スペイン旅行⑲レンタカーに初挑戦で泣き笑い

5/3 その2

本日はグラナダからマラガへ移動です。

アルハンブラ近くのホテルを後にした我々は
急ぎ、グラナダ駅近くにレンタカー(ヨーロッパカー)屋を目指して
タクシーへ!

  *グラナダのタクシーは定額制

途中、車窓から見えたのは
こんな風に花々で飾り付けられたトレーラーたちv
b0184396_22211628.jpg

街にはフラメンコの衣裳のような民族衣装に身を包んだ女性が
b0184396_22214868.jpg


そういえば、街中の広場でも
マリア様をお花で飾り立て、祀っているスポットがありました。
キリスト教のお祭りなのでしょうか。

祭りというのは、その国や地方のリアルな文化を垣間見られるので、旅情が高まります

さて、緑色がテーマカラーのヨーロッパカーに到着。
あらかじめネットで予約していた内容にプラスして
保険加入手続きをしたり、オプションで付けたナビの使い方を聞いたり。

英語さっぱりな私は、蚊帳の外。
伯爵がなんとか頑張って、無事車をレンタルです。
 
坊は、風船をもらい、店内サッカー。
b0184396_22222050.jpg



感じの良いスタッフさんが、車を持ってきてくれる間
なんだか人気のない、治安の悪そうな駅前広場で
眼光鋭く、周りを警戒する夫婦と、走り回りたくてうずうずしている坊。

車はもちろんヨーロッパで一般的なマニュアル車。
そして左ハンドルです。

伯爵はこの前の年まで、マニュアル車に乗っていたので
大丈夫だろうと高をくくっていたのですが…

いざ、練習で乗ってみたら
車がジャンピング!
ポンポンポンポン跳ねて、さっぱり前に進まず

焦る伯爵と不安になる私、そして大笑いの坊!

「もうレンタカー辞めよう!電車かバスで移動しよう!」と
私が叫んだトタン、
コツを思い出した伯爵がスムーズに走り
店員さんと家族3人で大爆笑。

まさに泣き笑いでした~。

そんなこんなで、ものすごいハイテンションになってしまった私たちのドライブがスタート。

郊外に行くと、旧市街とは異なった風景にまたまた驚きつつ、
日本とはまた違う、スペインの山の中で
異国へ来た心細さを感じつつそれなりに楽しい道中でした。

いよいよマラガに到着。
本日の宿は楽しみにしていた
パラドール・デ・マラガ・ヒブラルファロ
お城のホテルです

ただし、ここに着くためには、
旧市街のせまーい道路を通らねばなりませんし、
ナビも思いのほかアホだったので、
おおざっぱなガイドの地図しか頼りはありません。

1時間くらいうろうろして、やっとこ小高いところにあるお城に到着。
伯爵は、もう疲労困憊。
明日もレンタカー、明後日もレンタカー。
レンタカーのことを考えると、緊張してくつろげないと嘆いてしまうほど…。
それほどにヨーロッパのドライブは
ジャパニーズドライバーにとって過酷なものなのか…
とペーパードライバーの私は想像をめぐらせますが、
パラドールにテンションあがりまくりでした(ごめん、伯爵)

マラガの海を背景に記念撮影。
b0184396_2223101.jpg


パラドールを前にして、絶望の表情の伯爵(笑)
b0184396_22295890.jpg


そして、これが旅のお供のレンタカー
b0184396_2224011.jpg

トラックバックURL : http://x7nanax.exblog.jp/tb/11767554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しぶちん at 2009-08-26 22:18 x
前に進まない車・・・・!!
想像したら笑えたぁあああああああ

そして
写真が小さくて
伯爵の素敵な「泥棒ヒゲ」が
確認でけません・・・残念
「絶望の表情」に再度爆笑〜〜
Commented by 夫人 at 2009-08-27 23:54 x
しぶちん様

さっそくドロボウひげをご確認たまわり、
うれしい限りでござります^^
今度こっそり送りますね。
というか迷惑かな(笑)

本当にこの顔を見ると
当時はすんごいテンション下がりましたが
今はすんごいテンションあがります。

険しさが激しすぎて、笑える…


by x7nanax | 2009-08-20 22:33 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(2)