【母子巴里旅3日目その1】まるおの不機嫌の正体と美しき聖堂巡り

【旅3日目】
emoticon-0155-flower.gifこの日のメニューemoticon-0155-flower.gif
●ノートルダム大聖堂
●セントシャペル
●植物園
●モスケでお茶
●サンジュルピス教会
●ボンマルシェのグランドエピスリーでお買いもの
●夜のセーヌクルーズ

b0184396_12311795.jpg

▲我らがご近所、ドーフィーヌ通りにある小さなパッサージュ

パリのカフェには朝ごはんセット(プチデジュネ)があるので、
朝ごはんはカフェで食べてみよう!という一つの目標を今日決行することに。
朝のビュシ通りを眺めながらってすてきかもーと
目指すはご近所ビュシ通り。どのカフェにするかウロウロ(カフェ入る時は緊張するし)。

その前にかわいげな文房具屋さんらしきお店が早くも開いていたので、入ってみた。
ここは、紙ものを中心とした文房具と本が置いてある。
かわいいなーと見ていた紙ものの中にはメイドインジャポネもけっこうあって、
近頃の我々日本のセンスに鼻高々(お前は関係ない)。
ここで、日本の実家とパパ伯爵に送るちょっとベタなはがきを購入。
レジのムッシューがイケメンなので、どきどきしながらぼんじゅーとあいさつしたが、
なんか無視されて、軽いショックを受ける。ここでちょっぴり自信喪失。

カフェでのプチでジュネ(朝ごはん)。
b0184396_12304293.jpg


私たちは赤いカフェ(名前わからず)のテラスに座る。
すると、「ここは20世紀初頭か?」と思わせるような出で立ち=
オーバーオールにキャスケットをかぶったギャルソンが登場。
彼は、まるで物語の中のような感じのよいアクションと笑顔で、オーダーを取ってくれた。
横には犬を連れたマダム、店内にはご近所のムッシューたち。
目の前には、モンゴロイド丸出しの子どもが座っている。
b0184396_12304963.jpg


彼は朝から不機嫌だった。というか、バトビュスに乗る以外だいたい不機嫌だった。
まるおはいつも割と上機嫌な坊やなので、私はちょっと不安になるのだが、
彼の不機嫌の原因がここで判明する。
私がメニューをじっくり見ながら(解読しながら)、どれにするか迷っていると、
「おれ、おなか空いた!クロワッサン早く注文してーーー」とまるお。
「ちょっと待って」と私が言うと、
「どうせママなんて、フランス語も英語もしゃべれないんだ!」
とのたまった。

なんと!
まるおは私の貧弱すぎる語学能力へ、大きな不安を感じていたのだ。
カフェで、お店で、観光スポットで、どぎまぎする私に、
まるおはひそかにハラハラしていたのだ!
親として、なんと悲しいことであろうか!
でも、でも、これもまるおの成長というやつなのだ(と自分に言い聞かせる)。
ちゃんと親を観察している……。
ただ単に、仮面ライダーショーに明け暮れるだけのアホではない
ということが証明されたような気がして、私はなぜか妙に感慨を覚えた(汗)
親の限界を早めに知っておくというのも、
大人になるための大切なワンステップというやつですよね♪

ということで、
プチデジュネセット8€(クロワッサン、バターとジャムがついたバケット、カプチーノ、生オレンジジュース)を頼んで、まるおとシェア。
働くパリの人々を見物しながら、複雑な気持ちで朝ごはん。
私はガイドブック片手に今日の予定を考え、まるおはゴーバスターの落書き帳に
謎の絵を描いていた。(まるおの強い要望で、オランジーナ追加オーダー)

そろそろ、今日の予定をこなす。
まずは、先日外観だけ見ていた、ノートルダム大聖堂の中に入ることにした。
まるおには、
「ノートルダムの横に公園があるから、静かに中観られたら、公園行こう!」とお約束済。

ノートルダム正面前の広場。
まるおは鳩を追い散らし、またまたガーゴイルのような一面を見せる。
そして、なぜか銅像に注意を向ける。まるお、けっこう銅像好き。
でも悲しいことに、だいたい母は銅像の主を説明できなかった。まあいい、中へ。
b0184396_12365265.jpg

b0184396_12281170.jpg


ここには依然も入ったが、なぜか記念メダルが売られている。まるおの口を閉ざすため、
仕方なしに、メダル購入、2€。しかしこのメダルは早くもこの日、
パリの街のどこかに消えてしまった…。
前述のとおり、この旅の前、まるおには『ノートルダムの鐘』を見せていたので、
ここでエスメラルダ(ジプシーのヒロイン)が軍人の男と戦って……、
あ、今、天井のどこかでカジモド(鐘つき男)がこっち見てた!などと語りながら、
まるお様ご接待。なんだかんだいって自分も割と楽しい。
一度、椅子に座って静寂の中に身を置いてみたいのだけれど、まるおが落ち着きをなくしかけてしまったので、そううまくはいかず、足早にバラ窓などを見て、外に出る。
いちおう、ここでもぶれないように必死で写真撮りまくった。

