スペイン子連れ旅行④~バルセロナはまだ夕方~

【08年4月30日/3日目】その3

午後9時。ついにバルセロナに到着しました~♪


9時なのに、夕方みたい!


噂通り、ヨーロッパ初夏は夜10時くらいまで日が沈まないようです。


どこかでウソだと思っていましたが、本当のようです。


う~ん、得した気分。



さあ、これから3人で見知らぬ土地を旅せねばなりません。

B型の私は「異国にきたんだ~!」と高揚感でいっぱいでしたが、

A型の夫は、警戒心MAX!!!


深い、深い、深すぎる眉間の皺が気になります。


それはさておき、

まずはタクシーでホテルに向かうとしましょう!



空港前のタクシー乗り場では


黒と黄色のボディのタクシーがずらっと並んでます。

私たちのタクシーの運転手さんは、ハンチング坊をかぶったこわもてのおじさん。

この人を見て、なぜかスペインに来たことを実感しましたが、


あれはスペインというよりポルトガル。今思えば。


何でも、いいからスペインを感じたかったのでしょう。。。

おじさんに
ホテルの住所などが書いた紙を見せて、向かってもらいます。


街までの道は、大きな看板や工場のような建物が。


初めての光景に3人して、じっくりと外を眺めながら、緊張感とともに

ハイテンション状態をキープ。

何よりも、飛行機という地獄から解放された安堵感が一番強かったのです。


バルセロナ市街に入ると、ヨーロッパっぽい街並みが見られ始め、
本日のお宿
Avenida Palaceに到着。
          
ここは、直接ホテルのHPで予約しました。
 この日のレートは155€。俺たちにはちょいと高かったです。

f0173089_22225915.jpg
f0173089_22232549.jpg

b0184396_0192173.jpg


ホテルの1階にはアールデコ調の螺旋階段があって、

全体的な印象はとても優美。

室内の間取りもエントランススペースからさらにドアを通って寝室や

バスに入る形で、ちょっとリッチな感じです。

外の景色はビルの裏口側だったけど。

でも寝るだけじゃもったいないなー。




明日からのことを考えて、3人ともさっそく眠ることに。

ところが、坊がかつてないほどのおお泣き。

なんだかとっても心配になり、

「ああ、親のわがままで海外なんかこなかったほうがよかったのかな」


なんてことまで考えてしまいましたが、


こてっと寝てくれて一安心。


ついでに夫はいつも通り、坊より早く落ちてしまいました…(大いびき)


私はやたらと広いお風呂にて、ゆったりと湯につかり、


洗面台で日記を書いて、明日を夢見ながら就寝ですZzz
トラックバックURL : http://x7nanax.exblog.jp/tb/11033881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by x7nanax | 2009-05-22 00:23 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)