スペイン子連れ旅行③~飛行機の中の2歳児~

【08年4月30日(水)】その2

無事出国審査を終えて


時間を見るともう出発まで1時間を切っていました!



両替所を探し、5万円分両替。



1€、手数料含めて確か174円くらいでした。


たっけー。


そんなこんなで、


坊をキッズコーナーで遊ばせて、疲れさせる、というミッションも未達成。



何せ、数年ぶりの海外旅行者と初体験2名の初心者軍団なので、



とにかく早めに搭乗ゲートへ。


b0184396_23364057.jpg


「ほうら、あの飛行機に乗るんだよ~」と


坊に説明してあげていたら、あっという間に時間がきました。



子連れだと、優先的に搭乗させてくれるみたいで、列に並ばず搭乗します。


(ベビーカーは機内に持ち込みました)


こんな扱いに感動し、飛行機の中でも何か特別扱いしてもらえるかも!なんて


邪まな思惑を抱いたりしましたが……



今回の座席は真ん中の4人掛け。特にスクリーン前でもなく

非常口付近でもなく、やっぱり狭いエコノミー席です。

身長180cm超えの夫は、足をちんまりと折り曲げて

とてもかわいそうでした。

私たち以外の1席は、車の雑誌の編集者をされている女性。

すごく感じの良い人で、海外出張が多いらしく

機内ライフも慣れたもの。

坊にもやさしく声をかけてくれて、これだけがすくいの12時間でした。



やはり、2歳児IN飛行機は、地獄のような体験をさせてくれます。


これは私たち親の作戦負けの部分が大きいのかなという気もしますが
(しつけ?)



暗くなると奇声を発したりするし、床の下に潜り込んで喜んでるし、


私たちも私たちで、焦って怒るものだから、


面白がっていたずらしたり…


結局席にいずらくて、2人で交互に坊を連れてトイレに滞在。。。


ここが一番くつろげました。


周りの方にも申し訳なくって、坊もかわいそうだし、


人生で一番長いカウントダウンでした。


着陸したときは、夫婦ふたりでうれし涙を流しそうでした…


  【反省&次回から検討すること】

   ①やはり飛行機に乗る前にがっつり遊ばせる

   ②飛行機は夜便がいいかな?
      (でも寝てる人が多そうなのでプレッシャーも倍増しそう)

   ③おもちゃ、本をもっと多めに用意。飽きないもの、初めて
   遊ぶものを用意する

   ④できるだけ座席指定できるチケットを購入。
   窓側だと空を観てご機嫌だった。
   汚いけど、下に寝られるとよさげ

   ⑤日頃のしつけ…



今回はチューリッヒで乗り換えです。


チューリッヒの空港は、スイスの平均身長が高いせいか


トイレの鏡や便座が非常に高い位置にあり、


身長150cmの私は届くはずもなく、足をぶらぶらさせながら用をたしたのが印象的でした。



さて、ここで機内に積んでもらったベビーカーを忘れてくるという、


へまをしでかしたことに気づきました
emoticon-0156-rain.gif


搭乗ゲートのカウンターで、夫が必死にその旨を訴えてくれました。


初海外なのに、私より全然英語できるので、びっくら。


とりあえず、バルセロナまでほかの荷物と一緒に運んでくれるということになり一安心。


あとは小さい飛行機に乗り込んで、



アルプスを堪能しつつ、


2時間くらいでバルセロナに到着しましたemoticon-0169-dance.gif
トラックバックURL : http://x7nanax.exblog.jp/tb/11033592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by x7nanax | 2009-05-21 23:58 | 08.4~5月子連れスペインの旅 | Trackback | Comments(0)