ノートルダムの脇にはのどかな公園がある。
6歳以下、3歳以下とか書かれた小さな遊具で、まるおは黙々と遊ぶ。
私はノートルダムの横顔を拝み、セーヌ川の対岸をぼーっと眺める。
40分くらい遊び倒しただろうか。。。
b0184396_12405487.jpg

b0184396_12422154.jpg


ノートルダムの裏手にも、公園があるらしいので行ってみた。
私はベンチに座って次の予定を考えるのだが、まるおは気づくとすぐ姿を消す。
不安になって立ち上がると、12歳くらいの子どもがふたり近づいてきた。
「署名して!」と、書類を持ち出し、こちらに押し付けてくる。
ガイドブックとかネットで目にしていた署名詐欺というやつだーーー。
「ノン!」と言って、断るがしつこくおしつけてくるので、バッグを守りながら、
まるおを探しに立ち去る。くそーーーー狙われた。

まるおはすぐに見つかった。またショーを開催して汗だくだった。
「ママ、今、だまされてお金盗まれそうになった。
あのお姉ちゃんたちに。だから早くここを出よう」と言ったら、すぐに聞き分ける。
事件の匂いにイキイキし出したまるおは、さかんに私を質問攻め。
「日本でもたまーにあるけど、フランスではスリとか詐欺というものがいて、
うんと気をつけなければならないんだよ。
ママが写真撮ってる時とか、地図見てる時は、無防備になるから、
まるおが、ママのバッグを守ってね。」というと、
心だけは仮面ライダーのまるおは、ものすごく渋い顔で
おっけー!俺がここを、こうやって隠して、誰かきたら飛ばしてやる」と
見えない敵に対して、すでに戦闘モード
こういうところで旅へのモチベーションがアップするのか!と
また一つ、まるお操作術(?)をゲットー!

で、この後は、以前観て、一番感動したセントシャペルへ行くことに。
ここでは圧巻のステンドグラスを拝める。
ステンドグラスだけでできたみたいな2階の聖堂内は、最高に神秘的。
以前観た時は「うわ~」とリアルな声をもらしたな。きっとここは誰もが感動するはずだ。
うちのまるおも。

セントシャペルはいつも入るのに列を成しているらしいが、この時はちょっぴりだけの列。

空港みたいなセキュリティを通り、入場。お庭を通って、いざ入場。の前に
チケット購入(ちなみにノートルダムは入場無料)。
「ドゥチケ しるぶぷれ」と言うが、
あんふぁん(子ども)はフリーだよんと言われ、カードを見せて支払い。
(最初はカードの操作さえも難儀。暗証番号を入れる前に、言語を選択させられるのだが、それがわからなかった)
いざ参ると、1階は庶民の為の礼拝堂。なぜかこの空間にいきなりお土産や。
その手前に、出た…ガチャガチャならぬコインマシーン。
黒人のムッシューが誘惑の表情でまるおを眺めており、まるおはマシーンへ一直線。
その口を閉ざすため、仕方なしに2€で一個購入。
でも、これもまた、この日巴里のどこかに消えてしまった。

さてセントシャペルだが、私は1階の庶民空間もけっこう好き。
上のすさまじいステンドグラス空間を一生観ることなく、
小さな祭壇(それでも豪華)にすがるように祈っていた人々の姿を想像しながら、
きっと私も庶民だったのだろうなと前世を考える。
b0184396_12442499.jpg


んで、すぐ隣のお土産屋さんで、すぐに物欲に支配され、
ガーゴイルキーホルダーと巴里の名所の塗り絵購入。
せまーい階段を上って、開けた別世界。

「あれ?」
なんか前より感動しない。
年齢による感度の低下であろうか。
と思ったら、左側工事中。
外もくもっていたし、光の加減にもよるのだろうか。
b0184396_12485870.jpg

b0184396_1248290.jpg


でもやはり凄いのは凄い。
凄いということがわかったまるおもすかさずカメラ片手に眼光鋭く上を仰いでいる。
でも…
b0184396_1245166.jpg

頑張ったけど、はははは。大あくび
b0184396_12491950.jpg

    ▲まるおが撮った写真。ステンドグラスときどき変顔

外(最高裁判所と共用の出口)出る時には、開放感たっぷりの後ろ姿だった。
b0184396_12383767.jpg


あ、なんか腹へったな。
b0184396_12463148.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

トラックバックURL : http://x7nanax.exblog.jp/tb/18411622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しだみ at 2012-07-12 16:05 x
はろー!しるぶぷれ!!
ひたすらまるおの発言が面白いです。
でも、まるおの「ママなんて!」に腹立てるんじゃなく
観察眼の成長を感じちゃうところが
マダムの愛の深さ(と親バカさ加減?)を感じたよ!

そしてこの旅日記での帰国はいつになるんでしょう?ふふ。
Commented by x7nanax at 2012-07-28 16:06
しだみさま

ボンジュー!
コメントありがとうございます☆
久しぶりにログインしたら発見(笑)
うれすいです。
観察眼とは恐れ多い!
実はいっつもキレマクリの半鬼状態。
なかなか修行が進まない…

帰国……
しないかも(笑)
by x7nanax | 2012-06-08 22:13 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(2)