【母子巴里旅1日めその1】 いろいろあって出発(5/7)

b0184396_12222113.jpg


出発前前日の真夜中。

まるおが高熱!はかったら39度(:_;)

一度は諦めたお巴里タビ。

まあ、いろいろと紆余曲折の末、

ホテル代3泊分をまるまる捨てて、

スケジュール組み直して、

3日遅れでなんとか出発に漕ぎつける。


まるおが彼の地で、また熱出したらどうしよ!

肺炎になったらどうしよ!って心配していたのに、

いざ出発となったら、高揚感がまさってワクワクしはじめ…。

自分のB型の血がちょっと嫌になる。

それでも、体温計を常に携帯し、

空港へ向かう車の中でも、10分おきに体温はかる。


無事地元空港到着し、すでにネットでチェックイン済だったので、

飛行機をチラミした後、朝ごはんを食べに。


私とまるおがうきうきによる珍しい小食。

そして伯爵はあいかわらずの大食漢で、なぜか牛タンシチューを朝からもり。

「もう帰ってこないかも」と、伯爵とお別れする。

案外、まるおもあっさりと「バイバイ」

伯爵からは、「誰もいない家は寂しい」とメールが届くも、

それ以後、一度も巴里の私たちの元へ、

伯爵からのメールも電話も来ることはなかった…(笑)




あっという間に、成田に登場したまるお君。

国内線の機内でもらったANAの飛行機を片手に

ずっと「ブーン、ブーン」を言っている。


なんとか無事に出国審査もパスし、
(まるおのパスポートが損傷していたので、すごく心配だった)

ボーディングゲートを探す。

大人1人のため、つねに重たい機内持ち込み荷物をかつぎ、

とりあえず両替。6万円。だいたい1€が114円とかのレートだったかと。

 あいかわらずまるおは「ブーンブーン」

 

搭乗を待っている間、隣の初老夫婦が

娘らしき人に電話していて、

帰りの席をWEBチェックインで取ってくれないかと頼んでいる。

「でも日本時間だと朝の3時スタートで、早い者がちなのよ」

まるお、でかい声で   「ママ、朝の3時って早い?」

終始そんな感じで、こそこそ話ができないくせに、

私に似て他人様の会話をよく盗み聞きしているまる氏。

優先搭乗のアナウンスで、ビジネスクラスや上級会員の人が乗り込んでいくと

「なんで俺はすぐのれないの?」

「一番安い席だからだよ」(こっそり)

「あの人たちは高い席なの?」(大声)

恥ずかしくて、列から離れ、 最後の方に搭乗。



穴倉に入っていくような飛行機への通路をワクワクで通り抜け、

「ハッピーフライト」と同じCAさんに興奮し、着席。

運よくふたり席なので、さっそく寛ぐまる氏。

慣れた手つきでイヤホンを取りだす。

トムとジェリーやちびまるこを何回も観て、

ゲームにチャレンジして、機内食はほとんど食べず

パパに買ってもらったおにぎりをムシャムシャ食べて。

まだ1時間しか経ってないのに

「ママ、もう巴里~?」

これを10回くらい繰り返す。

私は、斜め前に座った添乗員さんの

機内ライフを盗み見しながら、「アーティスト」を観て、ビールをあおる。

そしたら、寝不足がたたって頭がガンガン。

たまに、ぎゃれー付近に行ってエコノミー症候群予防の体操したり、空を見たりしてたら

CAさんが声かけてきて、まるおデレデレ。

「おふたりでのご旅行ですか?」

母子での個人旅行と言うと、

お子さんのいるCAさん(親近感ある雰囲気)は

「すごいですねー」とほめてくれる。

 (いえいえ、ただの無謀で、英語もフランス語もしゃべれないんです・心の声)

「ハッピーフライトが好きなので、まるおは興奮してるんです」と言うと、

まるおがマニアックな映画の中のモノマネを始めたので、この話は早めにスルー。


そんなこんなで、

意外にすんなり巴里到着!
b0184396_13381053.jpg

トラックバックURL : http://x7nanax.exblog.jp/tb/18339482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by x7nanax | 2012-05-24 13:20 | 12.5月子連れパリの旅 | Trackback | Comments(0)