地のリアルな光景が見えて、
これはこれで面白かったです。

さて、では時間は残りわずか!
さっそく観光へ参りましょう☆
b0184396_1835996.jpg


ホテル目の前のカテドラル。。。

我々が身の程知らずなホテルに泊まった罰なのか!

なんと修復中。
(ま、でもカテドラル見えない部屋だしいっか)

とにかくこの広場は多くの人でにぎわっていましたが、
旧市街(ゴシック地区)散策の
起点としても便利な場所です。

さくっとカテドラルの中を見て、
まずはランブラス通りへ向かいます。

b0184396_1872314.jpg

ピカソの壁画なぞもサラッとそこにあって
あやうく素通り。
だって、まるおのお絵かきと違いがわからない。
b0184396_13017100.jpg

スペインのテレビ撮影に遭遇。

ということで、迷宮に入り込みマース☆
b0184396_188465.jpg



読んでいただきありがとうございますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
トラックバックURL : http://x7nanax.exblog.jp/tb/21227013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hogecyan at 2013-10-06 21:08
キーの1枚いいなあ、、、こんなホテルに泊まりたい
Commented by x7nanax at 2013-10-06 21:47
Keitoさま
ありがとうございます^^☆
最近は国内外ともにカードキーが多くて、
便利だけど味気ない気がします。
ズシリと重いキー。紋章もかっこよかったです!
by x7nanax | 2013-10-06 18:15 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(2)